お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

税理士の給料・年収分析

> > 税理士の給料・年収分析

2016.07.05
更新

税理士の給料・年収分析

税理士の給料に関して、統計データをもとに分析してみました。税理士は、日本人の正社員の給与で見ると、かなり高い水準でることがわかりました。パート勤務としても魅力的な仕事です。さらに、独立・フリーランスとして開業する場合についても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

税理士の給料・年収分析

税理士の平均年収

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、税理士の平均年齢は、正社員の場合で40.7歳で、勤続年数が11年であることがわかりました。そして給与に関しては、月収は47万5800円となりました。さらに平均年収は718万8000円で、年間ボーナスの平均が、147万8400円です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、税理士の年収は、かなり高い水準であることがわかります。日本では、資格別に見ると医師、弁護士に次ぐトップレベルの収入が得られる仕事です。または税理士と同レベルの所得である資格には、公認会計士や不動産鑑定士などが挙げられます。

【正社員】
平均年齢 40.7歳
勤続年数 11年
労働時間 156時間/月
残業時間 15時間/月
平均月収 475,800円
賞与   1,478,400円
平均年収 7,188,000円
労働者数 21,750人

【パート】
平均年齢 39.1歳
勤続年数 11.8年
実労働日数 20.1日/月
1日の平均労働時間 6.4時間/日
平均時給 2,500円

出典:「平成27年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
※平均年収については本統計データを加工して作成(きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額)

パートで税理士として働く

税理士としてパート勤務する場合、時給は2500円です。株式会社リクルートジョブズの調査研究機関である「ジョブズリサーチセンター」によると、平成28年3月度の時点で、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円でした。時給が最も高い首都圏でも1019円なので、公認会計士のパート勤務は、一般的な水準よりも約2.5倍の時給が得られる仕事です。

パート勤務の税理士の場合、1日の平均勤務時間が6.4時間で、1か月の平均勤務日数は20.1日です。平均的な勤務日数・時間で働いたとすると、32万1600円の月収になります。ボーナスの115万600円を含めると、年収は500万9800円になります。家事や子育て、親の介護など、ワークライフバランスを保ちながら働きたい税理士にとっては、魅力な働き方です。収入は正社員より低いものの、残業はなく、自分のペースで働き続けることが出来ます。

独立・フリーランスについて

税理士は、士業の中でもステイタスの高い資格です。正社員やパート勤務として働くこともメリットはありますが、やはり独立・フリーランスとして活躍することも魅力的です。開業をして成功をすれば、正社員以上の年収を得ることが出来ます。人によっては、数千万円の高所得者もいます。ただし、場合によっては期待する収入が得られない可能性もあります。というのも、税理士の登録者数が増えており、ライバル同士での競争も激化していっています。そこで大切なのは、新規顧客の獲得と、継続的な顧客との関係性を構築することです。最近では、インターネットやSNSを活用して営業活動をするケースも増えていますが、税理士の業務だけではなく、地道な営業活動を出来る方が独立・フリーランスに向いています。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.