資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

ネットワーク

ネットワーク

コンピュータに関わる唯一の国家試験である「情報処理技術者」試験の13分野のうちの一つ。コンピューターネットワークは、今や社会のあらゆる部分で電気や水道と並ぶ重要なインフラとなりつつあります。

ネットワーク資格ガイド どんな仕事?

企業活動の生命線とも言うべきネットワークについて設計・構築・維持・管理を行うのがネットワークエンジニアの仕事。主にネットワークコンサルタント、設計構築エンジニア、運用管理エンジニアに大別されます。未経験者は、ネットワークシステムの構築後の維持管理、メンテナンスなどの運用・保守をから経験するケースが多く、その後構築・設計、プロジェクトマネージャー、コンサルタントとキャリアアップをしていきます。

活躍の場

急激なIT化を迎え、コンピュータネットワークはあらゆる企業で欠かせない存在になっています。担当するネットワークは企業内LANから銀行ATMまで非常に幅広くあり、とどまることを知らないIT技術の進歩に常に対応できる高い技術者は万年人手不足の状態。就職先はソフトウェア関連会社、各企業のシステム関連部署などがありますが、高度な技術と知識を持ったエンジニアはあらゆる場面で活躍できるでしょう。

必要な知識とスキル

ネットワーク、OS、セキュリティーの知識が必要。ネットワーク設計・構築のために必要なシスコを中心とするネットワークベンダー、通信事業者、工事担当者との連携が必要であるため、折衝ノウハウも重要となってきます。とっておきたい資格として国家資格であるネットワークスペシャリスト試験、LPIC(Linux)、CCNA、CCNP(シスコ認定資格)、LPIC(Linux)、MCP(マイクロソフト認定資格)などがあり、とくにCCNAは必須資格として取得者が増えています。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 シスコ技術者認定
試験区分 民間資格
主催団体 シスコシステムズ 東京本社
受験資格 特にありません。
※キャリアレベルに合わせて受験レベルと分野を選んで受験します。(一部下位資格取得の条件あり)

■試験レベル
・エントリー:CCENT と CCT の両認定は、ネットワーク テクノロジーのキャリア構築を目指す方のスタート地点となります。
・アソシエイト:シスコ技術者認定全般の最初のステップ。ネットワークの導入、運用、トレブルシューティングに関する CCNA 認定資格、またはネットワークの設計に関する CCDA 認定資格を取得を目指します。
・プロフェショナル:シスコ技術者認定の中級レベルとなるのがプロフェッショナル レベルです。業務に必要な専門知識に応じて、認定トラックが設けられています。
・エキスパート:Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE) は業界において上級のネットワーク認定として、世界各国で認められています。
・アーキテクト:Cisco Certified Architect は、シスコ技術者認定(Cisco Career Certification)における最高水準の認定です。グローバル組織における複雑化するネットワークをサポートする能力や、ビジネス戦略をより効果的かつ革新的なテクノロジー戦略につなげる能力を認定します。
合格率 非公表
出題内容・形式 ■試験形式:コンピュータを使った多岐選択式。(一部記述)

■試験内容
CCNA(アソシエイト)の場合
WANでのリモートサイト接続の実装と確認を含め、中規模ルーテッドネットワークおよびスイッチドネットワークの導入や設定、運用、トラブルシューティングを行うための知識が問われます。
検定料 レベル・分野によって異なる。
問い合わせ先 シスコシステムズ 東京本社
〒107-6227 東京都港区赤坂9−7−1 ミッドタウン・タワー
TEL:03-6434-6500

※認定試験の予約や会場等について
ピアソンVUE
http://www.pearsonvue.com/japan/IT/oracle_index.html
TEL:0120-355-583
平日9:00〜18:00(土日祝日・年末年始を除く)
http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/home.html


ネットワークの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート