資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

危険物取扱者兵庫県の講座一覧

危険物取扱者の通学講座を兵庫県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件の危険物取扱者講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

兵庫県は、近畿地方西部に位置しています。大阪府・京都府・鳥取県・岡山県に接しています。人口は552万人 全国第7位で、県庁所在地は神戸市。日本海と瀬戸内海に面し、また山地もあるため、様々な気候が混在しています。カニやタコ漁が盛んで、全国でも上位の漁獲量です。兵庫県は阪神工業地帯に属しており、鉄鋼、化学、造船業などで国内の主要企業が工場を置いています。淡路島も兵庫県に属しており、本州側からは明石海峡大橋で渡ることができます。 兵庫県にある危険物取扱者講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

兵庫県で危険物取扱者講座を開講しているスクール・学校

阪神自動車航空鉄道専門学校

〒653-0861 兵庫県神戸市長田区林山町27-1
自動車・二輪・鉄道に特化した学科。だから選べる3つのプロへの道。

HITには、自動車・二輪・鉄道、それぞれのスペシャリストを目指す専門学科があります。
資格取得や就職をゴールとせず、就職をスタートと捉え、その先の活躍を見据えた教育を実践しています。

危険物取扱者 兵庫県

[ 他の都道府県を選択 ]

神戸市長田区

  • 2

独立開業も視野に入れたカリキュラムで、バイク業界の即戦力に!

二輪整備工学科

  • 阪神自動車航空鉄道専門学校
  • 費用: 1,070,000
  • 期間:約24ヶ月
  • 分割 就職支援
[兵庫県]二輪整備工学科の講座イメージ
  • 資格:二級二輪自動車整備士<国> (実技試験免除) 、 二級ガソリン自動車整備士<国> (実技試験免除 ...
  • エリア:兵庫県(神戸市長田区)

関西有数の二輪整備工学の専門学科。
自動車整備の一部としてではなく、二輪のすべてをしっかりと学びます。

幅広いカリキュラムでは特に「安全意識の向上」と「サービス実務の習得」に力を入れています。

二輪販売店において即戦力として活躍するために、接客・販売スキルやコミュニケーション能力の育成、店舗経営のノウハウを学び、就職して働くだけでなく、独立開業も視野に入れることができます。

実践力を身につけて、希望するメーカーやディーラーで活躍!

自動車整備工学科

  • 阪神自動車航空鉄道専門学校
  • 費用: 1,070,000
  • 期間:約24ヶ月
  • 分割 就職支援
[兵庫県]自動車整備工学科の講座イメージ
  • 資格:二級ガソリン自動車整備士<国> (実技試験免除) 、 二級ジーゼル自動車整備士<国> (実技試験 ...
  • エリア:兵庫県(神戸市長田区)

様々な車種に対応できる実践力を養うカリキュラムで、知識と技術を武器に、現場で活躍できる自動車整備士へ。
2年間で基礎から最先端の技能を学び、整備士の先に幅広いキャリアプランを見据えた未来を目指します。

日々技術の進歩が著しい自動車整備業界において、日本の自動車産業を担い、活躍できる人材を育成します。

  • 2

通信講座 危険物取扱者試験に合格できる知識を身につける

【通信】危険物取扱者受験講座(甲種/乙種)

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
  • 費用: 19,800
  • 期間:約4ヶ月
【通信】危険物取扱者受験講座(甲種/乙種)講座イメージ
  • 資格:危険物取扱者 甲種/乙種

化学工場や石油コンビナート、生産工場などにおける危険物(火災予防を考える上での危険物)の取扱作業は、消防法により「危険物取扱者」の資格を有する者が行うよう規定されています。 特に複数の類の危険物を取扱う場合、大規模な施設で責務のある職に就く場合は、上級種である甲種の免状を持つことが望まれます。

危険物取扱者受験講座(甲種)は、「危険物取扱者(甲種)」の資格の取得をめざす方が、試験に合格するために必要な実力を習得されることをねらいとして作られています。知識の整理→例題→レポート→模擬テストのシス ...

危険物取扱者関連エリア・ジャンル

市区町村
関西エリア
関連ジャンル

危険物取扱者の関連資格 × 兵庫県

兵庫県で危険物取扱者の講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 危険物取扱者試験
試験日

【危険物取扱者試験】
全国で随時実施。

試験区分 国家資格
主催団体 総務省消防庁
受験資格 乙種・丙種:特になし

甲種:
1.大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者
2.大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
3.乙種危険物取扱者免状の交付後、危険物取り扱いの実務経験が2年以上の者、または乙種危険物取扱者免状を4種類以上(ただし第3類と第5類は必須)有している者
4.修士・博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した者
※大学・学科等の詳細に関してはホームページ等でご確認ください。
合格率 [甲種]
30~40%程度

[乙種]
1類:65~70%程度
2類:65~70%程度
3類:70%前後
4類:30~35%程度
5類:65~70%程度
6類:60~65%程度

[丙種]
50~55%程度
出題内容・形式 ▽試験方法
マークカードを使う筆記試験
甲種・乙種:五肢択一式
丙種:四肢択一式

▽試験科目
丙種
・危険物に関する法令
・物理学及び化学
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

乙種
・危険物に関する法令
・基礎的な物理学及び基礎的な化学
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

甲種
・危険物に関する法令
・物理学及び化学
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
検定料 甲種:6,600円
乙種:4,600円
丙種:3,700円

※すべて非課税
問い合わせ先 一般財団法人 消防試験研究センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp/
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20
【東京都の場合】
TEL:03-3460-7798
【その他の都道府県の場合】
財団法人消防試験研究センターの各道府県支部ごとになりますので、詳しくはホームページをご確認ください。