BrushUP学び
生涯役立つ介護業界必須スキル 介護事務講座
介護事務講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
どんな仕事?

介護事務は、介護施設における事務職スタッフのこと。介護保険についての専門知識を持つ人材が求められます。
メインの仕事は、「介護報酬請求業務(レセプト作成)」と呼ばれるデスクワーク。介護報酬の請求は厚生労働省による介護保険制度に基づいています。介護保険制度は3年ごとに法律が改正されるため、つねに新しい情報を理解し事務を行う必要があります。

  • 働き方を選びやすい

    介護事務は正社員、パートタイム、派遣社員など多様な求人があり、ライフスタイルに合わせて働き方を選びやすくなっています。週1回~週2回から勤務できるところ、勤務時間や日程を相談できるところも多く、子育て中の主婦の方も家庭と両立して仕事を続けられます。また、介護事務のスキルは全国共通なので、引っ越しなどがあっても次の職場を見つけやすいのが特徴です。

  • スキルアップ

    介護事務の資格は、スキルアップを目指す介護職員の方にもおすすめです。仕事の幅が広がるのはもちろん、介護サービスの利用者から介護保険に関する質問が来た時もしっかり答えられるようになります。 介護のケアプラン作成にかかわる介護保険の知識が身につきますので、将来ケアマネジャーやサービス提供責任者を目指す方にも役立ちます。

  • 生活や家庭で役立つ

    自分の将来のために、あるいは家族のために、介護サービスを上手に利用したい方にも介護事務の資格が有用です。介護事務の勉強を通して介護保険制度についての知識を身につけておけば、いざご自分やご家族に介護が必要になった時も安心して介護サービスを活用できます。

介護事務講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
人気の理由
介護事務講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
介護事務の資格と試験

介護事務にはたくさんの資格があり、運営団体によって資格名が異なります。

介護事務の資格は運営団体ごとに発行しています。 下記に主な介護事務の資格と試験日程を紹介します。

資格名 運営団体 試験日程
介護事務管理士® 技能認定振興協会(JSMA) 奇数月の第4土曜日(年6回実施)
ケアクラーク® 日本医療教育財団 偶数月(年6回実施)
介護報酬請求事務技能検定 日本医療事務協会 偶数月の第3日曜日(年6回実施)
介護事務実務士® 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN) 非公開(協会指定校における団体受験のみ実施)

上記の資格以外にも、介護事務の資格は多数存在します。
資格によって運営団体が異なるため、学ぶ内容に若干の違いはありますが、
どの資格を目指したとしても、介護報酬請求業務(レセプト作成)ができるようになることに変わりはありません。

試験の合格基準については、概ね60点〜70点以上の得点を合格としている資格が多く、合格率は約50%〜60%ほどです。
資格取得のための各スクールの対策講座を受講してしっかりと学べば、確実に合格することができるでしょう。

まずは複数のスクールの資料を取り寄せて、比較・検討することをおすすめします。

介護事務講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)

通信の介護事務講座一覧

チェックの入っている講座の資料が届きます
学校名講座名費用・期間資料請求
【通信】介護保険請求事務講座
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用35,000円
期間約4ヶ月
4ヶ月で実践的なスキルを!【介護事務講座】[6P]
生涯学習のユーキャン
費用39,000円
期間約4ヶ月
介護事務講座 通信コース
ニチイ/通信
費用39,600円
期間約4ヶ月