お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

国家公務員一般職vs総合職の違いを徹底検証!

> > 国家公務員一般職vs総合職 資格の違いを徹底検証!

タイトル写真 国家公務員一般職vs総合職 一見似ている資格の『違い』を徹底検証!
compare
まずは基本情報で比較!(※BrushUP学び調べ)
  • をはてなブックマークに追加
国家公務員一般職 今から目指せる!講座をチェック
特長
  • 事務処理などの業務を担当する一般職員
  • 高卒からでも合格を目指せる!
  • 採用予定があるときは社会人試験の実施も
年収260〜900万 難易度4 平成23年度合格率 9.5%
国家公務員総合職 今から目指せる!講座をチェック
特長
  • 将来の幹部候補生!
  • 大卒以上が対象のハイレベルな試験
  • 平成24年より院卒者試験を新設
年収340〜2,900万 難易度5 平成23年度合格率 5.0%
国家公務員一般職と総合職の大きな違いは?

一般職が、事務処理などの定型的な業務を担当する一般職員として採用されるのに対して、総合職は将来の幹部候補生として、政策の企画・立案など重要なポストに就く人材として採用されます。いわゆるキャリア官僚と呼ばれるのが総合職の職員です。

もちろん試験の難易度にも違いがあり、一般職試験は高卒程度〜大卒程度の方を、総合職試験では大卒程度〜大学院卒の方を対象に試験を実施します。 総合職試験では、一般職試験にはない「政策論文試験」や「政策課題討議試験」が出題されるなど試験内容にも違いがあり、総合職試験の方が一般職試験に比べて高いレベルの知識・思考力が必要とされています。

一般職については、採用予定がある場合には社会人試験も実施されます。内容はおおむね高卒者試験と同様のものです。

course
最新情報を資料で確認しよう!BrushUP学びで無料資料請求♪
  • 国家公務員一般職が目指せる講座・スクールを探す
  • 国家公務員総合職が目指せる講座・スクールを探す
Menu Index
もっと詳しく調べてみよう!
  • をはてなブックマークに追加


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについて

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.