お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

作業療法士の給料・年収分析

> > 作業療法士の給料・年収分析

2016.06.07
更新

作業療法士の給料・年収分析

作業療法士の給料は高いのか、低いのか、統計データをもとに分析してみました。データ上では低く見えますが、女性の比率が多く、給料が上がる前に退社するなどの事情がありそうです。資格手当がついたり、公務員を目指せたりとプラス要素もあります。

通学講座を探す

作業療法士の給料・年収分析

作業療法士の平均年収

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、作業療法士(正社員)の平均年齢は31.5歳、平均年収は404万7900円となりました。年間ボーナスの平均は63万9900円円です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、作業療法士の平均年収はやや少ないと感じるかもしれません。

作業療法士は、医療業界の専門職として働くため、高収入が得られるイメージが世間的にはあります。実際に、初任給が高めに設定されている医療機関もあります。しかしながら、医療のスペシャリストである医師や薬剤師、看護師の収入と比べると低めの水準です。昇給についても、大幅にするのではなく、なだらかに上昇していく傾向にあります。

しかし、50代半ばになると、作業療法士の平均年収は500万円を超えます。サラリーマンであれば、年収が下降していくタイミングですが、60代以降でも理学療法士だと500万円を下回ることはありません。

【正社員】
平均年齢 31.5歳
勤続年数 5.3年
労働時間 162時間/月
残業時間 5時間/月
平均月収 284,000円
賞与   639,900円
平均年収 4,047,900円
労働者数 131,480人

【パート】
平均年齢 38.9歳
勤続年数 4.6年
実労働日数 10.8日/月
1日の平均労働時間 5.4時間/日
平均時給 2,951円

出典:「平成27年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
※平均年収については本統計データを加工して作成(きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額)

女性の仕事としての作業療法士

女性の仕事として作業療法士は、収入面から見た場合、魅力があります。というのも、作業療法士の年収を、男性と女性で比べるとほとんど格差はありません。サラリーマン(正社員)であれば、男性の平均年収が514万円であるのに対して、女性の平均年収は272万円です。約2倍ほどの格差があります。しかしながら、作業療法士は多くても10万円前後の差で、男性のほうが、手当などでやや高めになっていると考えられます。

またパートで勤務する場合も、時給は2951円と高水準です。1日の平均勤務時間は、5.4時間で、1か月の平均勤務日数は10.8日。その通り勤務をすると、17万2102円の月収になります。また約6万円のボーナスも支給されます。さらに平均年齢は38.9歳なので、子育て世代か家庭を持つ女性が、扶養外勤務をしているケースが多いと推測出来ます。週に2から3日程度の勤務で、約17万円の収入が得られるので、家事や子育てと両立しながら、高水準のパート収入を得ることが可能です。

作業療法士として収入アップ・キャリアアップする道

作業療法士が収入を上げたり、キャリアを構築していく方法は、主に3つ考えられます。

まず1つは、リハビリテーションのスペシャリストとして専門性を磨いていくことです。作業療法士だけではなく、関連資格を取得する方も少なくありません。例えば作業療法士としての上を目指す場合は「認定作業療法士」や「専門作業療法士」、介護分野であれば「認知症ケア専門士」や「認知症ケア指導管理士」、また「福祉用具専門相談員」、「福祉住環境コーディネーター」などがあります。中には、理学療法士の資格を目指す方もいます。専門性を高めると同時に、資格手当や転職の際の給与アップが望めます。

2つ目は、ゼネラリストを目指す方法です。主任や部長などの管理職になれば、その分の昇給が見込めます。しかしながら、役職がつくと、売上やコストの管理、そして人材や組織のマネジメントをする能力が求められます。職場によっては、経営者層にもなれる可能性があります。作業療法士として活躍するというよりも、資格を踏み台として活していく道です。

最後に、独立開業をする方法があります。通所リハビリテーションや資格学校を設立します。経営者は、リスクが高くて難しいことですが、理想的な施設や目指したいサービスがある方には挑戦する価値がある道です。

通学講座を探す

通学講座エリア一覧

東北
福島県
東海
愛知県
近畿
奈良県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.