資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(24時間365日)掲載のお問い合わせ

旅行業務取扱管理者の年収・給料をご紹介します。

「旅行業務取扱管理者」とは、旅行会社で国内/海外旅行を販売する上で必要となる国家資格です。
営業所に1名以上の旅行業務取扱管理者を配置することが旅行業法という法律で義務付けられており、旅行会社に必ず必要な資格となります。
そんな旅行会社・旅行代理店にとって必ず必要となる「旅行業務取扱管理者」資格。
こちらの有資格者の給料・年収はどの程度支給されるのかについてご紹介していきたいと思います。
本記事がこれから「旅行業務取扱管理者」資格の取得を考えている方の参考になれば幸いです。

更新日:2021-05-20(公開日:2020-12-28)

旅行業務取扱管理者の年収・給料はどのくらい?

旅行業務取扱管理者の年収・給料をご紹介します。のイメージ

新卒の場合は約20万円前後

新卒の方の場合、任給は平均して約18万円~20万円程度となっているようです。
この金額の内訳には住宅手当や家族手当なども含まれる場合もあります。

資格手当が支給される可能性もある
また「旅行業務取扱管理者」資格を取得していることで別途資格手当が支給される企業もあるようですので、就職活動の際には事前に確認しておくと良いかもしれません。
もちろん、勤務する旅行会社や旅行代理店によって基本給は異なりますので、より良い条件の企業を選定することも重要になってくるのではないでしょうか。

中堅以上は約400~500万円以上になる可能性も

ある程度の年数旅行業務取扱管理者として勤務し経験を積んでいくことで年収は400万円~500万円、役職次第では500万円以上になる可能性もあります。

追加で手当が支給される場合もある
学歴や年齢、就職先の規模、添乗業務(企画したパッケージツアー等に同行し旅程を管理する業務)を実施した際に「旅行業務取扱管理者資格」を保有している場合、企業によっては追加で手当が支給される場合もあるようです。
そのような点をふまえると、「旅行業務取扱管理者資格」の取得は重要になってくるかもしれません。
また経験を生かして独立開業しさらに年収の増加を狙うことも可能です。

まとめ

「旅行業務取扱管理者」の給料は新卒の場合約20万円前後が平均となっていることがわかりました。
そこから経験を積んでいくことで、年収は約400万円~500万円ほどまで上がっていく傾向となっているようです。
資格を保有していることで重要な役職に就ける可能性もありますので、「旅行業務取扱管理者」資格の取得は重要になってくるのではないでしょうか。
また、独立開業などを行い、約500万円以上の年収を得ることも不可能ではないようです。

旅行業務取扱管理者の資料請求

通信講座から探す

さらに詳しく

旅行業務取扱管理者の関連資格
旅行業務取扱管理者 ツアーコンダクター フライトアテンダント ホテルビジネス 観光ビジネス カジノディーラー

おすすめスクールレポート