資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

簿記検定の対策ができる学校比較

簿記

簿記の資格で最も有名なのが、日商簿記です。日商簿記には初級・3級・2級・1級の4種類があります。学生や社会人が勉強を始める場合、基本的には3級から、ある程度知識のある方は2級から学習を始めるとよいでしょう。

関連特集

日商簿記検定の種類

日商簿記の試験を実施している日本商工会議所は、各級のレベルを以下のように示しています。

資格名 特長
日商簿記初級 ビジネスパーソンが業種・職種にかかわらず日常業務をこなすための必須知識。簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用できる。
日商簿記3級 ビジネスパーソンに必須の基礎知識。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。 基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。 中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。
日商簿記2級 経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。 高校(商業高校)において修得を期待するレベル。
日商簿記1級 公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。 大学等で専門に学ぶ者に期待するレベル。

簿記学校の一覧

  • 資格の学校 TAC(タック)/通学

    資格の学校 TAC(タック)/通学

  • 国際資格の専門校 アビタス/通学

    国際資格の専門校 アビタス/通学

  • 資格スクール大栄

    資格スクール大栄

  • 資格の学校 TAC(タック)/通信講座

    資格の学校 TAC(タック)/通信講座

  • 国際資格の専門校アビタス/通信講座

    国際資格の専門校アビタス/通信講座

  • 資格合格を目指すならクレアール/通信

    資格合格を目指すならクレアール/通信

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

    ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

  • 生涯学習のユーキャン

    生涯学習のユーキャン

  • キャリア開発のパイオニア/日本マンパワーの通信講座

    キャリア開発のパイオニア/日本マンパワーの通信講座

  • 総合学園ヒューマンアカデミー

    総合学園ヒューマンアカデミー

  • 川口会計アカデミー

    川口会計アカデミー

  • 資格の大原  関西・北陸

    資格の大原 関西・北陸

  • 日建学院

    日建学院

  • 日建学院/通信

    日建学院/通信

  • 静岡キャリアアップスクール

    静岡キャリアアップスクール

  • 資格の学校 TAC/Wセミナー 熊本校

    資格の学校 TAC/Wセミナー 熊本校

  • 資格の大原/通信

    資格の大原/通信

  • 自由が丘産能短期大学 通信教育課程

    自由が丘産能短期大学 通信教育課程

  • 通信講座ネバギバ

    通信講座ネバギバ

  • 簿記講座の資料請求
簿記ってどんな資格?どう役に立つの? どんな仕事・資格?

企業内での生産や販売、人事管理という経営活動を数値でデータ化したり、経営状態を把握し、戦略を練るために不可欠な知識が簿記です。3種ある簿記検定の中で最もメジャーなのが日商簿記検定です。資格は1級~4級までの4段階に分かれていますが、3級から挑戦するのが一般的です。3級に合格すると大学入試で簿記会計が免除され、2級合格者なら大学への推薦入学や就・転職で有利になるでしょう。1級は税理士の受験資格の一つにもなっており、公認会計士や中小企業診断士などへの第一歩としても位置づけられています。

活躍の場

企業の規模・職種に関わらず、簿記の知識はあらゆるシーンで活用がきき、それが読めるだけでビジネスチャンスは拡大します。例えば、商取引の時、得意先の財務状態が的確にわかればリスクが回避できるだけでなく、相手の立場にたったプレゼンテーションができ信頼を高めるチャンスになリます。就・転職のために取得する方は、簿記の知識・技能をアピールするためにも2級以上を取得することをおすすめします。

こんな人が向いています

簿記の知識・スキルを必要とする経理・財務の仕事は、景気に関係なく常に需要があります。会社の基盤に関わる重要な仕事を任せられる資格なので、経理や会計処理に直接関わる部門の在籍者に限らず、経営管理・経営分析など企業経営のスペシャリストを狙う人は取っておきたい資格です。4級から1級まで順番に取得する必要はないので自分の目的にあった級を目指しましょう。

簿記講座・スクール比較

試験データ

項目 内容
資格・試験名 日商簿記検定
試験区分 民間資格
主催団体 日本商工会議所 業務部検定課
受験資格 誰でも受験することができます。
合格率 1級12.2%、2級30.7%、3級41.1%、4級45.0%
(2012年第131回)
出題内容・形式 【日商簿記3級】
制限時間:2時間
合格基準:70%以上
試験科目:商業簿記(基礎的な商業簿記原理および記帳・決算などに関する初歩的実務など)
【日商簿記2級】
制限時間:2時間
合格基準:70%以上
試験科目:商業簿記と高卒程度の工業簿記(初歩的な原価計算を含む)
【日商簿記1級】
制限時間:3時間
合格基準:70%以上ただし、1科目ごとの得点は40%以上
試験科目:商業簿記、工業簿記に加えて会計学と原価計算について出題されます。
検定料 1級:7500円
2級:4500円
3級:2500円
4級:1600円
問い合わせ先 日本商工会議所 業務部検定課
http://www.kentei.ne.jp/
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
TEL:03-5777-8600(受付時間8:00~22:00 年中無休)

簿記の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

おすすめスクールレポート