介護福祉士受験対策講座の選び方

資格 取得 トップ > 介護福祉士 > 介護福祉士受験対策講座の選び方

「無駄なく!」「無理なく!」「効率的に!」
介護福祉士の筆記試験対策は通信講座がおすすめ!

介護福祉士試験の受験者はほぼ介護職員又は訪問介護員です。介護職の仕事をしながら試験勉強をしなければならないとことが、介護福祉士取得のためのハードルの一つですね。
無駄なく・無理なく・効率的に勉強したいものです。
ここでは忙しい方でも勉強しやすく、合格率も高い通信講座を中心に解説していきます。

通信講座のメリットと選び方

1. 効率的なカリキュラムでポイントだけ学習

介護福祉士の筆記試験対策通信講座は、標準期間3か月、4か月、6か月と講座の種類によっていくつかパターンがあります。
どの通信講座も短い時間で効率的に勉強できるように工夫されています。例えばテキストだけでわかりにくい部分を動画で解説したり、あえて全部の学習をせず試験対策の重要ポイントだけを勉強したりします。
標準期間が短い講座ほどよりぎゅっと短縮されたカリキュラムになっており、忙しい方や勉強スタートが遅れた方には最大のメリットになるでしょう。
一方で時間に余裕がある方は、あまり急いで勉強しても試験直前まで覚えていられないこともありますので、ペース配分は試験日に合わせて考えましょう。

2. 模擬試験で実力チェック

基本的にどの通信講座でもただ講義DVDを観たりやテキストを読んだりするだけでは合格できません。演習問題は解いて実践力を身に着けることがカギになります。市販の参考書と通信講座の大きな違いはこの模擬試験の手厚さでしょう。「模擬試験を全5回実施」、「全国統一模擬試験を実施」、「会場模試を3回実施」、「在宅での模擬試験が可能」などスクールによって特長が異なるので、魅力的に感じるものを選びましょう。

3. 高い合格実績や、合格保証制度

介護福祉士の通信講座は介護業界で長い実績のある大手スクールが多い傾向にあります。受講者の合格率を公表していたり、合格保証制度付の講座もあるので、参考にしましょう。ただし合格率は目安にすぎず、結局は自分の努力次第です。自分で決めた勉強法で最後まで諦めずに学習しましょう。

講座・スクールを比較して無料で資料請求!

こんな方は通学講座を

短期間で集中的に学習したい方

介護福祉士受験対策の通学講座は10日前後など短期間で勉強できるものもあります。開講していない時期があるなど、近くのスクールに通えるかどうかは状況次第ですが、短期決戦で試験に臨む場合は通学講座がおすすめです。

スケジュールの自己管理が苦手な方

勉強する時間があらかじめ決められてないと学習が捗らない、集中できないという方は、通学講座がおすすめです。自宅以外で勉強することで、家事や雑務に邪魔されず試験勉強だけに集中できます。

介護福祉士の講座資料を請求する

ページ上部へ▲

  • をはてなブックマークに追加

BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.