資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

リフレクソロジー

リフレクソロジー

リフレクソロジーとは、指の動きで足にある反射区を刺激し、ストレスや肩凝り・腰痛・冷え性などの不調を解消する足裏健康法です。大きく東洋式と西洋式に分かれますが、一般的にリフレクソロジーと呼ばれる場合は西洋式をさします。

資格取得の最短ルートは? スクール、もしくは通信講座で資格取得が可能。

リフレクソロジーには大きく分けて「西洋式」と「東洋式」という2つの種類があることを知っていますか?日本では「英国式リフレクソロジー」が有名です。ちょっと痛くて気持ちいいくらいのソフトタッチの刺激で施術を行う、リラクゼーションや癒しを中心としたマッサージのことです。リフレクソロジーの資格は、すべて民間資格です。各スクールが認定しているものが多いので、資格内容というよりは、スクール全体の価値観で講座を選ぶとよいでしょう。

受講期間は、通信講座だと2ヶ月から4ヶ月で資格取得できるものがあります。通学講座だと最短2.5ヶ月で資格取得できるコースがあります。カリキュラムによっても異なりますので、自分が学びたい範囲を決めましょう。

リフレ講座・スクール比較 リフレクソロジストになるには スクールで学ぶ

リフレクソロジーを歴史的背景や理論などの土台からしっかりと学びたい人にオススメなのが、専門スクールに通う方法です。経験豊かな講師から直接指導を受けることができるので、短期間で効率よく学びたい人にぴったりです。所定のカリキュラムを修了すると、民間資格を取得できる学校がほとんどです。通学期間はコースによってさまざまですが、2〜3か月の短期コースから1〜2年におよぶ本格的なコースまで、目的や生活スタイルに合わせて選択することができます。授業料も30万円程度から100万円までコースによって幅があります。複数の学校の授業時間数やカリキュラムを見て、比較検討してみるといいでしょう。 実技を中心に学びたい人には、リフレクソロジーサロンを経営している企業の直営校(スクール)がオススメです。ある程度の研修を経るとアルバイトとして働きながら学べる学校もあり、現場での経験を早くから積むことができます。また、そのサロンでの就職に有利だというメリットもあります。

通信制講座を受ける

子育てや家事との両立を考えている方にオススメなのが、通信制講座を受ける方法です。通学の必要がないので、時間が空いたときに自分のペースで勉強することができます。こちらも専門学校と同じく、所定のカリキュラムを修了することで、民間資格を取得できることがほとんどです。 最近の通信制講座ではDVDとテキストを併用していることが多いので、写真や文字だけではわかりにくい細かい動きなどもしっかりとチェックすることができます。わからないことが出てきたときのために、受講前に担当者に直接質問できる窓口を設けているかどうか確認しておきましょう。 通信制講座では、実技について直接指導を受けることで効率よくスキル習得されることをおすすめします。たとえば、実技部分についてスクーリングでの対面指導してくれる講座を選ぶと良いでしょう。学費は15万円程度から20万円程度と、専門学校に比べると安価であることが多いです。 リフレクソロジーについてある程度の知識があり短期間での資格取得を目指す人や、逆にリフレクソロジー初心者で、まずは基礎的な部分を勉強してみたいという人にはよい方法と言えそうです。

卒業・修了後の進路は?

リフレクソロジストを必要としている職場は、思っている以上に多種多様です。リフレクソロジーサロンやリラクゼーションサロンはもちろんのこと、整体院や鍼灸院、スパ施設まで、幅広い施設で募集が行われています。 月収は正社員の場合で20万円から24万円くらいのことが多いようです。そのほか指名手当や残業代を含めると28万円ほどになることもあります。土日祝日の来客が多い業界でもありますので、休日は月5日〜8日と少なめの傾向。長く働き続けるためには、健康管理や体力が必須と言えそうです。 施設に就職して実力をつけたあと、独立開業する人が多いのもこの仕事の特徴のひとつです。なかには自宅サロンを経営して年収1000万円を稼ぎ出す猛者もいるとか。リフレクソロジストをライフワークにしたいと考えている人は、将来的にはこういった道を選択肢に入れておくのもいいですね。

リフレ講座・スクール比較 仕事内容 施術から備品の準備、施設の清掃まで幅広い

リフレクソロジーとは、平たく言うと足ツボを刺激することによる健康法です。基本的にはサロンに来てくれたお客さんにリフレクソロジーの知識にもとづいて施術をすることが、主な仕事です。具体的にはお客さんにチェアに腰掛けてもらい、両手を使って足のツボを力強く刺激していきます。 ただし、リフレクソロジストの仕事はけっして施術だけではありません。お客さんに快適に施術を受けてもらうための備品の準備や施設の清掃まで含めてイメージしておくのがよいでしょう。 備品はサロンによって異なるので一概には言えませんが、施術をはじめる前にお客さんに足を洗ってもらうフットバスや施術に使うオイル、足をふくホットタオルの準備などは、ほぼすべてのサロンで必須だと考えておくのが無難です。 お客さんとしてリフレクソロジストの仕事ぶりを見ていると、キレイなサロンで優雅に働くイメージかもしれませんが、実際の仕事は力仕事も多くハードです。もちろんやりがいある仕事ではあるのですが、そういった現実的な面も把握しておくと、働きはじめてからのギャップが少ないかもしれません。

カウンセリングができると重宝される

同じリフレクソロジーを受けにくるお客さんと言っても、その目的は人それぞれ。疲れを取りたいという人もいれば、冷えに悩んで来店する人もいます。お客さんの満足度を上げるには「自分の悩みにきちんとアプローチしてくれている」という感覚を持ってもらうことが大切です。こういった点で、しっかりとした知識をもってカウンセリングに応じられる人材は重宝されるというわけです。 足ツボは、体の各部分とつながっていると考えられています。カウンセリングで必要とされるのは、お客さんの悩みに応じてある箇所を重点的に押したり、生活習慣のアドバイスができるといったサービス。これができると、ワンランク上のリフレクソロジストになることができます。

社員採用の場合は受付や事務作業が加わる場合も

社員としてサロンに採用される場合は、備品の準備や施設の清掃のほか、受付業務や事務作業も仕事に含められることがほとんどです。予約の電話に応対したり、ポイントカードをつけたりといった細かい作業が求められます。勤務期間が長くなると、後輩スタッフの育成や研修の講師を任されることもあるでしょう。また、昇進によって経営的な面でも仕事を任されることもあるかもしれません。そうなると自分だけでなく、周りの状況を常に把握しながら仕事をする必要が出てきます。 将来独立や開業を考えている人には、こういった業務がシミュレーションがわりになります。ただ単に作業をこなすだけではなく、作業の狙いや効果を意識するとよいでしょう。

リフレ講座・スクール比較 向いている人 人と話すのが好きな人

リフレクソロジストの仕事は、お客さん相手の接客業という側面が強くあります。リフレクソロジーの知識や理論にいくら長けていても、お客さんに「このサロンに来てよかったな」と感じさせられることができなければ、一流になるのはむずかしいでしょう。そういった意味では、人と話すことやコミュニケーションをとることが好きな人は、リフレクソロジストに向いていると思います。会話の中でお客さんの本当の悩みを聞き出すことができたり、「誠実に接してくれている」と感じさせて満足度を高めることができたりするからです。 コミュニケーションの能力は、社員として活躍したいと考えている人や、将来独立や開業を考えている人にも必須です。年代も性格も異なるメンバーと一緒にうまく仕事を回していったり、関連企業に営業に行ったりする場面が多くあるからです。コミュニケーション能力といっても、むずかしく考える必要はありません。「学生時代は部活動など、チームで活動するのが好きだった」「友だちとパーティーをしたり、飲み会を開いたりするのが好き」という人は、きっと適性があると思います。 仕事・プライベートの区別なく、いろいろな人と話して意見を交換し合う場を大切にしてみましょう。

体力に自信がある人

リフレクソロジーの施術は、けっこうな体力仕事。フットバスなど大きな備品を運ぶことも多いですし、足ツボは力を込めて刺激することが多いものです。そういった意味では、日ごろからスポーツをしているなどで体力に自信がある人は、この仕事に向いていると言えるでしょう。 とはいえ、スポーツマン並みの体力がないと務まらない仕事というわけではありません。休みの日は外に出て動くように気をつけていたり、ダイエットのために定期的に筋力トレーニングをするように心がけている、という程度で十分です。日ごろから体力づくりを意識しているということが大切なのです。 「ちょっと自信がないかも…」という人は、今からでもこまめに動く習慣をつけるようにしましょう。通勤のときにエレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、家事の合間にストレッチや簡単な筋力トレーニングを行うなどでOKです。

美容や健康への関心が高い人

リフレクソロジーはマッサージのように「ただ気持ちがいい」というものではなく、イギリスにルーツをもつ歴史ある健康法です。また、生活習慣の改善と合わせて長い目で体を健康にしていくことを目標としているので、ふだんから健康への意識が高い人は楽しんで勉強したり、お客さんへのカウンセリングを行うことができると思います。また、リフレクソロジーを受けにくるお客さんの中には、美容効果を期待している人も少なくありません。たとえば「冷えを解消してやせやすい体になりたい」「老廃物を排出して肌をキレイにしたい」といった感じです。そういったお客さんに共感するには、美容への意識が高い人がピッタリだと言えるでしょう。 美と健康はまったく関連のないものではなく、密接につながっているもの。「私はこの分野の専門」と最初から決め込まずに幅広く興味をもって情報収集しておくと、将来思わぬ道がひらけることもあるかもしれません。日ごろからアンテナを高く張って、いざというときに使える情報をストックしておきましょう。

リフレ講座・スクール比較 働きながらリフレクソロジー資格を取得できる? 通信制講座なら無理のない両立が可能

現在別の仕事をもっていて、働きながらリフレクソロジストを目指したい人も多いでしょう。そんな人にオススメなのが、通信制講座を利用する方法です。時間的な拘束の多い専門学校への通学に比べ、通信制講座は自宅で学べますので、自分のペースで勉強を進めることが可能です。しかし「時間が空いた時に」と思っていると、なかなか集中して勉強できないことも多いもの。効率よくリフレクソロジストを目指すために仕事との両立という方法をとったのに、これでは本末転倒です。受講をはじめる前に1日のスケジュールを見直し、どの時間帯を勉強にあてるのか決めておくとよいでしょう。 帰社時間がある程度一定の仕事なら仕事を終えたあとの夜の時間に勉強するのもいいですし、夜遅くまで仕事だという人なら、出社前の早朝の時間を勉強にあてると時間のやりくりがうまくいきそうです。 自分のライフスタイルに合わせて、快適に勉強をはじめられる環境をととのえておきましょう。

研修ありのサロンで未経験からの就職も

現在の仕事を退職してからリフレクソロジストの勉強をはじめられそうだという人には、未経験可のサロンに就職し、そのサロンの研修制度を利用するのもよい方法です。サロンによっては有給で研修を受けられることもありますし、順調に技術をマスターしていければそのサロンに就職するにも有利になります。また、早いうちから現場の空気感を体験できるというメリットもあります。 このルートを選択する場合、基本的にはそのサロンに就職することが前提になります。研修を受ける前にそのサロンの雰囲気が自分に合っているか、長期的に働いていけそうかということをしっかりと検討しておくようにしましょう。

まずは資料や求人を見ながらシミュレーションを

働きながらリフレクソロジストを目指すという方法は金銭的な負担が減る反面、時間の確保が難しいというデメリットもあります。資料や求人の内容を見ながら勉強のスケジューリングを慎重に行うことが、この方法で成功する鍵となります。スケジューリングをするときには、実際の受講時間のほかに予習や復習の時間も設けておくことが大切です。リフレクソロジーの予備知識がないという場合は特に、知識を自分のものにするために余裕をもった計画を立てておきましょう。カリキュラムを見ながら、実際にスケジュール帳に予定を書き込んでみるのもオススメです。家事や睡眠などの時間を含め、無理なく勉強を進められる方法を見つけてみてください。 スケジュールを作成するときには、「息抜きの時間」を意識的に設定することがポイント。勉強の時間でぎっしり埋めてしまうと、スケジュールを見ただけでも気が滅入ってしまいます。適度にリフレッシュしながら、自分に合ったスケジュールを立てるようにしてください。

リフレ講座・スクール比較 リフレクソロジストの給料・年収分析 リフレクソロジストの平均年収

リフレクソロジストの平均給与は、正社員になると月収20万円台の前半です。ボーナスを含めた年収では、350万円が目安になります。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、リフレクソロジストの年収は、日本人の平均年収よりも低い水準であることがわかります。 ただし、勤務する地域や職場によって、給与水準が異なる仕事だと言われています。首都圏エリアや京阪神では、平均年収よりも高い水準ですが、地方都市になると平均年収以下になります。また勤務先の規模によっても、給与水準は異なります。大手チェーン店や人気のリフレクソロジー店では、高くなる傾向があります。

職場による違い

リフレクソロジストの就職先としては、リフレクソロジー専門のサロンをはじめ、クリニックやエステサロン、整体院、ホテルなどがあります。最近では、デイケアなどのリハビリや介護施設での仕事も増えてきています。それぞれの就職先によって、給与体系は異なります。全体的な傾向として、個人経営の店舗・施設は給与水準が低くなります。あくまでも目安ですが、200万円台前半〜250万円が相場の年収です。 一方で、大手・グループ経営をしている場合は、給与水準も高くなり、家賃や通勤、資格手当などが充実しています。総額で言えば、年収400万円は超えます。また都心部の人気店舗で店長や管理職に昇格していけば、年収1000万円前後を得られる可能性もあります。

リフレ学校の一覧

  • 自然療法の国際総合学院 IMSI

    自然療法の国際総合学院 IMSI

  • ヒューマンアカデミー/通学

    ヒューマンアカデミー/通学

  • メディックス・ボディバランスアカデミー(東京御茶ノ水)

    メディックス・ボディバランスアカデミー(東京御茶ノ水)

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

    ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

  • 英国IFR・JHRS公認校 日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】/通学

    英国IFR・JHRS公認校 日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】/通学

  • 英国IFR・JHRS公認校 日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】/通信

    英国IFR・JHRS公認校 日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE】/通信

  • YMCメディカルトレーナーズスクール

    YMCメディカルトレーナーズスクール

  • ウィルワン整体アカデミー

    ウィルワン整体アカデミー

  • 東京MTC学院

    東京MTC学院

  • 東京療術学院

    東京療術学院

  • 資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパン

    資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパン

  • リラックス院 整体教室

    リラックス院 整体教室

  • グローバルボディケア総合学院

    グローバルボディケア総合学院

  • ボディリラクゼーション専門学院 / 立川校

    ボディリラクゼーション専門学院 / 立川校

  • フスウントシュー インスティテュート(ドイツ式足と靴の学校)

    フスウントシュー インスティテュート(ドイツ式足と靴の学校)

  • リラクゼーショントレーナー学院ジャパンスパトリートメントカレッジ

    リラクゼーショントレーナー学院ジャパンスパトリートメントカレッジ

  • ソフィア整体アカデミー

    ソフィア整体アカデミー

  • froリラクゼーションスクール吉祥寺

    froリラクゼーションスクール吉祥寺

  • あしカラダ トレーナーズスクール

    あしカラダ トレーナーズスクール

  • JREC日本リフレクソロジスト認定機構

    JREC日本リフレクソロジスト認定機構

  • JREC日本リフレクソロジスト認定機構スクール部門

    JREC日本リフレクソロジスト認定機構スクール部門

  • そくゆセラピースクール

    そくゆセラピースクール

  • ホリスケアアカデミー

    ホリスケアアカデミー

  • 日本予防医療整体学院

    日本予防医療整体学院

  • 北海道リラクゼーションセラピスト養成スクール 札幌校

    北海道リラクゼーションセラピスト養成スクール 札幌校

  • リフレ講座の資料請求

リフレクソロジーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

おすすめスクールレポート