star-1

資格・講座の情報&無料で資料請求。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(24時間365日)掲載のお問い合わせ

会計・経理の資格は、持っていればどんな業界に行っても役に立つスキルだと言えます。

[ 続きを読む ]

ファイナンシャル・プランニング技能士や証券アナリストなど、国家資格・民間資格を合わせて多くの資格試験が存在しますが、いずれも知名度が高く、目指す人も多くいます。
会計・経理の知識は、個人のライフプランや資産の運用などに役立つのはもちろん、企業内ではその知識を業務に活かし幅広く活躍することも可能です。

タップできる目次 [閉じる]

初心者から始める会計・経理資格 人気ランキング

更新日:2022-11-04(公開日:2017-09-04)

  • ファイナンシャルプランナーは、個人の資産運用を助けるプロ資格。国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」(1級~3級)と、日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定する「AFP/CFP」があります。ファイナンシャル・プランニング技能士3級は受験資格がく初心者におすすめです。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
  • 02 RANKING 人気継続

    簿記(日商簿記検定)

    3種ある簿記検定の中で最もメジャーなのが日商簿記検定です。検定には初級・3級・2級・1級があり、3級・2級試験は毎年3回実施されています。初級は入門レベルの試験ですが、インターネットでの受験が可能です。就転職のために簿記資格を取得したい方には、3級や2級からの受験がおすすめです。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
  • 03 RANKING

    税理士

    税理士になるには、税理士試験に合格して資格取得するルートが最も一般的です。しかし、税理士試験を受けるためには、学歴・資格・職歴などいずれかの受験資格をクリアする必要があります。試験は、会計学に関する2科目と税法に関する物を受験者の選択で3科目となっています。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
  • 04 RANKING

    公認会計士

    公認会計士になるためには、公認会計士の国家試験を合格・取得しておく必要があります。受験資格の制限は特にありませんが、公認会計士試験は極めて難しいことで知られています。試験対策のためには、2~4年をかけて学習することが必要と言われています。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
  • 05 RANKING

    建設業経理士

    建設業経理士は、建設業における簿記知識や会計処理能力を審査する検定試験です。試験のうち4級・3級は建設業経理事務士検定、2級・1級は建設業経理士検定という名称で行われています。日商簿記検定試験と出題範囲や形式が似ているため、合わせてチャレンジする方も少なくありません。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
  • US CPA(米国公認会計士)は、米国の正式な公認会計士資格です。企業の海外進出がますます盛んになり、国際会計基準の導入が進む中、外資系企業だけでなく日本企業でも注目を浴びている資格です。試験はすべて英語で行われますが、日本では東京と大阪で受験が可能です。

    最短・最安講座を比較して資料請求(無料)/
学びの疑問にお答えします 月5,000円で学べる講座はある? LINE@で聞いてみる

その他の会計・経理 資格一覧

関連特集

キャリアアップできる会計・経理の資格

会計・経理の国家資格

イメージ

会計・経理の国家資格は、「公認会計士」、「税理士」、「ファイナンシャル・プランニング技能士」があります。

公認会計士は、会計資格の最高峰とも言われ、試験には短答式試験と論文式試験があり、難易度が高いと言われています。税理士も非常に専門的で難易度の高い試験と言われています。税理士試験では今年合格した科目は次年度以降受験を免除される「一部科目合格制度」を採用しているため、1科目ずつ年数をかけて合格を目指すことも可能です。

ファイナンシャル・プランニング技能士の試験には、1級、2級、3級の区別があり、学科と実技の試験があります。ファイナンシャル・プランニング技能士は名称独占資格ですので、資格を持たない者が資格保持を名乗ることはできませんが、業務独占資格ではないので、民間資格であるAFP、CFPを取得した者が「ファイナンシャルプランナー」を名乗ることはできます。民間資格の「AFP」「CFP」の取得後は、有効期限があったり継続教育制度や年会費などの費用を要したりという点で、国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」と異なります。

会計・経理の民間資格

イメージ

会計・経理の資格では、日商簿記検定に代表されるような民間資格も実用的で人気があります。

企業内での生産や販売、人事管理という経営活動を数値でデータ化したり、経営状態を把握し、戦略を練るために不可欠な知識が簿記ですが、3種ある簿記検定の中で最もメジャーなのが日商簿記検定です。
検定には初級・3級・2級・1級の区分があります。初級は2017年度に創設された級で、ネットでの受験が可能です。初級は入門レベルの試験となっており、就転職のために簿記資格を取得したい方には3級や2級からの受験がおすすめです。

建設業経理士は、建設業における簿記知識や会計処理能力の向上を図ることを目的に「財団法人建設業振興基金」が実施している資格です。検定試験は、その内容及び程度によって1級から4級に分かれています。
難易度の高い1、2級は「建設業経理士検定」、初歩的な3、4級は「建設業経理事務士検定」という名称で行われています。

証券の販売・勧誘といった証券業務を行う人を「証券外務員」といいますが、証券外務員として活動するためには、証券外務員試験に合格し、日本証券業協会に登録することが法律で義務づけられています。
証券外務員資格には一種と二種があり、一種外務員資格は、二種外務員で扱う商品の他、先物取引、オプション取引、信用取引などを取り扱うことができます。
証券アナリスト資格は、証券分析やポートフォリオマネジメント・財務分析・経済・職業倫理などの証券アナリストが必要とする知識とスキルを評価し学習成果を認定するものです。第1次レベル試験と、より高度な第2次レベル試験があります。

ファイナンシャルプランナーの民間資格には、上記に挙げたように、日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定する入門レベルの「AFP」と上級レベルの「CFP」があります。 CFPは、欧米をはじめ、アジア、オセアニアを中心に導入されている世界標準資格。仕事としてFP資格を活かしたい方に一押しの資格です。

国際的な活躍が期待できる会計・経理資格

イメージ

あらゆるシーンで国際化が進んでいますが、会計・経理の分野でも例外ではありません。公認会計士や税理士に関して、CPA(米国公認会計士)やEA(米国税理士)など、グローバルに活躍できる資格もあります。

まず、ビジネスシーンをけん引するアメリカの国家資格でいうと、CPA(米国公認会計士)、EA(米国税理士)、CMA(米国公認管理会計士)などがあります。

CPA(米国公認会計士)は、米国の正式な公認会計士資格であり、米国の会計基準に基づいて会計・監査・コンサルティングを行うプロフェッショナルです。CPA資格取得者は米国で公認会計士として働くことができます。米国の正式公認会計士資格ですから、試験はすべて英語で行われます。ただし、受験会場は米国以外にも設けられており、日本では東京と大阪で受験することができます。ただし、米国公認会計士試験は各州が所管しているため、受験資格など受験する州により異なるので注意が必要です。

EA(米国税理士)資格取得者は、税務に関する知識とその業務を英語で行う能力を持っていることの証になります。国内税理士事務所や監査法人などで、米国向けの業務を行うだけでなく、米国で税理士として活躍することも夢ではありません。

CMA(米国公認管理会計士)とは、管理会計と経営管理の専門性を証明するIMA(米国管理会計士協会)主催の米国の資格で、米国ではCPA(米国公認会計士)と並ぶ注目度の高い国際的な資格と言われてます。近年「企業の意思決定手段としての会計」の重要性が高まる中で、企業活動のニーズに応えられる国際的な管理会計能力を持ったプロとして、非常に注目されています。

そのほか、国際的な活躍が期待できる資格として、BATIC®(国際会計検定)、CFP、CIA(内部監査)、IFRS(国際財務報告基準)などがあります。

国際市場に関わる場合、国際会計基準と日本ないし他の国の会計基準の差を組み替える必要があります。そのようなグローバルなビジネスシーンにおいて不可欠な英語力と国際会計スキルを同時に測るのがBATIC検定試験です。試験結果の合否ではなく、1000点満点のスコア制で受験者全員に点数に応じ4段階の認定を行います。BATIC®(国際会計検定)資格の取得者は、国内基準と国際基準の両方に精通し、企業や株主、投資家に対して、これらの違いと導入による影響を適切に説明できる人材であることを証明できます。企業の国際化が進む現在、非常にニーズの高いスキルです。

CIA(公認内部監査人)は企業内の財務・会計関連業務を内部統制し、これらの業務が適正に行われているかどうかをチェックする役割を担います。国際資格ですが、日本語での受験が可能です。試験内容は実務経験者ないし大学生を対象としており、若干ながら受験資格に制限があります。

IFRS(国際財務報告基準)とは、IASB(国際会計基準審議会)によって設定された会計基準のことです。これまで会計制度はその国ごとに異なっていましたが、企業の競争のグローバル化に伴い国際的に通用する会計基準の必要性が高まり、IFRSの適用が広がり、現在では120ヶ国以上がIFRSを採用しています。日本の企業でもIFRSを適用する企業が増えているので、今後活躍の幅が広がりそうです。受験にあたって、学歴、実務経験などの条件はなく、試験は日本語での受験が可能です。試験は年4回の実施、出題はマークシート方式となっています。

会計・経理資格を目指せるおすすめスクール

簿記の資格を目指せるスクール

大栄のオンライン講座(通信)
挫折させない通信講座!通学のような手厚いサポート!

スクールホームページ:
大栄のオンライン講座

ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』(通信)
試験の頻出ポイントをバランスよく学び、無理なく合格を目指す

スクールホームページ:
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

資格スクール大栄(通学/全国)
試験合格に絶対の自信!資格スクール大栄でキャリアを切り拓く!

スクールホームページ:
資格スクール大栄

FP(ファイナンシャルプランナー)を目指せるスクール

大栄のオンライン講座(通信)
挫折させない通信講座!通学のような手厚いサポート!

スクールホームページ:
大栄のオンライン講座

ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』(通信)
「DVDコース」「eラーニングコース」2種類から選べる学び方

スクールホームページ:
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

資格講座メダリストクラブ(通信・通学/関東)
実務経験豊かな講師陣が合格へと導きます!

スクールホームページ:
資格講座メダリストクラブ

目的別で資格を探す

資産運用に便利な資格

グローバルな資格

ステップアップ・収入アップに便利な資格

難易度で資格を探す

注目資格まとめ

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:24時間365日

シカク情報部新着記事一覧
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2022年11月30日
【新宿&横浜】「カウンセラー&メンタルトレーナー養成講座・12月生」/ハートフルライフカウンセラー学院 【新宿&横浜】「カウンセラー&メンタルトレーナー養成講座・12月生」/ハートフルライフカウンセラー学院 2022年11月30日
「日本語教師」の資格取得を目指すなら、30年超の実績を有するアークアカデミーで! 「日本語教師」の資格取得を目指すなら、30年超の実績を有するアークアカデミーで! 2022年11月29日
【東京中央日本語学院(TCJ)/日本語教師養成講座】1日で全てが分かる日本語教師セミナー開催中! 【東京中央日本語学院(TCJ)/日本語教師養成講座】1日で全てが分かる日本語教師セミナー開催中! 2022年11月28日
【初心者OK】国際基準のカリキュラムで、国家資格キャリアコンサルタントへ(オンライン・東京) 【初心者OK】国際基準のカリキュラムで、国家資格キャリアコンサルタントへ(オンライン・東京) 2022年11月28日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:24時間365日

BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
ぷらキャリ 資格スキルとキャリアの無料相談サービス
手に職をつけられる資格
大人の学び 動画講座