お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

EA(米国税理士)の資格取得を目指せる学校・スクール選びならBrushUP学び!

> > EA(米国税理士)

2016.11.26
更新

米国税制のスペシャリストを目指す

EA(米国税理士)

通信講座を探す

EA(米国税理士)とは?

EAは米国全土で源泉の申告代行業務を行うための正式な資格です。米国公認会計士も代行できますが州単位での認可になり、別途登録が必要。日本企業の海外進出が進み、米国の税制に精通した人材が求められる近年、注目資格の一つと言えるでしょう。

EA(米国税理士)資格ガイド

どんな資格

日本では給与所得などは源泉徴収されるのが普通ですが、米国では個人が申告しなければなりません。そのため、米国では税理士のニーズが非常に高いのです。EAは米国全土でこうした申告代行業務を行うための正式な資格です。弁護士や米国公認会計士も代行できますが州単位での認可になり、別途登録が必要です。最近では日本企業の海外進出が進み、米国の税制に精通した人材へのニーズが高まっており、注目資格の一つと言えるでしょう。

活躍の場

本資格は税務に関する知識と、その業務を英語で行う能力を持っていることの証になります。資格取得者は、国内税理士事務所や監査法人などで、米国向けの業務を行うだけでなく、米国で税理士として活躍することも夢ではありません。ただし、実際の業務を行うには実務経験が必要です。またEAには1年間で24時間の継続研修が義務づけられており、3年間で72時間に達しないと資格が停止されます。

こんな人が向いています

米国の資格ですが東京での受験が可能です。試験そのものには英会話の能力は必要ありませんが、当然ながら実際の業務の中では英語でのコミュニケーションは必須となります。日本ではまだ取得者はあまり多くありませんが注目度はかなり高く、今後人気が出てくる可能性が大いにあります。税務に関する専門知識と英語に自信がある人には大変おすすめの資格です。

通信講座を探す

EA(米国税理士) 参考データ

  • 難易度★★★★
  • 人気度★★
  • 将来性★★
  • 費用の安さ★★
資格・試験名 米国税理士 (EA)
主催団体 米国の内国歳入庁(IRS)
受験資格 18歳以上であれば受験が可能
受験時にパスポートが必要
合格率 [パートT]70%〜80%
[パートU]60%〜80%
[パートV]75%〜85%
(2010年3月主催者発表)
※英語圏を含む73か国合計科目合格制(1科目合格すると2年間有効)
検定料 105$
問い合わせ先 -

関連資格・試験データ

米国税理士 (EA)(国家資格) 米国税理士 (EA)は米国の内国歳入庁(IRS)が認可する米国の税理士のことで、米国の国家資格です。 日本では給与所得などは源泉徴収されるのが普通ですが、米国では個人が申告しなければなりません。そのため、米国では税理士のニーズが非常に高いのです。EA(米国税理士)は米国全土でこうした申告代行業務を行うための正式な資格です。 EA(米国税理士)資格は税務に関する知識と、その業務を英語で行う能力を持っていることの証になります。

給付金対応講座

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!

EA(米国税理士)の試験合格、資格取得、転職を目指すなら、資格の「BrushUP学び」

「BrushUP学び」は、自分を磨いて"オリジナルな幸せ探し"を応援するスクール情報サイトです。
EA(米国税理士)の資格情報をはじめ、全国67,000件以上の情報から無料で資料請求できます。


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.