お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ベビーシッターに向いている人とは

> > ベビーシッターに向いている人とは

2016.07.27
更新

ベビーシッターに向いている人とは

ベビーシッターは、子供にじっくりと向かい合う仕事ですので、その責任の重さを理解している人に向いています。子供と接する他に依頼者である親の気持ちをくみ取ることができる資質もまた求められています。また、育児経験が豊富な人にも向いている仕事です。

通学講座を探す通信講座を探す

ベビーシッターに向いている人とは

子供を預かる責任を理解している人

子供を保育するというのは、責任重大な仕事です。子供は予想もしない行動をとったり、安全に対しての理解が未発達であったりするものです。そういう意味で、子供の安全を第一に考えることができる人は、ベビーシッターに向いています。そういう人を社会は求めているのです。

また、留守中のお宅を守るということも重要な仕事です。高い倫理観を持って、やってはいけないことをしないという気持ちも求められます。一人の人間の命を守るには、注意力や判断力も必要です。ベビーシッターに関する資格をとり、育児のことについて勉強しておくことはベビーシッターにとって有益なことです。また、登録している派遣会社の研修にも必要に応じて参加することが必要です。

子供が好きな人

ベビーシッターは子供を預かる仕事ですから、子供好きな人が向いています。その子供に合わせた保育をしてあげたいと思う心が大きい人には、やりがいが大きい仕事でしょう。

子供と深く関わることができるこのベビーシッターという仕事は、子供のためになりたいという気持ちがある人にとっては理想の仕事です。子供に笑顔でいてもらうにはどうしたらよいのかを心得ている人にも向いています。ただし、子供が危険なことをしようとするなど、叱らなくてはいけない場面もあるでしょう。なるべくそうした場面にならないように経験を重ねていくことが必要ですが、適切な叱り方を心得ているということもとても重要です。

また、この仕事には、子供のペースに合わせてあげるための忍耐力も必要です。

子育て経験がある人

自分の子供の子育て経験は、ベビーシッターの仕事に大きく役立てることができます。子供の命を自分が預かっているという重圧感は、子供を育てたことがある人なら誰でも感じたことがあるでしょう。

ベビーシッターに子供を預ける親も同じです。日々命を守る重圧感を感じながらも、ベビーシッターに子供を預けなくてはならないという事情を抱えているのです。そんな親達の気持ちが分かるのもまた子育て経験がある人でしょう。依頼者である親とうまくコミュニケーションをとりながら子供を預かることができる人が求められています。

子育て経験がなくてもベビーシッターにはなれますが、研修などだけで子育ての全てを学ぶのは限界があります。その場合は、育児について常に勉強するという姿勢が重要になってくるでしょう。

体力がある人

子供を相手にするという仕事に共通して言えるのが、「体力」が必要であるという問題です。だっこが必要な年齢の子を相手にする場合はもちろんのこと、子供は元気なものなので、そのテンションについていける体力があれば育児はぐっとしやすくなります。体力は、日々の生活の仕方によってもついたりつかなかったりするので、体力に自信がない人は食事や睡眠の状況を見直すことも有益でしょう。

また、子供を相手にするのですからいつも笑顔でいられる人もベビーシッターに向いています。子供は明るい笑顔の人が大好きです。子供に好かれると、仕事をうまく進めることができます。そういう意味では、子供に好かれるようなユーモアのセンスがある人もベビーシッターには向いているでしょう。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.