お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

不動産鑑定士なるには?

> > 不動産鑑定士なるには?

2016.07.05
更新

不動産鑑定士なるには?

不動産鑑定士になるためには、経験や資格は要りません。ただし、不動産鑑定士の国家試験に合格しなければなりません。難関の国家試験です。今回は、合格後の就職事情や、不動産鑑定士の関連資格についても紹介していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

不動産鑑定士なるには?

不動産鑑定士になるには、経験や資格、条件は必要?

不動産鑑定士になるためには、特に経験や資格は要りません。また、年齢や学歴も必要とされません。しかし、基本的な事を言えば、不動産鑑定士の国家試験を合格しておく必要があります。

不動産鑑定士の国家試験は、日本で行われている資格試験の中でも、トップレベルの難易度で知られています。また弁護士、公認会計士と並ぶ三大国家資格の1つとも言われています。さらに、試験合格後には、実務修習を受ける必要があります。そして、その修了考査で修了確認されることで、不動産鑑定士の登録をすることが可能です。

不動産鑑定士の国家試験には、1次試験となる短答式試験、2次試験の論文式試験があります。これらの試験に合格するために、不動産鑑定士の国家試験対策をしている資格の専門学校・予備校で、学習して臨むことをおススメします。

不動産鑑定士の就職・採用事情

不動産鑑定士の資格を取得して、就職する先の大半は、不動産鑑定事務所となります。不動産鑑定事務所では、鑑定評価とコンサルティング業務を主に行います。また、信託銀行や生命保険・損害保険会社などの金融機関・保険会社、不動産会社やディベロッパー、建設・土木会社、鉄道会社、コンサルティングファームなどもあります。また東北や九州での震災以降、不動産鑑定士資格の取得を、社員に義務づけている企業も出ていています。これらの業界において、就職や転職には大変有利です。特に大手企業で、不動産鑑定士の採用ニーズが高くなっているので、就職に困ることはあまりありません。今後も、富裕層向けや、海外向けなどに展開していく企業などで、不動産鑑定士はさらに重宝されていくと考えられます。

不動産鑑定士の関連資格

不動産鑑定士の関連資格には、まず一般的に、宅地建物取引主任者や管理業務主任者、マンション管理士などが挙げられます。これらは、不動産や住宅、マンション管理業界に従事している方であれば、多くの方が取得している資格です。既に取得している方が不動産鑑定士を目指す流れがおススメです。もちろん不動産鑑定士の方が上位資格となりますが、試験の出題科目や出題形式が重複しているため、学習はしやすくなります。さらに、専門性を高めて実践的に資格を取得していくのであれば、一級建築士があります。まだ日本で、ダブル取得している方はほとんどいません。また公認会計士は、民法や経済学、会計学などの受験科目を、不動産鑑定士の資格試験と双方に免除申請することが可能です。

通学講座を探す通信講座を探す

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.