BrushUP学び
初心者からでも一発合格を目指せる!行政書士講座
行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
どん行政書士は法律系資格の登竜門?

会社の設立や自動車免許の更新時などに必要な、許認可申請書類や権利義務・事実証明に関する書類を依頼人に代わって作成し、官公署への提出を代行するのが行政書士の仕事です。
取り扱うことのできる書類は9,000種類を超え、その知識を活かして行政法務に関する相談に乗ることも大切な仕事。近年ではそうした法務コンサルタントとしての需要も高まっています。
企業への就職・転職や開業だけでなく、副業など働き方もさまざま。自分の得意な職種の業界で活かすことで、より幅広い活躍が期待できます。

行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
難易度や働き方の多様さが人気 行政書士の魅力
行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
目的に合わせて最短の合格が目指せる! 受講のメリット
カリスマ講師イメージ 合格に特化した教材とカリスマ講師で効率的に合格が目指せる

出題範囲が広いため、学習のスケジューリングが合格のカギを握っています。受験指導のプロである講師の講義で「より効率的に理解」することで最短の合格が目指せます。
行政書士試験が関わる法律の法改正の影響もあり、試験傾向は毎年変わります。講座開発で分析や指導に長けたスクールではこういった社労士試験の変化にも強く、毎年安定して合格者を輩出しています。

通信・通学メリット ライフスタイルにあわせた講座が選べる

スクールの講座は主に通学や通信に分かれます。同じ目標を持った生徒の中で勉強する通学講座はモチベーションを保つのに最適。また、生の講義を受けながら疑問点を都度解消できるので、しっかり学ぶことができます。通信講座では働きながらでも自分のペースで場所を選ばず学べ、繰り返し受講ができるなど通学にないメリットも。コースの種類も1年かけてじっくり学ぶものや、直前に短期集中で対策するものがありますので、ライフスタイルや目的に合わせて選べます。
また、教育訓練給金対象の講座などもあり、制度を利用すれば受講料の最大20%(上限10万円まで)が支給されます。お得に学ぶことができるので、スクールのパンフレットなどで詳細をチェックしてください。

行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)

通信の行政書士講座一覧

チェックの入っている講座の資料が届きます
学校名講座名費用・期間資料請求
【行政書士】プレミアム本科生[通信]
資格の学校 TAC(タック)/通信講座
費用236,000円
期間約11ヶ月
【通信】行政書士【安心合格】講座
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用221,500円
期間約6ヶ月
【来年受験向け】行政書士ForYou合格完成コース
通信講座ネバギバ
費用262,240円
期間約14ヶ月
【返金保証有】行政書士合格講座 2021年度対策【Web通信】
通信教育のフォーサイト
費用73,480円
期間約6ヶ月
【2020年合格目標】 行政書士スピードマスターSコース
資格合格を目指すならクレアール/通信
費用50,000円
期間約5ヶ月
過去9年間で2,831名が合格!行政書士講座[OS]
生涯学習のユーキャン
費用63,000円
期間約6ヶ月
2021年受験対策 行政書士入門合格コース[Web通信]
資格の大原/通信
費用189,800円
期間約12ヶ月
[時間の達人シリーズ ]行政書士30合格コース
資格の大原/通信
費用84,800円
期間約6ヶ月
2021年受験対策 行政書士入門合格コース[DVD通信]
資格の大原/通信
費用209,800円
期間約12ヶ月
目的に合わせて最短の合格が目指せる! 受講のメリット
  • 受験資格

    学歴、年齢、国籍、経験を問わず誰でも受験することができます。

    合格率

    2019年度の合格率は11.5%。年によってばらつきがあり、7~10%台で推移しています。
    合格率は低いですが、これは受験資格がないため、しっかり対策せずに試験に臨む方の割合が多いからだと考えられます。

    試験内容

    試験形式 「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式(40字程度)、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式。
    試験科目 ・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
    憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、平成24年4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
    ・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14台)
    政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

  • 合格基準点

    以下の要件を全て満たした方が合格となります。
    (1)行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が122点以上。
    (2)行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が24点以上。
    (3)行政書士試験全体の得点が(300点満点中)180点以上。
    ※合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置が加わることがあります。

    試験を免除される条件

    以下の資格保持者は、試験を免除され行政書士になることができます。
    ・弁護士の資格を有する者
    ・弁理士の資格を有する者
    ・公認会計士の資格を有する者
    ・税理士の資格を有する者
    ・国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が通算して20年以上の者

  • ※2020年6月現在
行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)
活躍の場が広がる! ダブルライセンス

行政書士として活躍できる業務の幅が広がることで、就転職や独立・開業、収入のアップを狙うことができるため、複数の資格を所有するダブルライセンスを取得する方が増えてきました。また、行政書士の業務に活かすことのできる資格が数多くあることも、ダブルライセンス所有者が増えている要因のひとつです。行政書士の資格取得後、業務を行う中で感じた仕事のニーズに合わせて資格を取得する方が多いようです。

行政書士のダブルライセンスとして人気がある資格として、司法書士・宅地建物取引士・土地家屋調査士などが挙げられます。
なかでも司法書士は試験が3科目重複しており、行政書士試験で得た知識を活かすことが可能。
自分の得意分野の業務と関連する資格を取得するケースもあり、組み合わせによってはワンストップでサービスが提供できるため業務拡大が期待できます。

行政書士講座を比較 講座をまとめて資料請求(無料)