お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

資格取得・スクール・通信教育情報サイト。

体を使って自分を表現するフィールドを求めて--藤田 将也さん スポーツトレーナー--1ページ目

●プロフィール

大学2年のときにスポーツトレーナーを志し勉強を始め、在学中にACCAの通信講座を受講、その2年後にスタジオ『AZUMINO FITNESS』をオープン。アスリートのトレーニング、女性の美容・フィットネス、中高年の運動指導など年間900本以上のレッスンを行っている。

プロスポーツの世界ではすでに重要な存在として地位を確立しているスポーツトレーナー。最近は一般的にも徐々に注目されつつあります。この資格を学生時代に取得し、自らスタジオ運営をしている藤田さんに、仕事の魅力と未来の可能性についてうかがいました。

  • をはてなブックマークに追加

-- この仕事を目指そうと思ったきっかけは?

小2のときからサッカーを始め、長野県の選抜メンバーに選ばれるなど、プレイヤーとして精力的に頑張っていました。

しかし、現役時代は骨折などのケガも多く、徐々に「このままやっていけるのか?」という疑問を感じるようになりました。
そんな思いから、大学時代にプレーする側から指導者への転身を決意。

一時はサッカーのコーチをやることも考えましたが、もっと他のスポーツにも携わり、自分の幅を広げたいという気持ちが膨らんで、ケガの起きにくい体づくりや、ケガをしても早く復帰できるようサポートできるスポーツトレーナーを目指すことを決めました。

そして大学2年のときから2年間、ACCAのベーシックとアドバンスの2コースを受講。スポーツインストラクターの資格を取得しました。

-- スポーツトレーナーとは具体的にどんな仕事なのでしょうか?

スポーツトレーナーの仕事は、その競技者の成績やパフォーマンスを上げるために必要なトレーニングを取り入れて、指導すること。

スポーツによって鍛えるべき筋肉が違うので、それにあわせて体が機能的に動くように導いていかなければいけません。

また、スポーツトレーナーが必要なのは、プロスポーツの世界だけではありません。
アマチュアスポーツでも活躍の場は多く、バレエ、スケート、野球などをやっている子供たちの中にも、トレーナーによる指導を受けているケースもあります。

また一般の方で体を動かしたいという方、不調を改善したいという方にもコンディショニングメソッドとして指導しています。

-- 資格を取得してから独立するまでの道のりについて教えてください。

資格取得後は、実家のスポーツ用品店の一部を使う形でフィットネススタジオをオープンしました。

来ていただく生徒さんの人数としては、最初から比較的いいスタートが切れたのですが、売上的にはある程度安定するまでは大変でした。というのも、最初はどうしても経験をまだ十分に積んでいるとは言えない状態だったので、その分料金も低価格にせざるを得なかったからです。売り上げが低いとその分自分の身を削るしかなく、給料もしばらくは出ない状態が続きました。

経営が安定したのは、オープンから2年ほど経ってから。

それまでは苦しかったですが、経営・運営面で学ぶことが多く、いい経験ができたと思っています。

藤田さんのヒストリー
1
2
  • をはてなブックマークに追加


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBライター募集WEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.