お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

看護師講座の受講の流れ

> > 看護師講座の受講の流れ

2016.05.11
更新

看護師講座の受講の流れ

看護師は、人気の国家資格のため、受験対策講座も充実しています。コースによって、相場は異なりますが、受講にかかる目安の費用と、受講料が免除されるケースも含めて解説します。そして、看護師国家試験の詳細についても紹介していきます。

通学講座を探す

看護師講座の受講の流れ

受講費用の目安

看護師の講座には、通学コースと、通信講座を受講するコースがあります。看護師の講座には、大学生・専門学校生から、現役の社会人、看護助手、そして准看護師を持った方までを対象としたコースが設けられています。コースによって、受講料は大きく異なります。

全日制の学校では、受講期間は3年間、入学金が10万円〜30万円前後、そして受講料は約110万円〜140万円前後が相場です。講座によっては、他にも実習費が、別途かかる場合もあります。他にも、看護師と保健師の同時取得を目指すコースもあり、その分、費用も高くなります。

一方で、通信講座は、看護師2年課程の通信制のコースでは、受講料の目安は2年制で90万円前後です。

この他にも、短期の集中講座や、1年かけて試験対策をするコースなど多種多様にあるので、費用も内容によって変動します。どの講座でも受講料だけではなく、入学金や教材・実習費が必要なので、注意しておきましょう。

学費が免除される方法

看護師の関連資格は、数多くあります。優に100は超える数です。看護師免許だけではなく、他の資格も取得されている看護師は少なくありあせん。

看護師の講座を受けるためには、多額の費用がかかります。最低でも、100万円以上の蓄えは必要です。出来ることなら、なるべく出費を抑えたい方も多いのではないでしょか。奨学金制度によって、受講料の負担を減らす方法がよく利用されていますが、実は受講料が全額免除される方法が2つあります。

1つは、特待生制度です。学業の成績が優秀な学生が利用できるです。内容は、成績が上位で1位ないしは2位までの学生の受講料が、全額免除されるものです。また成績上位の学生の受講料が、半額免除になる場合もあります。

もう1つは、世間的には「御礼奉公」と呼ばれる制度です。これは、学校が指定する医療機関で勤務をすると、奨学金が付与されて、約3年から5年間、継続して働けば、返済義務が免除される仕組みです。途中で退職をしなければ、学費がかからなくて済みます。

試験について

看護師の国家試験は、毎年、2月下旬の日曜日に開催されます。合格発表は、3月下旬の日曜日にあります。試験地は、北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福島県、沖縄県の全国11か所です。試験時間は、約5時間で午前中から、昼休みを入れて夕方まで行います。

試験科目は、全部で10科目。人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、社会保障制度と生活者の健康、基礎看護学、在宅看護論、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学です。

問題は全てで240題あります。具体的には、必修問題から50題と、一般問題から130題、そして状況設定問題からは60題が出題されます。年によって問題配分が変更さえるケースもあり、受験生には冷静な対応力が求められます。

[ 人気開講エリア ]

台東区 佐野市

通学講座を探す

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.