資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

製図

製図

設計者の元図をもとに正確な図面に描き起こすのが製図の仕事です。設計者の意図を誰もが分かるように、図面はJIS(日本工業規格)で定められたルールに則った方法で、CADや手書きで描かれます。

製図資格ガイド どんな仕事?

設計者の元図をもとに正確な図面に描き起こすのが製図の仕事です。設計者の意図を誰もが分かるように、図面はJIS(日本工業規格)で定められたルールに則った方法で、CADや手書きで描かれます。設計事務所や建築業はもちろん、機械・電気・自動車など、およそ製造業で製図を必要としない業種はないというくらい「モノづくり」にはかかせない仕事です。

活躍の場

建築、電気・機械、印刷、またほとんどすべての製造業で製図が必要とされます。業種によって製図法は異なり、建築製図や機械製図、土木製図などのJIS規格があります。製図は設計者の意図を設計者同士、または製造者に伝える、いわば通訳のような仕事ですから、両者との連携作業が基本となります。各業種の設計部門などで働き、ある程度キャリアを積めば独立も可能です。

必要な知識とスキル

図面を正確に読む能力・描く能力が不可欠です。CADの習得のほか、手書き図面を作成する場合は、ドラフターやさまざまな製図道具を使いこなす訓練が必要です。そのために専門学校に通ったり、実務経験を積むのはもちろん、CADやトレース技能検定などの資格取得が役に立つでしょう。また、デザイナーの意図を生産部門に正しく伝えるために、製図の技能に加え、数値を越えた深い製品理解が求められる仕事です。

製図の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート