お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

臨床心理士の給料・年収分析

> > 臨床心理士の給料・年収分析

2016.08.30
更新

臨床心理士の給料・年収分析

臨床心理士の給料・年収に関して、分析してみました。臨床心理士の所得は、日本人の正社員の給与で見ると、平均的な水準であることがわかりました。また職場による違い、さらにパートとして勤務をする場合についても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

臨床心理士の給料・年収分析

臨床心理士の平均年収

臨床心理士の平均年収は、正社員の場合、350万円〜400万円が目安です。ただし、臨床心理士は年収の幅がある仕事です。勤務先をいくつか掛け持ちをしているケースが多くみられるためです。年収が200万円台から、中には1,000万円を超える方も、数多くはいませんが存在します。1,000万円以上の年収を得られる臨床心理士の多くは、大学などの教育機関か、病院・クリニックといった医療機関を兼務しています。

なお国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、臨床心理士は平均的な水準に近い年収が得られます。ただし、男性の平均年収は514万円なので、男性の仕事でいうとやや低い水準です。

職場による違い

臨床心理士の勤務先は、様々あります。例えば、教育機関から医療機関・保健所、一般企業、研究機関などです。非常勤の求人募集は、一定数あります。しかし正社員としての求人ニーズは、決して高い職業ではありません。また常勤勤務を目指す臨床心理士も多いため、就職競争率が高くなります。正社員として就職した場合は、安定した収入が得られます。しかしながら、職場によって給与水準が異なります。一般的には、臨床心理士がスクールカウンセラーとして就職した場合、ないしは大手企業で勤務した場合、高収入・好待遇が得られると言われています。

また公務員として常勤勤務する臨床心理士も安定的に給与が得られます。勤務先は、児童相談所、、療育センター、警察関係機関などです。公務員の俸給表に沿った収入が得られるため、人気となっています。

パートで臨床心理士として働く

臨床心理士として非常勤の勤務をする方は、数多くいます。パート勤務をした場合、時給は1,000円以上が基準となります。スキルや経験が認められた臨床心理士であれば、10,000円以上で勤務をする方も少なくありません。株式会社リクルートジョブズの調査研究機関である「ジョブズリサーチセンター」によると、平成28年3月度の時点で、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円でした。時給が最も高い首都圏でも1,019円なので、臨床心理士のパート勤務は、最低でも、大都市圏の平均レベルの時給で勤務可能です。場合によっては10倍以上の時給が得られます。

臨床心理士の多くは、非常勤で掛け持ちの勤務をしています。ただし勤務先によって、勤務先時間は異なります。2時間や4時間、8時間と一定していません。また勤務日数も様々です。安定的に継続して仕事が出来る環境づくりが常に求められます。

[ 人気開講エリア ]

千代田区 中央区 新宿区 渋谷区 豊島区

通学講座を探す通信講座を探す

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.