BrushUP学び お電話での請求0120-789-760|受付時間24時間365日

未経験から学べる 家事・子育てとの両立もできる 調剤薬局事務スクール・講座を比較!「最短3日〜」「最安33,000円〜」「給付金対象講座あり」

簡単1分で完了! 無料で調剤薬局事務講座の資料請求
popular

調剤薬局事務が人気の理由は?

  • 1

    学習期間は最短3日!忙しい方でも取得可能です

    調剤薬局事務の資格は子育てや家事に忙しい主婦の方、働いている方でも取得を目指せる資格です。対策講座を受講した場合、通信や土日、夜間など、自分のライフスタイルに合った学び 方ができます。受講期間も最短3日〜となっており、時間のない方でも無理なく学ぶことができます。

    人気の理由1写真
  • 2

    安定した雇用環境

    医療業界は、安定した就職先として人気の職場です。 よほどのことがない限り、調剤薬局が経営不振で倒産することはありませんし、一度雇用されれば、リストラに遭う恐れも少ないでしょう。長期的に安定した環境で働きたい方におすすめできるお仕事です。

    人気の理由2写真
  • 3

    全国の調剤薬局から勤務地が選べます

    調剤薬局は全国にありますので、ご希望に合わせて勤務地を探すことができます。家族の転勤などの事情で引っ越す場合には、新たな場所での仕事探しも可能です。資格取得後は、「自宅から通いやすい範囲で」など、各自の希望条件に沿って勤務地を探しましょう。

    人気の理由3写真
  • 4

    働く時間を選びやすく、ブランクがあってもOK

    調剤薬局事務は「フルタイム」「週3日」「午前中だけ」など、ライフスタイルに合わせて働く時間を選ぶことが可能です。 また、一度経験をしておくと、コンピュータ入力の作業や受付業務などの一連の仕事の流れが身につきますので、その後ブランクが空いても戻りやすい仕事と言えます。

    人気の理由4写真
  • 5

    薬の知識が身につく

    調剤薬局事務の仕事で用いる薬の知識は日々の生活にも役立てることができます。 例えば、家族が風邪を引いてしまったとき。 そのような特に薬の効能・効果に熟知していれば、最適な薬を選ぶことができます。 上記はほんの一例ですが、日々の生活の中で薬の知識が役に立つ場面は多くあります。

    人気の理由5写真
簡単1分で完了! 無料で調剤薬局事務講座の資料請求
about

調剤薬局事務ってどんな仕事?

調剤薬局で調剤報酬明細書(レセプト)の作成や窓口業務を行う仕事です。

具体的には
  • 薬局にいらした方の窓口となるのが調剤薬局事務員です。
    患者さんから処方箋を受け取り、保険証やお薬手帳を確認して薬剤師に処方箋を渡します。

    1:窓口業務

  • 2:レセプトの作成

    レセプトの作成とは、薬剤師が調剤したお薬の調剤報酬明細書を作成する業務です。
    レセプトは市町村や健康保険組合への調剤報酬の請求に必要な書類で、内容に不備があると戻されるため、正確に仕上げることが求められます。

  • 調剤した薬剤師の技術料や薬剤料などの費用から、市町村や健康保険組合など保険者への請求金額を差し引き、患者さんの負担分を計算します。
    その後、会計をして患者さんをお見送りします。

    3:会計業務

簡単1分で完了! 無料で調剤薬局事務講座の資料請求
study

調剤薬局事務 おすすめの学習方法は?

最短で資格取得を目指す方は通学講座、費用を抑えたい方は通信講座がおすすめです

調剤薬局事務の資格は複数ありますが、どの資格を目指す場合にも確実に合格するにはスクールに通うことをおすすめします。 調剤薬局事務の資格取得講座を開講しているスクールはいくつかあり、 受講費用は通学が約4万円〜8万円、通信で3万円代になります。

また、受講期間は通学で最短3日、通信で最短2ヶ月で受講することができます。
最短で資格取得を目指したい方は通学講座、 「費用をなるべく安く抑えたい」方は通信講座を受講すると良いでしょう。 下記の資料請求ボタンから、まずは複数のスクールの資料を取り寄せ、比較・検討してみて下さいね。

簡単1分で完了! 無料で調剤薬局事務講座の資料請求

調剤薬局事務 こんな人にオススメ!

  • デスクワークが好きな方
  • 人とコミュニケーションを図るのが好きな方
  • 計算が得意な方
  • 慎重な方
  • 新しいことを学び続けるのが好きな方
簡単1分で完了! 無料で調剤薬局事務講座の資料請求
lisences

調剤薬局事務 資格と試験

調剤薬局事務の資格は複数あります

調剤薬局事務の資格は複数あり、その全てが民間の団体が認定する民間資格になります。
下記に主な資格を紹介します。

資格名・試験名 運営団体 試験日程
調剤事務管理士 技能検定振興協会 年6回実施(奇数月の第4土曜日)
調剤報酬請求事務技能認定 日本医療教育財団 毎月実施
医療保険調剤報酬事務士 医療保険学院 毎月実施
調剤報酬請求事務技能検定試験 日本医療事務協会 年6回実施(奇数月第3日曜日)
調剤薬局事務士 日本能力開発推進協会 カリキュラム修了後、随時、在宅受験
調剤報酬請求事務専門士 専門士検定協会 年2回実施(7月・12月)

上記の資格以外にも、調剤薬局事務の資格は存在します。
資格によって運営団体が異なるため、学ぶ内容に若干の違いはありますが、 どの資格を目指したとしても、調剤報酬明細書(レセプト)の作成ができるようになることに変わりはありません。
試験の合格率は調剤報酬請求事務専門士を除くと、約60%〜90%になります。
ほとんどの資格がノートや資料の持ち込みができるので、しっかりと準備をすれば安心です。 資格によっては在宅で試験を受けることもできます。 ご自身に合った資格・講座を選ぶためにも、まずは複数のスクールの資料を取り寄せることをおすすめします。

request

資料請求はすべて無料 調剤薬局事務講座をまとめて比較!

通信の調剤事務講座一覧

チェックの入っている講座の資料が届きます
学校名講座名費用・期間資料請求
【通信】調剤薬局事務講座
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用33,600円
期間約2ヶ月
調剤薬局事務講座〈42〉
資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパン
費用26,400円
期間約2ヶ月
【合格率91.2%の実績】調剤薬局事務講座 (通信)
日本医療事務協会/通信
費用32,780円
期間約1ヶ月
【通信】調剤薬局事務+調剤事務コンピュータ講座
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用39,700円
期間約3ヶ月
医療事務通信+調剤薬局事務通信講座
日本医療事務協会/通信
費用70,180円
期間約2ヶ月