お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

福祉住環境コーディネーターになるには?

> > 福祉住環境コーディネーターになるには?

2015.12.09
更新

福祉住環境コーディネーターになるには?

福祉住環境コーディネーターになるためには、福祉住環境コーディネーター検定試験に合格し資格取得する必要があります。また、期待されていることや採用状況などについても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

福祉住環境コーディネーターになる方法とは

検定試験で合格し、資格取得が必要

福祉住環境コーディネーターになるには、福祉住環境コーディネーター検定試験に合格して得られる資格が必要となります。 資格は1級から3級に分かれていて、それぞれで試験範囲が異なります。 2・3級には受験資格は無く、同日の午前と午後でそれぞれ試験が実施されていますので、2・3級を一度に受験して資格取得を目指す方も多いようです。 より専門的な知識を深め、仕事に活かしたい方は2級取得をおすすめします。

資格取得に向けた対策

福祉住環境コーディネーターの試験に向けた勉強方法には、テキストによる独学、もしくは福祉住環境コーディネーターの通学・通信講座を受講する方法の2つがあります。 テキストは、検定試験の主催団体である東京商工会議所からも出ていますので、参考にしてみても良いでしょう。一方、通学と通信講座は受講費用や学習環境なども比較しながら検討されるのが良いでしょう。

福祉住環境コーディネーターへの期待

福祉住環境コーディネーターは、医療・福祉・建築についての幅広い知識を身につけ、高齢者や障害者の方が安全で快適な生活をできるだけ自立しながら送れるよう、住みやすい住環境の提案することが仕事です。建築関係、福祉関係、医療・保健関係の様々な職場がありますが、特にバリアフリー対策が重要な老人ホームや介護施設、病院などの福祉・医療現場での活躍が求められています。
福祉住環境コーディネーターへの社会的ニーズは高まっているので、今後さらに資格取得者の人材価値が高まるだけでなく、活躍の場も広がっていくことが予想されています。 また、福祉・建築分野でのキャリアアップのために、ホームヘルパーや介護福祉士などの介護関連資格や、建築士、インテリアデザイナーなどの建築関連資格を取得して、活躍の場を広げる方法もあります。

採用状況

福祉住環境コーディネーターとして就職するというよりは、建築関係、福祉関係で既に活躍している方が、キャリアアップや仕事領域を広げる目的で取得するケースも多いようで、求人募集も福祉住環境コーディネーターの資格単独では多くありません。 そのため、既に持っている資格や経験も考慮すると良いかもしれませんね。 たとえば、建築や住環境関係であれば建築士やインテリアコーディネータなど、介護福祉関係であればケアマネージャーや福祉用具専門相談員、初任者研修などの資格と組み合わせることで、資格価値も高まり応募できる求人先も広がってくるでしょう。 福祉住環境コーディネーターの資格をどのような場面で活かしていきたいかをイメージしながら就職活動を進めることが重要です。

[ 人気開講エリア ]

中央区 新宿区 渋谷区 豊島区

通学講座を探す通信講座を探す

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.