資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

宅建は独学で合格できる!?宅建のおすすめの勉強法や必要勉強時間、合格スケジュールについて解説

何か資格を取ろうと思ったとき、通信教育や資格講座などを見てみると、必ずと言っていいほど人気の講座ランキングの上位にランクインしている「宅建」。
正確には「宅地建物取引士」という名称の宅地建物取引業法(宅建業法)に基づいた公的な資格(国家資格ともいえます)で、毎年幅広い年齢層の受験者が20万人前後も挑戦しています。
合格率は15%程度で、公的な資格としての難易度は中(普通)程度とされますが、この資格試験には独学で合格できるものなのでしょうか。
今回はこの宅建について、勉強時間やスケジュールの組み方、何に重点を置いて勉強すべきかなど、独学で宅建試験合格を目指すためのお話をしていきます。

更新日:2020-11-05(公開日:2019-02-12)

独学で宅建試験に合格できる?

宅建士(宅地建物取引士)_learning

独学でも合格できるが、初学者には難関資格
「独学で宅建の試験に合格できるのか」という疑問を持つ方は多くいらっしゃいます。
結論から申し上げますと、独学でも合格することは可能です。
これまでの宅建合格者の中にも独学で試験を受け、合格を勝ち取ったという方もいらっしゃいます。

しかし、合格率が15%ほどなので、簡単に合格できる資格ではなく、初学者の方は「難関資格」という認識を持ったうえで学習に臨むといいと思われます。

学習以外の負担もある
また、独学の場合、テキスト選びから学習計画、わからないことがあった場合の情報収集などのすべてをご自身で実行していく必要があるので、スクールに通うよりも学習以外にやらなければいけないことが増える分負担が大きくなるといえるでしょう。

このページでは独学で合格を勝ち取るために重要なポイントを解説していきます。

宅建講座・スクール比較

独学で宅建に合格するための勉強時間とスケジュール

宅建試験の合格を目指すにあたり、勉強の方法には大きく分けて3つの方法があります。
「スクールを利用する」「通信講座を利用する」「独学で勉強する」の3つです。

どの方法を選ぶかによって勉強時間やスケジュールの組み方が変わってきます。
スクールであれば、あらかじめ決まったカリキュラムに沿って勉強をすることになりますし、通信講座であれば自分の生活スタイルに合わせて学習スケジュールを組む方法を教えてくれたり、自動的にそれを組んでくれるツールが用意されていたりします。

しかし、独学の場合はそういうものが用意されていません。
では、独学で勉強するためにはどれだけの時間が必要で、どういうふうにスケジュールを組めばいいのでしょうか。

また、独学の場合はどれくらいの勉強時間を見込めばいいのかも合わせて考えていきます。

合格に必要な勉強時間

宅建試験合格のための勉強時間と言っても、まず勉強の環境が独学なのか、スクールや通信講座を利用するかなどで異なりますが、今回は独学でのお話をしていきます。

およそ250~300時間が必要
通信教育校などのホームページを見ると、独学で合格を目指すためには250~300時間の勉強時間が必要であると考えられています。
中には100時間で合格したという方もいますが、通常はこの時間で合格することは難しいでしょう。

いくつかの理由は考えられますが、大きな要因の一つに「集中してまとまった勉強時間が取れる人」と「通勤中の電車の中や、寝る前の短時間など隙間時間で勉強する人」の違いがあると考えられます。
隙間時間であっても長い期間をかければ同じだけの勉強時間を確保することはできますが、どうしても学生や専業主婦の方などに比べると勉強時間が細切れになり、集中できる時間が長くないために中途半端に勉強を中断することが多くなります。
その結果、以前やったところでも読み直しが必要になったり、忘れてしまったりして余計に時間がかかってしまうのではないでしょうか。
先ほどの100時間で合格した方も学生でした。

学生・主婦の合格率が比較的高め

近年の合格率を宅建合格者職業別で見てみると、宅建士として直接関係する不動産業に従事している方よりも、学生・主婦の合格率が高くなっています。
中でも主婦の合格率は20%を超えることが多く、その傾向が顕著に出ていると考えられます。

これらのことから、宅建の勉強はただ勉強時間を確保するというだけでなく、いかに効率的に、効果的な学習ができるかが合格を目指す上で大切だと言えます。

スケジュールを組む

先ほど独学での勉強時間は大体250~300時間というお話をしましたが、インターネット上で見る限り独学で合格された方の勉強時間の平均は250時間ほどでした。
この250時間を確保するために必要な期間を1日の平均勉強時間で計算し、2021年10月17日の試験から逆算してみると、下記のようになります。

【試験までの学習時間300時間の場合】
・1時間の場合:10ヶ月(12月中旬頃から)
・2時間の場合:5ヶ月(5月中旬頃から)
・3時間の場合:4ヶ月(6月中旬頃から)
・4時間の場合:3ヶ月(7月中旬頃から)
・5時間の場合:2ヶ月(8月中旬頃から)
※初学者の合格までの平均学習時間:200~400時間

余裕を持った学習計画を立てる
しかし、あくまでこれは単純計算であり、平均値です。
前述のとおり隙間時間での勉強の場合は、少し余計に時間が必要になる場合もあります。
また、残業や体調不良、急用などで計画通りに勉強ができない日もあるでしょう。
それぞれの生活に合わせ、余裕を持った学習計画を立てることが必要です。

宅建講座・スクール比較

宅建の試験範囲と注力科目

試験範囲

次に試験範囲です。
宅建試験では大きく分けて「宅建業法」「権利関係(民法・特別法)」「法令上の制限」「税金その他」の4項目が出題されます。
それぞれ例年出題されることの多い項目は下記のとおりです。

宅建業法
・宅地建物取引業の免許
・宅建取引士制度
・媒介契約
・報酬額の制限
・重要事項の説明等(35条書面)
・契約書面の交付(37条書面)
・宅建業が自ら売主となる場合の制限
・営業保証金
・保証協会
・監督処分・罰則

権利関係(民法)
・制限行為能力・時効
・意思表示(「詐欺・強迫」「虚偽表示」「錯誤」など)
・債務不履行
・代理(「無権代理」「表見代理」「復代理」「自己契約・双方代理」など)
・物権変動
・相続
・共有
・賃貸借契約
・売主の担保責任
・連帯債務
・保証債務
・不法行為
・抵当権

権利関係(特別法)
・借地借家法
・建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)
・不動産登記法

法令上の制限
・国土利用計画法
・都市計画法
・建築基準法
・宅地造成等規制法
・農地法
・土地区画整理法

税金その他
・国税(所得税、贈与税、印紙税、登録免許税などで2問)
・地方税(固定資産税、不動産取得税のいずれか1問)
・地価公示法、不動産鑑定評価基準(ほぼ交互にどちらか1問の出題)
・不当景品類及び不当表示防止法、
・住宅金融支援機構法、
・各種統計
・土地の形質等
・建物の構造等

宅建試験の独学は「宅建業法」と「法令上の制限」、「権利関係(特別法)」を重点的に

宅建試験においては前述の4項目すべてが重要ですが、中でも大きな得点源になるのが「宅建業法」と「法令上の制限」、「権利関係(特別法)」です。
宅建業法は50問中20問、法令上の制限は50問中8問、権利関係(特別法)は50問4問の出題で、合計で出題数の7割近くを占めます。

「宅建業法」の対策

宅建業法の出題は、テキストに載っていることがそのまま出題されることも多く、また、過去に出題された内容と同趣旨での繰り返し出題となりますので、過去問対策をしっかりやっておけば高得点が望めます。
しかし、数字に関する出題も多くありますので、各項目においての暗記には力を入れてください。
中には計算問題も含まれますが、難易度としては小学生の算数程度です。
ただし、電卓の持ち込みが禁止されているので、練習問題の余白などで手書きの計算をすることに慣れておいてください。

点数が取りやすい
上記のことから、宅建業法に関しては出題数が多く、かつ、いちばん点数が取りやすい項目ですので、満点を取りに行くつもりで勉強を進めましょう。

「法令上の制限編」の対策

「法令上の制限」とは耳慣れない言葉ですが、よりよい街づくりのために、不動産の使用に対し「法令」で制限をしていこうという意味内容です。

たとえば、都市計画法では「市街化区域・市街化調整区域」という制度が用意されていて、このうち「市街化調整区域」に指定されたところでは、原則として、建築物の建築や宅地の造成工事をすることができません。
また、「第一種低層住居専用地域」に指定されているところでは、文字通り、低層の戸建て住宅のみの建築が認められています。

受験対策としては、積極的に街に出向き、ぶらぶら散歩をしながら「身体で理解する」ということをおすすめします。

繰り返し出題が多い
宅建業法とおなじく、過去に出題された内容と同趣旨での繰り返し出題が多い項目ですので勉強をすればするだけ得点も伸びていきます。

「権利関係(特別法)」の対策

民法は得点が取りにくい
一方、「権利関係(民法)」は宅建試験の範囲の中ではいちばん受験対策が取りづらく、また、勉強に時間がかかる項目です。
その理由として「民法」は、他の項目と比べると初見問題(過去に出題されていない内容)も多く、過去問対策だけでは得点が伸びなかったりする場合もあります。

特別法は勉強の分だけ得点が取れる
ところが、「権利関係(特別法)」での出題内容である区分所有法、借地借家法は、過去試験と同趣旨での繰り返し出題が多いため、他の項目とおなじく勉強をすればするほど確実に得点をしていくことができます。
ただし不動産登記法は初見問題も多く、労力が報われにくい場合もあります。

宅建試験の詳細はこちら

宅建講座・スクール比較

宅建の勉強方法

参考書の選択

独学で勉強をする場合、参考書やテキストも自分で選ぶことになります。
今は書店だけではなく、インターネットなどでも多くの教材が売られていますので、有名な通信講座校の発行しているものを選んだり、口コミなどを参考に選んだりすることも可能です。
その中でも使いやすい参考書やテキストを選ぶポイントを紹介していきます。

受験業界のプロ講師が著者であるものを選ぶ
著者が宅建取引士資格試験の受験対策講座の講師である場合がいちばん判断しやすいと思います。
その他、弁護士や司法書士など法律の専門家によって書かれているものありますので、まずは書店にて実際に手にとって眺めてみることをおすすめします。

イラストや図解、表などがあるものを選ぶ
解説が文章だけでは想像がしづらく、余計に難しく感じてしまいます。
テキストはできれば中を見て、イラストや図解、表などがあるものを選びましょう。
また自分の好みでフルカラーや2色刷りなど、ぱっと見て見やすいと思うものを選んでください。

文章が読みやすいものを選ぶ
著者と見た目にこだわっても、どうしても自分との相性で、読みやすい文章、読みにくい文章というものがあります。
読んだ時、すんなりと頭に入ってくる文章で書かれた参考書やテキストの方が、勉強がしやすいのは当然です。
ぱらぱらとめくって見た目の印象だけで決めるのではなく、少し内容とその文章を読んでから選びましょう。

過去問はテキストと対になったものを選ぶ
自分が読みやすい、使いやすいと思えるテキストや参考書が見つかったら、問題集もそれと対になったものを選びましょう。
解説の言葉などに違いが出ないため、学習がしやすくなります。
最低5年分、できれば10年分以上の過去問がまとめられた問題集を選びましょう。

また、問題集にきちんと解説がついていることが大切です。
正解不正解だけでなく、どこが違っていたのか、なぜそう考えるのかなどがきちんと解説されているものを選んでください。

過去問を解く

宅建試験において、過去問はとても重要です。
なぜなら宅建試験は「過去に出題された内容と同趣旨での繰り返し出題」が多く、いわゆるひっかけ問題のパターンもおおよそ過去に出題されています。
テキストや参考書を読んである程度の知識を入れたら、早めに「過去問」に手をつけてみましょう。
最初は点数が取れないと思います。
それが当然ですので、気にせずどんどん解いてください。
過去問を解いているうちに頻出の問題はどんなものがあるか、理解が足りておらず何度も間違える部分はどこか、どんなひっかけ問題が多く出されているのかがおのずと見えてきます。

おすすめの方法
この過去問を繰り返し解き直す際に、おすすめの方法があります。
それは「答えは合っていたけれど、正解だと自信がなかった問題」や「間違えた問題」などを自分でしっかり把握しておくための工夫をすることです。

たとえば、解説を読み、もう一度テキストに戻って復習をし、「どこが違っていたのか」と「正しい答え」を手書きで書くなどです。
この3段階の作業が知識定着のために最大限の効果を発揮します。
時間も手間もかけた分、もちろん「面倒だ」と思う自分がいて、その自分との戦いを制することの効果は図りしれません。
間違いなく実力に結びつくのでぜひこれを実行してみてください。

時間を計測する

そして過去問を解く際にもう一つ大切なことがあります。
それは時間を計ることです。

時間配分ができる
最初はあまり気にしなくていいですが、慣れて来たら時間を計って問題を解いてください。
本試験と同じく50問を2時間で解いてみて、自分がどのくらいの速度ですべて解き終わるのか、またどのくらい時間が足りないのかを把握してください。
慣れてくると段々速度は上がっていきますし、そうやって2時間時間を計って集中して問題を解くことで時間配分ができるようになり、本試験の感覚が掴めてきます。
また、先ほどの作業を繰り返すことで、確実に正解率も上がっていきます。

自信と実力に繋がる
過去問をその手順で解くことによって本番での緊張が和らぎ、実力を発揮しやすくなることにも繋がります。

回数に関しては時間の許す限り、解けるだけ何度でも解いてください。
その繰り返した回数は自信と実力になっていきます。

動画を参考にする

最近では独学で宅建試験合格を目指す人に向けて、講義の様子を動画で紹介しているものが多くあります。

無料公開が多い
それらのほとんどは無料で公開されており、科目ごと、項目ごとの事細かな解説やポイントが、スクールなどの講義さながらに紹介されています。
独学でやるとは決めたもののどうしても分かりにくいという場合や、テキストや参考書ばかりでは集中が続かないという時など、普段の勉強と併用して動画視聴をしてみるといいでしょう。

インターネット上に動画を上げている講師は数多くいます。
いくつか動画を見てみて、自分が話を聞きやすく理解がしやすそうなものを選んでください。

通信講座

ここまで独学で合格を目指すためにどんな準備が必要か、どれだけの範囲をどう勉強するかなどお話してきました。
独学は費用がかからず自由度の高い勉強の手段ですが、いくつかのデメリットもあります。

独学のデメリット
「法改正に適正に対応できない」「分からないことがあっても質問する相手がいない」「長期にわたる勉強期間のスケジュールが組みにくい」「モチベーションの維持が難しい」などです。
これらの問題を自力で解決する自信がない場合は「通信講座を利用する」というのも一つの選択です。

通信講座のメリット
独学より若干高くはなりますが、スクールと比べて費用が抑えられ、あらかじめ他者によって決められた講義の時間に合わせて予定を組んだり、通学などに時間を割いたりする必要がありません。
また、通信講座は人によって始める時期が異なるので、生活スタイルに合わせて学習スケジュールを組む方法を教えてくれます。
比較的簡単に計画を立てられるツールが用意されている場合もあります。
もちろん法改正には適切に対応してくれますし、担当講師が質問にも応じてくれます。
一人ですべてやらなければいけないというプレッシャーから解放されれば、モチベーションも維持しやすくなります。

資格取得に特化した通信教育校ですので、時には「ここは捨ててこちらを重点的に勉強すべき」など、試験で点数を取るための方法を教えてくれることもあります。

短期間で合格を目指すといったコースが設定されている場合もあるので、試験までにあまり日数の余裕がない場合も検討してみるのも良いでしょう。

>>宅建の通信講座を探す
>> 宅建のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 神奈川 / 大阪 / 京都 / 兵庫 )
>> その他のエリアで探す
>>宅建取得までのモデルケース紹介(3分動画)

宅建講座・スクール比較

監修者プロフィール

この記事を監修したのは

大澤 茂雄 氏

宅建講座 講師:大澤 茂雄

1986(昭和61)年、日本大学法学部卒業。
1987(昭和62)年に宅建試験に合格。
1989(平成元)年に大手資格専門学校にて宅建士講座を担当。
講師歴は30年を超える。
主催する『宅建ダイナマイト合格スクール』で、「おーさわ校長の宅建受験講座★バブルの香り」を運営。
宅建試験の問題集などをはじめとした著書も多数。

【宅建ダイナマイト合格スクール】
大澤 茂雄氏を中心に運営されている宅建受験講座団体。
2004年(平成16年)に結成。
宅建ダイナマイト受験倶楽部から、2012年(平成24年)に「宅建ダイナマイト合格スクール」に名称変更し、現在に至る。
わかりやすい講義で人気を博している。

宅建ダイナマイト合格スクール

宅建講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

宅建士(宅地建物取引士)の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

GoTo レッスン対象スクール

最新情報

宅建士(宅地建物取引士)の関連資格
宅建士(宅地建物取引士) 土地家屋調査士 マンション管理士 不動産鑑定士 管理業務主任者 測量士・測量士補

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2021年01月18日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2021年01月18日
ITスキルが就職の「最短距離」だ!<DX求人急増中>未経験からIT人材への就・転職 ITスキルが就職の「最短距離」だ!<DX求人急増中>未経験からIT人材への就・転職 2021年01月18日
【2021最新版】育休・産休中はみんな何を勉強している?おすすめの資格10選 【2021最新版】育休・産休中はみんな何を勉強している?おすすめの資格10選 2021年01月18日
体幹を整え美しい姿勢に!美姿勢バランス整体認定1Dayレッスン 【東京・御茶ノ水】 体幹を整え美しい姿勢に!美姿勢バランス整体認定1Dayレッスン 【東京・御茶ノ水】 2021年01月18日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス