お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

チャイルドマインダーの仕事内容

> > チャイルドマインダーの仕事内容

2016.07.27
更新

チャイルドマインダーの仕事内容

チャイルドマインダーは親などの依頼者にかわって子供を預かります。チャイルドマインダーの自宅で預かる場合もありますが、お宅に訪問するというスタイルもあります。ベビーシッターや保育士との違い、やりがいにもふれながら仕事内容についてご説明します。

通学講座を探す通信講座を探す

チャイルドマインダーの仕事内容

どんな仕事?

チャイルドマインダーは、英国生まれの家庭保育に関してのスペシャリスト資格です。

仕事内容としては、様々な事情で子供をみることができない時間がある親などの依頼者にかわって、子供を自宅や訪問先で預かります。対象の子供は0歳から12歳までです。

イギリスでは100年以上この制度があり、国家資格となっています。イギリスでは、家庭以外での保育を必要としている家庭の70%以上がこの「チャイルドマインダー」に子供を預けています。

チャイルドマインダー一人につき、年齢によって1〜3人の子供を預かることができます。ベビーシッターと同じように、一人一人の子供にじっくりと向き合えることが特徴の保育スタイルです。

ベビーシッター、保育士との違い

ベビーシッターは、基本的には派遣会社に登録して派遣先のお宅で仕事をしますが、チャイルドマインダーは、自宅を保育室にしたり、訪問するチャイルドマインダーとして開業したりといったことを視野に入れている人が多いです。

また、保育士は、保育園に勤務する場合一人で数十人の子供をみることもありますが、チェイルドマインダーがみる子供の数は1〜3人と少人数です。保育士が国家資格なのに比べ、チャイルドマインダーは民間資格です。国家資格ではないとはいえ、チャイルドマインダーと名乗るには資格が必要ですので、資格はとっておくことが必須です。

ベビーシッター、保育士、チャイルドマインダーのどれをとっても、子供に関する仕事ですので、子供が好きであるなどの必要な資質はあまり変わりません。

チャイルドマインダーの役割

チャイルドマインダーは、子育てをしながらも仕事があったり依頼者自身の病気や兄弟・姉妹の病気などで一時的または定期的に子供を他者に預けなくてはならない人のために子供を預かります。その他、大人数制の一般的な保育よりも少人数制できめ細やかな保育を子供に受けさせたいという親などの依頼者の要望にもこたえます。

まずは安全第一に子供をみることが求められますが、子供一人一人に関わって密度の濃い保育をすることも求められています。また、保育園不足が社会問題となっている現代社会において、チャイルドマインダーは、保育士の資格を持たなくても責任を持って子供をみることができる資格として注目を集めています。

チャイルドマインダーのやりがい

保育士と違い、少人数で保育するスタイルのチャイルドマインダーは、一人一人をじっくりみることができます。その点が、保育士からチャイルドマインダーへ転身する人も多い理由でしょう。

子供が自分といることで楽しんでくれる時、依頼者に再度指名される時、チャイルドマインダーはやりがいを感じるでしょう。子供の成長を間近で見届けることができるのというやりがいもあります。それは、ベビーシッター、保育士、幼稚園教諭などと共通して言えることでもあります。子供の命を預かるということは、責任重大でありながら、喜びややりがいも充分な仕事です。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.