資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

作業療法士になるには

作業療法士

作業療法士は、心身に障害がある人に対して、動作能力の回復や社会適応力の増進を目的に、創造活動やレクリエーションなどの作業活動を行います。その対象者にどんな活動が向いているのかを考え、辛抱強く支援活動していくことが大切です。チームにおける役割として、理学療法士が、動作回復のための訓練など物理的活動であるのに対し、作業療法士は、作業を通して生活応用力を向上させるという精神へ働きかける活動を行っています。

作業療法士になるためには 作業療法士になるには資格は必要?

作業療法士として働くためには、作業療法士の国家試験を合格・取得する必要があります。そして、国家試験を受けるためには条件があります。 作業療法士の養成課程を置く学校で、3年以上修学して、所定の課程を修了することが、受験者に求められる絶対条件です。学校には、主に専門学校と短期大学、そして大学があります。どの学校に進学する場合でも、高等学校を卒業しているか、高等学校の卒業資格を取得している必要があります。また学校を卒業するためには、一定の単位を取得していることが求められます。

作業療法士関連の資格・検定

作業療法士の関連資格は、数多くあります。スキルアップやキャリアアップなど、様々な目的で作業療法士以外にも関連資格を取得する方が増えています。例えば、作業療法士でも、より専門的で上位資格となる「認定作業療法士」や「専門作業療法士」があります。作業療法士として、プロフェッショナルを目指す方は、おススメしたい資格です。また、リハビリテーション分野の国家資格である理学療法士や言語聴覚士を取得する方もいます。同じ分野でも、対象者へのアプローチ方法が異なる資格ですし、リハビリテーションの専門家としての応用力もアップします。現在は、在宅医療のニーズが高まりつつあるので、介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネージャー)、福祉用具専門相談員などは、大変役に立つ関連資格だと考えられます。またリラクゼーション系のクリニックやサロンで勤務している方は、アロマ効果によって精神的な安定をもらたすことが出来るアロマセラピストを取得する方もいます。

作業療法士の就職・採用事情は?

作業療法士は、就職や転職活動で活かせる資格です。主な就職先は、高度急性期・急性期の総合病院や回復期リハビリテーション病棟に特化した病院、そして精神病院です。他にも、クリニックや老人保健施設や障害者福祉施設、児童養護施設などがあります。また最近では、在宅サービスのニーズが高くなっているので、訪問リハビリテーションを展開する法人も増えており、作業療法士の人材が求められています。ただし、人気の高い病院では、求人枠はすぐに埋まりますし、充足しているケースも多いので、理想的な就職先が必ずしも見つかる訳ではありません。在学中でも早い段階から、学業に励みながらも、気になる求人を調べてみたり、先輩や先生から情報収集したりするなどして、就職活動の準備はしておきましょう。

給料・年収分析 作業療法士の平均年収

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、作業療法士(正社員)の平均年齢は31.5歳、平均年収は404万7900円となりました。年間ボーナスの平均は63万9900円円です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、作業療法士の平均年収はやや少ないと感じるかもしれません。作業療法士は、医療業界の専門職として働くため、高収入が得られるイメージが世間的にはあります。実際に、初任給が高めに設定されている医療機関もあります。しかしながら、医療のスペシャリストである医師や薬剤師、看護師の収入と比べると低めの水準です。昇給についても、大幅にするのではなく、なだらかに上昇していく傾向にあります。しかし、50代半ばになると、作業療法士の平均年収は500万円を超えます。サラリーマンであれば、年収が下降していくタイミングですが、60代以降でも理学療法士だと500万円を下回ることはありません。

【正社員】
平均年齢 31.5歳
勤続年数 5.3年
労働時間 162時間/月
残業時間 5時間/月
平均月収 284,000円
賞与   639,900円
平均年収 4,047,900円

【パート】
平均年齢 38.9歳
勤続年数 4.6年
実労働日数 10.8日/月
1日の平均労働時間 5.4時間/日
平均時給 2,951円

出典:「平成27年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
※平均年収については本統計データを加工して作成(きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額)

女性の仕事としての作業療法士

女性の仕事として作業療法士は、収入面から見た場合、魅力があります。というのも、作業療法士の年収を、男性と女性で比べるとほとんど格差はありません。サラリーマン(正社員)であれば、男性の平均年収が514万円であるのに対して、女性の平均年収は272万円です。約2倍ほどの格差があります。しかしながら、作業療法士は多くても10万円前後の差で、男性のほうが、手当などでやや高めになっていると考えられます。またパートで勤務する場合も、時給は2951円と高水準です。1日の平均勤務時間は、5.4時間で、1か月の平均勤務日数は10.8日。その通り勤務をすると、17万2102円の月収になります。また約6万円のボーナスも支給されます。さらに平均年齢は38.9歳なので、子育て世代か家庭を持つ女性が、扶養外勤務をしているケースが多いと推測出来ます。週に2から3日程度の勤務で、約17万円の収入が得られるので、家事や子育てと両立しながら、高水準のパート収入を得ることが可能です。

作業療法士として収入アップ・キャリアアップする道

作業療法士が収入を上げたり、キャリアを構築していく方法は、主に3つ考えられます。まず1つは、リハビリテーションのスペシャリストとして専門性を磨いていくことです。作業療法士だけではなく、関連資格を取得する方も少なくありません。専門性を高めると同時に、資格手当や転職の際の給与アップが望めます。2つ目は、ゼネラリストを目指す方法です。主任や部長などの管理職になれば、その分の昇給が見込めます。しかしながら、役職がつくと、売上やコストの管理、そして人材や組織のマネジメントをする能力が求められます。職場によっては、経営者層にもなれる可能性があります。作業療法士として活躍するというよりも、資格を踏み台として活していく道です。最後に、独立開業をする方法があります。通所リハビリテーションや資格学校を設立します。経営者は、リスクが高くて難しいことですが、理想的な施設や目指したいサービスがある方には挑戦する価値がある道です。

気になる将来は?

高齢化社会において、老人の生きがい作りや痴呆防止などを目的とした作業療法士の活動が期待されています。すでに老人のデイケアセンターなどの通所でその活動にあたっている人もいますが、今後そういったニーズはますます高まり、その数はさらに増えていくでしょう。また養護学校や小児科病棟、幼稚園や保育園などの子どもに対し、社会性を養うため、そして日常生活力を身につけるための指導員としての活動も期待されています。

作業療法士講座・スクール比較

作業療法士学校の一覧

試験データ

項目 内容
資格・試験名 作業療法士
試験区分 国家資格
主催団体 厚生労働省
受験資格 (1)大学入学資格を持つ者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において、3年以上作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの
(2)外国の作業療法に関する学校もしくは養成施設を卒業、または外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの
合格率 79.7%
平成24年試験
出題内容・形式 (1)筆記試験
ア.一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法
イ.実地問題
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法

(2)口述試験及び実技試験 (※点字試験受験者のみ)
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について出題。
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法
検定料 10,100円
問い合わせ先 作業療法士国家試験臨時事務所

〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目20番5号
電話番号:03(5200)5859

作業療法士の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 北海道・東北 関東 関西

おすすめスクールレポート