お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

税理士vs公認会計士の違いを徹底検証!

ホーム > 資格・スキルについて調べる > 会計・経理 > 税理士vs公認会計士 資格の違いを徹底検証!

タイトル写真 税理士vs公認会計士 一見似ている資格の『違い』を徹底検証!
compare
まずは基本情報で比較!(※BrushUP学び調べ)
  • をはてなブックマークに追加

税理士 今から目指せる!講座をチェック
特長
  • 税務・会計の専門家
  • 確定申告等の税務代理業務は独占業務
  • 社会人からでも狙える独立開業の王道
年収400〜2,000万 難易度4 平成23年度合格率 18.3%
公認会計士 目指せるスクールの資料請求
特長
  • 監査・コンサルティングの専門家
  • 企業の財務諸表を扱う監査業務は独占業務
  • 3大難関国家試験のうちの一つ
年収650〜1,300万 難易度5 平成23年度合格率 6.5%
税理士と公認会計士の違いがわかりづらい理由は?

上記のデータでもわかるとおり、双方の資格の主な業務内容に類似点が多い点が、違いがわかりづらいと言われる理由の一つです。
中でも、公認会計士を取得すると税理士にもなれるということが、さらに違いをあいまいにしています。
そんな税理士と公認会計士の明確な違いは、具体的な業務の内容にあります。例えば、公認会計士には主な仕事として監査業務がありますが、監査は自分で書類を作らず、企業が作成した書類について調査、証明をします。
一方で、税理士の主な仕事である税務業務は、企業に代わって税務申告の書類を作成するのが仕事です。

このページでは、様々な面から税理士と公認会計士の違いについて解説していきます。

Menu Index
もっと詳しく調べてみよう!
  • をはてなブックマークに追加


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについて

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.