資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

ソムリエ・バーテンダー

ソムリエ・バーテンダー

ソムリエは、レストランなどで、お客様の好みや料理との相性を踏まえてワインをお奨めします。一方バーテンダーは、バーでお客様の好みに応じてカクテルを作ります。どちらの仕事も、お客様をいかにもてなすかが腕の見せどころです。

ソムリエ・バーテンダー資格ガイド どんな仕事?

ソムリエは、ホテルやレストランなどで、お客様の好みや予算、料理との相性を踏まえてワインをお奨めします。ワインの品揃えや保管状態にも責任を持ち、産地に出向いて美味しいワインの買い付けを行うことも。一方バーテンダーは、バーでカウンターをはさみお客様の好みに応じてカクテルを作ります。どちらの仕事も、お客様がゆったりとした気分で楽しい時間を過ごせるよう、いかにもてなすかが腕の見せどころと言えます。

活躍の場

ソムリエの場合は、フレンチやイタリアンなどのレストランが主な活躍の場となります。大きなホテルのレストラン部門では複数のソムリエがいる場合もあり、任される仕事や責任の範囲によって、シェフソムリエ、ソムリエ、コミソムリエ(ソムリエ見習)と階級が分かれています。バーテンダーの場合は、バーやレストランなどが主な活躍の場となります。経験を積んだバーテンダーの中には、独立して自分のお店を開く人もいます。

必要な知識とスキル

ソムリエに一番に求められるのは、ワインに関する深い知識。ワインそのものの味わいや特徴を知っていることはもちろん、料理との相性(マリアージュ)もおさえておく必要があります。また、ワインを上手に注ぐ技術も必須。バーテンダーは、何千種類もあるカクテルからお客様の好みに合わせたものを提供するので、カクテルのレシピやその背景にある文化などの知識、シェーキングの技術が不可欠です。どちらの仕事にも共通して求められるのは、お客様の要望・好みにぴったりなものを提供できる力。そのためには、高いコミュニケーション力とおもてなしの心(ホスピタリティ)が欠かせません。

おすすめスクールレポート