資格・講座の情報&無料で資料請求。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(24時間365日)掲載のお問い合わせ

作業療法士沖縄県の講座一覧

作業療法士の通学講座を沖縄県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件の作業療法士講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

沖縄県の作業療法士の受講料金は、900,000円~。作業療法士講座の平均学習期間は、3年~です。
沖縄県は、日本列島の南、南西諸島の地域に位置します。人口は143万人 全国第25位で、県庁所在地は那覇市。亜熱帯地域に位置し、海にはサンゴや熱帯魚が生息しています。綺麗な海と豊かな自然があることで、観光業が盛んです。旅行客は国内のみにとどまらず、海外からも多くの方が訪れています。農業では、サトウキビやパイナップル、ゴーヤーなどの生産が盛んです。台風の通過が多く、農作物を守るために防風林などで被害を減らしてきました。 沖縄県にある作業療法士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

沖縄県で作業療法士講座を開講しているスクール・学校

琉球リハビリテーション学院

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町字金武4348-2
琉球リハビリテーション学院は2002年に日本で初めて現役のセラピストたちがつくった学校として開設しました。

国家資格取得のみを目指すのではなく、医療の現場で求められるセラピストを育てる教育機関として、心揺さぶる人間臭い医療人「い・き・る支援職人」の排出に情熱を傾けています。

金武本校、那覇校ともに最新の医療機器を導入し、それぞれの環境や設備を活かした授業をおこなっています。

作業療法士 沖縄県

[ 他の都道府県を選択 ]

国頭郡金武町

  • 2

【WFOT世界作業療法士連盟 認定校】子どもから高齢者まで、全ての人をサポート☆金武本校

作業療法学科<夜間主>働きながら国家試験受験資格をめざす!

  • 琉球リハビリテーション学院
  • 費用: 900,000
  • 期間:約36ヶ月
  • 支払制度: 随時ご相談受付(個別対応)●学費等のお支...   
  • 夜間開講 就職支援
[沖縄県]作業療法学科<夜間主>働きながら国家試験受験資格をめざす!の講座イメージ
  • 資格:作業療法士 保育士
  • エリア:沖縄県(国頭郡金武町)

※受講料は年額料金です。
夜間主の授業は、月~土曜日は19:10~開講。お仕事後に通学している方もいらっしゃいます。その人の人生を彩る「オーダーメイドリハビリテーション」ができる作業療法士を、琉リハで目指しませんか?
※授業の内容によっては変更がある場合がございます。
※受講料は年額料金です。
作業療法士は、身体の機能だけでなく、こころの面からも人々の生活をサポートしています。その人の人生を彩る「オーダーメイドリハビリテーション」ができる作業療法士を、琉リハで目指しませんか?

<琉リハ3 ...

【WFOT 世界作業療法士連盟 認定校】生きがい・その人らしさをサポート

作業療法学科<昼間主>身体の機能&こころの面からサポート

  • 琉球リハビリテーション学院
  • 費用: 1,000,000
  • 期間:約36ヶ月
  • 支払制度: 随時ご相談受付(個別対応)●学費等のお支...   
[沖縄県]作業療法学科<昼間主>身体の機能&こころの面からサポートの講座イメージ
  • 資格:作業療法士(国家試験受験資格) 保育士(国家試験受験資格)
  • エリア:沖縄県(国頭郡金武町)

※受講料は年額料金です。
作業療法士は、身体の機能だけでなく、こころの面からも人々の生活をサポートしています。その人の人生を彩る「オーダーメイドリハビリテーション」ができる作業療法士を、琉リハで目指しませんか?

<琉リハ3つのポイント>
1.実践練習の時間が豊富
障がいのある対象者に直接触れ、臨床で働く作業療法士から直接アドバイスをもらうことで、より実践力を高める知識とスキルを身につけます。

2.琉リハならではの「作業」経験!
海洋療法を行う発達支援センターでのマリンアクティビティやホース ...

  • 2

作業療法士関連エリア・ジャンル

市区町村
九州・沖縄エリア
関連ジャンル

作業療法士の関連資格 × 沖縄県

沖縄県で作業療法士の講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 作業療法士
試験日

【第57回 作業療法士国家試験試験】
筆記試験      :2022年2月20日(日)
口述試験及び実技試験:2022年2月21日(月)

試験区分 国家資格
主催団体 厚生労働省
受験資格 (1)学校教育法(昭和22年法律第26号)第90条第1項の規定により大学に入学することができる者(法第12条第1号の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第6項の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む。)であって、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した作業療法士養成施設において、3年以上作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの(令和2年3月16日(月曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)
(2)外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの
(3)法施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業した者
合格率 80%前後
出題内容・形式 (1)筆記試験
ア.一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法
イ.実地問題
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法

(2)口述試験及び実技試験
重度視力障害者に対して、実地問題に代えて次の科目について出題。
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法
検定料 10,100円
問い合わせ先 作業療法士国家試験運営本部事務所
〒130-0022 東京都墨田区江東橋2丁目2番3号 倉持ビルディング第2ビル6階
TEL:03-6659-9687