お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ベビーシッターの仕事内容

> > ベビーシッターの仕事内容

2016.07.27
更新

ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターは、基本的には親などの依頼者のお宅に伺って子供を保育します。オムツ替えやミルクをあげるなどの基本的なことから、お絵かきなどの遊びなども子供と行います。子供の様子を記録したり報告したりすることもベビーシッターの重要な仕事です。

通学講座を探す通信講座を探す

ベビーシッターの仕事内容

どんな仕事?

ベビーシッターは、何らかの理由で子供の世話を必要としているお宅に伺って、そのお宅で子供をみるという場合が一般的です。他には託児所やキッズルームなどに就職して働いているベビーシッターもいます。しかし、大半の人はベビーシッター派遣会社に登録して仕事をしています。

親が留守中に子供の命とそのお宅の留守を守るという、責任感と正しい倫理観を多大に必要とする仕事です。親がベビーシッターを探す場合、信用できる派遣会社か、また派遣されてくるベビーシッターが信用に値する人なのかをチェックするのが普通です。楽器や語学・絵画など特技があれば、子供に教えることを求められる場合もあります。

こんな時もベビーシッターの出番

ベビーシッターを頼む親の事情としては、保育園に子供が入れない場合、また一対一で子供にしっかり向き合って保育してもらうことを望んでいる場合などがあります。また、兄弟・姉妹や親自体が病気になってしまいその子の世話をするのが難しくなった時もベビーシッターに頼むことがあります。
そればかりではなく、育児疲れを解消するためのリフレッシュ休暇が欲しい場合、また新生児の育児をサポートして欲しい場合、また保育園・幼稚園へのお迎えに親が行けない場合などにもベビーシッターの出番があります。ベビーシッターには、親は利用日や利用時間のほか、子供にどんな世話を望むのか、またアレルギーの有無や子供の特徴などについても細かく伝えます。

保育士との違い

保育士は国家資格であり、保育園で働くには必須の資格です。この資格はベビーシッターになりたい際にも有利に働くので、とっておいて損はないでしょう。保育園で働く保育士の場合は、多くは多数の子供を相手に保育をします。ベビーシッターの場合、多くは一人を相手にしている点が保育士の仕事と大きく異なる点です。

また、親は保育士を選べませんが、ベビーシッターの場合は、どんな人に来てほしいというような要望をある程度出すことができます。親や子供に信頼されれば、次の機会に再度依頼されるということもあるでしょう。

雇用形態としては、保育士が正社員雇用も多いのに比べ、ベビーシッターは派遣社員・パート・アルバイトとしての雇用が多いです。

ベビーシッターの一日

約束の時間の少し前にお宅にお伺いするところから、ベビーシッターの仕事がはじまります。そして親などの依頼者から子供についての情報をもらいます。例えば、どういう保育をしてほしいのかということ、また緊急連絡先や子供の健康状態、使ってほしい保育の用具(オムツやミルク、おもちゃなど)の確認も行います。依頼者から子供を預かり、依頼者が外出すると、依頼された内容の保育を行います。

子供の年齢によって、お絵かきや絵本の読み聞かせなどの遊びを工夫します。子供が小学生の場合、宿題を一緒にやってあげるなどのこともします。依頼者が帰宅すれば、預かっている間の子供の情報を記録したものを渡したり、その日の子供の様子を報告したりして勤務が終わります。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.