資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

宅建資格とは?仕事内容と試験の概要を解説

宅建資格とは?仕事内容と試験の概要を解説

宅建は、正確には「宅地建物取引士」という名称で、宅地建物取引業法(宅建業法)を根拠とする公的資格(国家資格ともいえます)にあたり、資格試験の方は「宅地建物取引士試験(略称:宅建試験)」といいます。
当ページでは、この宅地建物取引士の資格や仕事内容、試験概要について詳しくご紹介します。

更新日:2021-04-13(公開日:2017-09-04)

この記事を監修したのは

宅建講座 講師:大澤 茂雄

宅建講座 講師:大澤 茂雄

この記事のまとめ

  • 不動産契約の国家資格!
  • 受験資格はなし!毎年約20万人が受験!
  • 業務独占資格のため、不動産業で有利!

宅建の要点をわかりやすく紹介!

1.宅建とはどんな資格?

正式名称は「宅地建物取引士」。
公正な不動産取引をおこなうための国家資格。

以下、3つの法定業務があります。

・重要事項の説明
・重要事項説明書への記名、押印
・37条書面(契約書)への記名、押印

合格率は約15%程度。初学者の方でも講座受講などで、より合格に近付けます!
受験資格は制限なく、どなたでも受けられます!

【YouTube動画】
[約1分で解説]宅建とは?

2.宅建を活かせる仕事とは?

仕事1
宅建士は「3つの法定業務」が用意されていますので、不動産業の土地や建物の売買契約や賃貸物件の仲介の際に活躍することができる!

仕事2
金融業界では、不動産に関する正しい知識や鑑定・評価能力が求められる「不動産を担保にした融資業務」などで活かすことができる!

関連記事:
宅建士の仕事内容を解説!宅建資格を活かせる業界とは?

3.宅建を取得するメリットは?

メリット1
不動産会社は従業員の一定数を宅建士としておかなければならないため、就・転職に有利!

メリット2
資格手当が付くことも多く、収入UPも期待できる!

メリット3
不動産取引のプロとしての知識が身につき、自分で不動産を取得する際の不安もなくなる!

関連記事:
宅建(宅建建物取引士)の給料・年収やメリットについて

4.宅建試験の"プロ"が解説!2021年宅建試験のポイント・対策!

学習時間はあくまでも目安です。
宅建試験に本気で合格を目指したい方は、スクールへの通学や通信講座がおすすめです。
【おすすめの理由】
・法改正など最新の試験情報に対応している
・蓄積された合格ノウハウにより効率よく学ぶことができる

【講座診断】あなたに合った受講スタイルがわかる!

設問に応えていただくと、通学講座と通信講座のどちらが適しているのかを診断することができます。
ぜひお試しください!

あなたに合った受講スタイルがわかる!

通学講座・通信講座
受講スタイル適性診断

Question

朝、目覚まし時計のアラームは2回以上かける

宅建講座・スクール比較

関連記事:
宅建士(宅地建物取引士)取得までを動画でわかりやすく紹介!

宅建とは?詳しく紹介!

「宅建」は、正しくは「宅地建物取引士」という名称で、「宅地建物取引業者」で働く場合に必須とされる資格です。
宅地建物取引業者とは一般的に不動産会社・不動産業者と呼ばれており、自ら売主として土地やマンションなどの建物を分譲したり、中古不動産の売買の仲介(媒介)や賃貸物件の仲介(媒介)などをおこないます。

安心して不動産契約をおこなうために必要
一般に、マンション購入などの不動産取引は高額になることが多く、また不動産取引を何度も経験して慣れている方はそう多くはないため、専門知識や経験のない一般の方たちは宅建業者と比べると弱い立場になることがあります。
そのような情報格差を防ぐため、宅建業者は不動産取引に際して、不動産取引のプロである宅建士を介在させなればなりません。

宅建の法定職務

宅地建物取引士は宅地建物取引業法に基づいて定められている公的な資格で、宅地建物取引において購入者等の利益の保護を優先し、公正かつ誠実な取引を実現するために、法に定めた職務をおこなう不動産取引の専門家です。
宅建業者(不動産会社)は、買主や借主となる消費者に対し、その売買契約や賃貸借契約を締結する前に、宅建士をして「重要事項説明書」を交付して説明させなければなりません。

素人ではわからない重要事項を説明
日常生活でよく取引をする商品であれば、消費者側も知識があるため注意深く観察することである程度の状態を把握することができますが、土地や建物の場合、その状態や権利関係など、外から軽く見ただけでは判断できないことが多くあります。
たとえば、法的な所有者は誰なのか、実際の土地建物の状態、大きさ、設備、法的な制約や制限(例:建て替えができるのかどうか)、抵当権等の設定など、購入や賃貸の決断をするために必要となる「重要事項」が数多くあり、その重要な事項を説明するのが宅地建物取引士の仕事です。

重要事項の説明・重要事項説明書の記名・押印は宅建士のみ
重要事項の説明は、宅地建物取引士以外はおこなうことはできず、説明をする際には、事前に宅地建物取引士証を提示する義務があります。
更にこの重要事項説明書への記名・押印、本契約に進んだ際の契約書への記名・押印も宅地建物取引士にしかできない仕事です。

宅建はどんな業界で活かせる?

多くの宅建士が活躍しているのは不動産業界(宅建業者)です。
一般的に不動産会社、不動産業者などと呼ばれておりますが、法的な名称は宅地建物取引業者(宅建業者)です。不動産の分譲や、売買や賃貸借の代理・媒介でおこないます。

不動産業以外でも活躍の場がある
金融・小売・建築業界など、他の業界にも活躍の場があります。
金融機関であれ不動産を担保に融資をおこなう時に不動産取引に関連する専門的知識が必要となりますし、立地が売上を左右するコンビニなどで出店担当者が不動産取引のプロフェッショナル知識を持っていれば大変有利となります。
建築会社であれば自社で建築した完成物件の販売の面で、宅建業者との交渉の際にその知識が役立ちます。

関連記事:
宅建士の仕事内容を解説!独占業務や宅建資格を活かせる業界とは?

宅建講座・スクール比較

宅建が人気の理由

需要が高い

宅建士の資格があることで、不動産、金融業界などへの就・転職の際に有利になる可能性があります。
中でも宅建業(不動産業)などでは、宅建士を一定数雇用しておかなければなりません。
それが需要の高さの理由の一つと考えることができるでしょう。
また、宅建士試験での出題内容は、よく見聞きするような生活に身近でなじみのある用語もあります。

不動産の知識を得るために取得を目指すケースも
不動産を所有している方やこれからマイホームを購入される予定のある一般の方が、不動産に関する知識を得るために資格取得を目指すというケースもあるようです。
公的な資格(国家資格)のなかでも受験がしやすい点も人気の高さを後押ししている理由かもしれません。

年収が上がる

宅建士の資格を取得することで、宅建業者(不動産会社)にお勤めの方は、資格手当を得ることができる可能性があります。
資格手当の額ですが、おおよそ1~5万円程度というように幅があるようです。

資格手当は企業により異なる
単純計算ではありますが、仮に1万円の資格手当が毎月現在の給与にプラスになる場合は年12万円増、5万円の資格手当の場合は年60万円増という計算になります。
必ずと断言することはできませんが、資格手当で年収が上がる可能性はあるため、宅建の資格を活かせる企業にお勤めの方には資格の取得をオススメします。

宅建講座・スクール比較

宅建の試験内容・出題範囲について

不動産に関する法律や税制、宅建取引士の免許や報酬、その年の統計資料などについて幅広く問われます。
出題形式はすべて四肢択一のマークシート形式で、1問1点で50問出題される50点満点です。
試験の問題は、「宅建業法」、「法令上の制限」、「権利関係」、「税金その他」の4つの科目から出題されます。

「宅建業法」に関する出題

宅建取引士として必要な知識の要ともいえる「宅建業法」は特に比重が大きく、例年50問中20問出題されます。
(実施年によっては出題数が異なる場合があります。)

点が取れないと合格が難しい
宅建業法は宅建に関しての定義、法律、免許や報酬などを学ぶ科目で、他に比べて簡単で点数も取りやすいといえます。
満点を狙うくらいの意気込みで確実に学習をし、得点できる得意分野にすることで合格が近付くと言っても過言ではありません。
逆にいえば宅建業法で点数が取れないと合格が難しいということでもあります。

「権利関係」に関する出題

「権利関係」に関する出題数は例年14問ですが、民法や借地借家法など難しい問題が多いため点数が伸びず、多くの受験生が苦手とする科目です。

単なる暗記では解けない
単純に暗記だけでは解けない問題が多く、事例問題も多く出されるので、しっかりと読んで判断する時間も力も必要になるためです。
しかし、配点も大きいため、苦手だからと諦めることはせず、十分に時間を取り、重点的に勉強することが必要になります。

「法令上の制限」と「税金その他」に関する出題

「法令上の制限」と、「税金その他」に関しては例年8問ずつの出題となります。

「法令上の制限」
「重要事項の説明」においても対象となる「都市計画法、建築基準法その他の法令に基づく制限」で、政令で定めるものに関する事項の概要です。
土地を購入、造成、建築物を建てるそれぞれの段階に存在する法律を学びます。
よく耳にする「建築基準法」などもこれに含まれます。

「税金その他」
固定資産税、不動産取得税、所得税、印紙税、登録免許税、贈与税などの税金に関する問題と、住宅金融支援機構、不当景品類及び不当表示防止法、土地、建物、不動産評価基準、地価公示法などを学びます。
また一年に一度発表される統計資料に関しても1問出題されます。

5点免除の制度について

宅地建物取引士の試験には5点免除となる制度があります。
すでに宅地建物取引業に従事している方のみが受けられる制度で、該当する方は宅建登録講習を受け、修了試験に合格することで、受験の際に解答する問題数が45問となります。
(受験時間も10分間短縮。)

5点免除は3年間有効
免除された5点はすべて正解として点数に含まれるため有利になるといえます。
なお、3年間の有効期限があり、修了試験に合格した日から3年以内に実施される宅建本試験において毎年問題の一部(問46~問50にあたる5問)が免除されることになります。
この宅建登録講習は講習を受ける機関によって異なりますが、12,000円~18,000円ほどの費用がかかります。

宅建試験の詳細については、下記のサイトをご確認ください。
一般社団法人 不動産適正取引推進機構「宅建試験」

宅建講座・スクール比較

宅建試験の難易度

次に難易度です。国家資格試験の中での難易度では中程度だといわれています。
難関といわれる国家資格を合格率で比較していくと、

各資格の合格率
・行政書士(約5%)
・一級建築士(約5~10%)
・不動産鑑定士(約7~12%)
・税理士(約8~15%)
・技術士、情報工学(約10~13%)
・社会保険労務士(約10%)

となっており、宅地建物取引士の方が15~17%程度とやや合格率が高いともいえるでしょう。
とはいえ、その合格率は毎年15%程度ですので、学習をせずに運で受かるほど簡単な試験ではありません。

宅建の合格率・合格基準

宅建試験では明確に「何点取れば合格という点数」が設定されていませんが、毎年ほぼ合格率は15%程度となっています。
また、毎年同程度の合格率であることから、合格率を基準としてその年の合格基準点が決められているものと予想されます。
そのため、年度ごとの試験問題の難易度によって合格基準点は変動するものと考えられます。

以下は直近10年の宅建試験の合格率・合格点です。

試験年度合格率合格点
令和2年17.6%38点
令和元年17.00%35点
平成30年15.60%37点
平成29年15.60%35点
平成28年15.40%35点
平成27年15.40%31点
平成26年17.50%32点
平成25年15.30%33点
平成24年16.70%33点
平成23年16.10%36点

上記の表をみると、大体36~38点以上を得点できれば、合格できる確率は高いともいえそうです。

関連記事:
宅建の合格率・合格点とは?難易度や試験範囲・内容について解説

宅建講座・スクール比較

試験に合格したら宅建士証の交付を受けよう

都道府県に対し登録手続きをおこなう

試験に合格しただけでは、すぐに宅地建物取引士になることはできません。
試験合格後は欠格事項に該当しない方が、いくつかの条件を満たした後に合格した都道府県に対して登録手続きをおこない、登録終了後に別途宅地建物取引士証の交付を受けることが必要となります。
宅建士として働くことを目指されている方は忘れずに登録をおこないましょう。

有効期限は5年だが、無期限有効
宅地建物取引士証は5年の有効期限がありますが、登録は一度おこなうと登録消除処分事項に該当しない限り一生有効となります。

宅地建物取引士の登録の詳細については、下記のサイトをご確認ください。
国土交通省「宅地建物取引士の登録について」

宅建講座・スクール比較

まとめ

ここまで宅建とは何か、試験の内容や合格率から勉強の仕方までをお話してきました。
国家資格としては中程度でも一般の資格試験と比較すると合格率も低めで、特に初学者の方にとっては簡単な試験ではありませんが、正しく確実な学習を積み重ねれば、誰でも合格を目指せる資格です。
一度合格・登録すれば一生ものの国家資格、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

>> 宅建の通信講座を探す
>> 宅建のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 神奈川 / 大阪 / 京都 / 兵庫 )
>> その他のエリアで探す

監修者プロフィール

この記事を監修したのは

大澤 茂雄 氏

宅建講座 講師:大澤 茂雄

1986(昭和61)年、日本大学法学部卒業。
1987(昭和62)年に宅建試験に合格。
1989(平成元)年に大手資格専門学校にて宅建士講座を担当。
講師歴は30年を超える。
主催する『宅建ダイナマイト合格スクール』で、「おーさわ校長の宅建受験講座★バブルの香り」を運営。
宅建試験の問題集などをはじめとした著書も多数。

【宅建ダイナマイト合格スクール】
大澤 茂雄氏を中心に運営されている宅建受験講座団体。
2004年(平成16年)に結成。
宅建ダイナマイト受験倶楽部から、2012年(平成24年)に「宅建ダイナマイト合格スクール」に名称変更し、現在に至る。
わかりやすい講義で人気を博している。

宅建ダイナマイト合格スクール

よくある質問

Q.宅建(宅建士)の試験はいつ?

A.

毎年10月の第3日曜日に全国の会場で一斉に行われます。

関連記事:
最新の試験日や申込方法を知りたい方はこちら

Q.宅建(宅建士)の難易度や合格率、合格点は?

A.

宅建士資格は国家資格の中での難易度としては「普通程度」といわれますが、合格率は約15%と高くはありません。
合格点は31点の年もあれば38点の年もあり、合格に必要な点数(合格基準点)の設定はありません。

関連記事:
宅建試験の合格基準はどうやって決まる?

Q.宅建は独学で合格できる?

A.

独学でも合格することは可能です。
しかし、合格率が約15%と簡単に合格できる資格ではないため、本気で合格を狙う方は、学習方法について検討する必要があります。

関連記事:
独学に必要な学習時間や勉強方法をチェック

Q.宅建士の年収はどれくらい?

A.

宅建士として前線で働いている場合は年収約350~550万円となっています。

関連記事:
年齢別や役職別の年収を知りたい方はこちら

Q.宅建の仕事内容や活かせる業界は?

A.

宅建のお仕事は重要事項の説明など3つの法定業務があり、不動産業の土地や建物の売買契約、賃貸物件の仲介の際に活躍することができます。
また金融業界でも「不動産を担保にした融資業務」などで活かすことができます。

関連記事:
宅建士の仕事内容や活かせる業界を詳しく知りたい方はこちら

試験データ

項目 内容
資格・試験名 宅地建物取引士
試験日

【令和2年度 宅地建物取引士試験】
2020年10月18日(日)

試験区分 国家資格
主催団体 国土交通省
受験資格 特になし
合格率 15~17%程度
出題内容・形式 出題形式
四肢択一、50問の筆記試験。

試験の内容
 1)土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
 2)土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
 3)土地及び建物についての法令上の制限に関すること
 4)宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
 5)宅地及び建物の需給に関する法令および実務に関すること
 6)宅地及び建物の価格の評定に関すること
 7)宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること
検定料 7,000円(非課税)
問い合わせ先 (財)不動産適正取引推進機構
http://www.retio.or.jp/
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-21第33森ビル3F
財団法人不動産適正取引推進機構 試験部
TEL(03)3435-8181

宅建士(宅地建物取引士)の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

さらに詳しく

最新情報

宅建士(宅地建物取引士)の関連資格
宅建士(宅地建物取引士) 土地家屋調査士 マンション管理士 不動産鑑定士 管理業務主任者 測量士・測量士補

関連特集

宅建学校の一覧

おすすめスクールレポート