資格・講座の情報&無料で資料請求。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9:00~21:00)掲載のお問い合わせ

通信 医師事務として医師の事務作業を補助し、医療の質を向上。 患者様への最終的サービスとして貢献。

医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座

TERADA医療福祉カレッジ/通信

医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座
  • ジャンル

    医療事務

  • 通常:55000
  • 費用: 44,000(通常:55,000円)
  • 期間:約6ヶ月
  • 分割支払いOK
  • 就職支援あり
  • 受講条件あり
  • スクーリング必須
  • web授業

資料請求者限定特典!受講料割引券20%OFF進呈!
[有効期間]2024年6月18日 0時00分~2024年7月30日 23時59分

無料で資料をお届け/

気になる講座は検討リストに追加して後でまとめてチェック&資料請求がおすすめ ※本機能は非会員の方でも使用できます。
  • 費用

    入学金0円 (税込)

    受講料44,000円(税込) 55,000

    支払い制度: 分割払い対応

    その他: ≪支払方法≫ [一括・分割]クレジットカード [分割]教育ローン [一括]銀行振込/郵便振替/代金引換払/コンビニ支払/NP後払

    送付物
    ・テキスト:6冊 ・受講の手引き ・添削レポート集 ・質問用紙 ・返信用封筒・DVD:5枚
  • 対象

    2008年に厚生労働省が病院勤務医の業務負担を軽減するため、医師が行っていた医師に携わる事務作業を補助する、医師事務作業補助者(認定医師秘書)の配置が診療報酬請求の対象となりました。
    また、更なる診療報酬見直しで大幅な加算額が増え、対応医療機関も増えています。

    そこで、厚生労働省指針の教育プログラムを中心に、医師の事務作業を補助する知識と医療人としての
    マナーなどを含め、医師事務作業補助者(認定医師秘書)の法的初期プログラムを学習します。
    それ以外に医療人としての常識、マナーなどを含め、医師秘書としてふさわしい人材育成プログラムを組みました。

    目指せる資格

    認定医師秘書

    スクール

    TERADA医療福祉カレッジ/通信
  • 講座のポイント

    医師事務作業補助者(認定医師秘書)通信教育講座は厚生労働省指針に沿っており、医師事務業務における初期研修32時間を網羅した者として見なすことができます。また、初期研修修了と同等の教育を提供するこの講座は、医療機関にも研修として取り入れられるTERADAがお勧めする画期的な学習方法です。

無料で資料をお届け/

気になる講座は検討リストに追加して後でまとめてチェック&資料請求がおすすめ ※本機能は非会員の方でも使用できます。

この講座の関連ジャンル

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9:00~21:00