資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

日本医療事務協会|開講講座一覧

ジャンル

  • 5

わずか5日で資格取得!

【合格率90.8%の実績】医療事務講座(通学)

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 60,500
  • 期間:約1ヶ月
  • 分割 就職支援
【合格率90.8%の実績】医療事務講座(通学)講座イメージ
  • 資格:「医療事務検定試験」 医療保険制度、患者様応対、医療費計算、請求事務の知識など医療事務全般の基本 ...

<就職を視野に、短期間での資格取得を目指します。>
日本医療事務協会は、初めての病院勤務を目指す方々にとって「本当に必要な講座」とは何かを考え、「実践重視」「短期間」「低価格」をコンセプトとした医療事務講座を開発しました。本講座は就職に必要な実践力の養成を目的としながら、医療事務に興味を持つ多くの皆様にご受講いただけるよう受講にかかる負担を最小限に抑えています。

■コンセプト1 実践重視のカリキュラム
~現場が求めるスキルに的を絞って学習~
職員の採用にあたり病院側が求めているのは、ズバリ現場 ...

教室開催とオンライン開催から選べる!マンツーマンの個別開催もOK!

【受講料10%OFFの特典付き】医療事務講座 無料説明会

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 0
  • 期間:約0ヶ月
  • 分割 土日開講 就職支援
【受講料10%OFFの特典付き】医療事務講座 無料説明会講座イメージ

日本医療事務協会では、医療事務のすべてがわかる無料説明会を開催しています。
お気軽にご参加ください。

【4つの参加方法 】
1 教室開催(日程あり)※予約不要
2 教室開催(個別日程)※要予約
3 オンライン開催(日程あり)※要予約
4 オンライン開催(個別日程)※要予約

【無料説明会でわかる4つのポイント】
1 医療事務のお仕事について
医療事務員として活躍するイメージがつかめる!
医療事務の働き方や仕事内容をご紹介。

2 医療事務講座が選ばれる理由
もう講座選びで迷わない!
実 ...

調剤薬局事務のすべてが分かります!

【説明会参加で受講料10%OFF】調剤薬局事務講座説明会

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 0
  • 期間:約0ヶ月
  • 土日開講 夜間開講
【説明会参加で受講料10%OFF】調剤薬局事務講座説明会講座イメージ

日本医療事務協会では、調剤薬局事務のすべてが分かる無料説明会を開催しています。
説明会に参加すると、説明会割引が適用され、受講料が10%OFFになります。

【当日の内容】
○調剤薬局事務の仕事と魅力:人気急上昇の調剤薬局事務のお仕事。女性の注目を集める理由は?
○講座の特長:わずか3日で確実な資格取得ができる!医療系専門スクールならではのカリキュラムをご紹介します。
○合格保証制度:1年間は授業受け放題!急な用事や体調不良などのアクシデントがあっても安心です。
○就職サポート:3つの就職支援制 ...

介護事務に関する基礎から応用まで学べ、資格取得も可能!

【わずか3日で資格取得!】介護事務講座 通学コース

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 49,500
  • 期間:約0.5ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講 就職支援
【わずか3日で資格取得!】介護事務講座 通学コース講座イメージ
  • 資格:【介護報酬請求事務技能検定試験】 講座修了後、資格試験にチャレンジできます。履歴書の資格欄にも記 ...

★超高齢社会を迎え、介護事務の知識を身に付けた人材が介護・医療の現場から広く求められています★
人口の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、介護福祉施設や介護サービス提供事業所はますます増え続けています。
そこで介護報酬請求事務を担う「介護事務スタッフ」の活躍の場が広がり、介護事務の存在は必要不可欠となっています。近年では、老人ホームや施設以外でも介護保険適用の病院や診療所でのニーズも高まっているお仕事です。

実務で活かす専門スキルを3日間で!介護事務のすべてを効率的に学習!
【即戦力 ...

検定合格率90.8%の大人気講座

【わずか3日で資格取得!】調剤薬局事務講座 通学コース

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 41,800
  • 期間:約0.5ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講 就職支援
【わずか3日で資格取得!】調剤薬局事務講座 通学コース講座イメージ
  • 資格:【調剤報酬請求事務技能検定試験】 調剤薬局での請求事務業務に必要な知識と技能レベルが審査されます ...

★超高齢社会を迎え、調剤薬局事務の知識を身に付けた人材が医療の現場から広く求められています★
人口の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、医療機関にかかる患者様数がますます増えています。
そんな中、厚生労働省が国の方針として「診療は病院で、薬の提供は調剤薬局で」といった「医薬分業」を推進することにより調剤薬局の数が増え、私たちの暮らす街でも多くの調剤薬局を目にするようになりました。
そこで欠かせない調剤報酬請求事務を担う「調剤薬局事務スタッフ」の必要性が高まっています。

3日間でかなえ ...

  • 5