資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

映画監督

映画監督

映画の企画から制作、完成までの総指揮をとる仕事。撮影以前の台本作成、キャストやスタッフの選出から、撮影終了後の編集作業チェック、上映に伴う宣伝活動や舞台挨拶まで、仕事は尽きず、すべてにおいて総責任者としての責務と采配をとります。

映画監督資格ガイド どんな仕事?

映画の企画から制作、完成までの総指揮をとる仕事。撮影以前には台本作成、キャストやスタッフの選出、撮影中は演技指導やカメラワークの指示、撮影終了後には、編集作業チェック、上映に伴う宣伝活動や舞台挨拶など、仕事は尽きず、すべてにおいて総責任者としての責務と采配をとります。制作する映画のイメージをすべてのスタッフに伝え、同じ志の元ひとつにまとめていく重要な役割であるとともにやりがいのある仕事です。

活躍の場

映画や映像関係の専門学校や大学を卒業した後、映画制作会社や制作プロダクションに就職。そこで制作スタッフとして、さまざまな経験を積み、助監督を経て、映画監督になるというのが一般的な流れです。その後、制作会社にて数々の作品を監督し、ヒット作がでた後、独立しフリーランスや事務所を構え、監督業に励む人もいます。また自主制作で映画を作り、世に作品を発表、それが認められ映画監督となるケースもあります。

必要な知識とスキル

映画監督は、映画制作のすべてを指揮する仕事です。各署に専任スタッフがいるとは言え、そのスタッフに対し、的確な指示ができなければ、いいものは作れません。そのため、脚本やコンテ、音響や美術、撮影からフィルム編集など、映画を制作するために必要とされる作業すべてについての知識が求められます。そして国内外問わず、さまざまな映画を見て、勉強することも重要。また多くのスタッフと出演者を統括するためのリーダーシップも必要です。

映画監督の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 関東 関西

おすすめスクールレポート