資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

ブライダルフラワー

ブライダルフラワー

ウェディングドレスやタキシードに合わせたブーケやブートニア、コサージュ、結婚式・披露宴会場の装花など、ウェディングには欠かせない「花」をトータルコーディネートし、新郎新婦及び会場を美しく演出する仕事です。

ブライダルフラワー資格ガイド どんな仕事?

ウェディングドレスやタキシードに合わせたブーケやブートニア、コサージュ、結婚式・披露宴会場の装花など、ウェディングには欠かせない「花」をトータルコーディネートし、新郎新婦及び会場を美しく演出する仕事です。新郎新婦との打ち合わせを通して花材やアレンジメントを決定します。装花は会場のカラーイメージや雰囲気を演出する重要な要素だけに、それをコーディネートするこの仕事は、責任もありますがやりがいも大きいと言えるでしょう。

活躍の場

ブライダルフラワーの形態としては、ホテルや結婚式場内でフローリストを営業しているケースと街中のフローリストでブライダル関連業者と提携し、装花やブーケのアレンジを請けおっているケースがあります。どちらもブライダル専門というわけではなく、営業の一部として行っているのがほとんどです。こういった店舗で経験を積んだ後、フリーのデザイナーとして、またブライダルフラワー専門のデザイナーとして活躍する人も少なくありません。

必要な知識とスキル

花材に関する基礎知識やアレンジメント技術は、最低限必要なスキルです。新郎新婦の要望に的確に応えるために、デザインバリエーションは多い方がいいでしょう。また花は、会場イメージを印象づける大きな要素だけに、色彩感覚とセンスが求められます。資格がなくてもできる仕事ではありますが、国家資格のフラワー装飾技師、日本フラワーデザイナー協会検定資格などを取得していれば、自分のスキルを証明するひとつの指標となるでしょう。

ブライダルフラワーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート