資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

税理士兵庫県の講座一覧

税理士の通学講座を兵庫県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件の税理士講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

兵庫県の税理士の受講料金は、140,000円~(単科コース:44,000円~)。標準学習期間は、11ヶ月~(単科コース:6ヶ月~)です。
兵庫県は、近畿地方西部に位置しています。大阪府・京都府・鳥取県・岡山県に接しています。人口は552万人 全国第7位で、県庁所在地は神戸市。日本海と瀬戸内海に面し、また山地もあるため、様々な気候が混在しています。カニやタコ漁が盛んで、全国でも上位の漁獲量です。兵庫県は阪神工業地帯に属しており、鉄鋼、化学、造船業などで国内の主要企業が工場を置いています。淡路島も兵庫県に属しており、本州側からは明石海峡大橋で渡ることができます。 兵庫県にある税理士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

税理士 兵庫県

[ 他の都道府県を選択 ]

神戸市中央区

  • 2

短期集中で合格を目指すハイスピードコース

【税理士】ベーシックコース[通学]

  • 資格の学校 TAC(タック)/通学
  • 費用: 230,000
  • 期間:約7ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[兵庫県]【税理士】ベーシックコース[通学]の講座イメージ
  • 資格:税理士科目合格
  • エリア:兵庫県(神戸市中央区)

【短期集中で基礎から始めたい方におすすめのハイスピードコース】
短期間で一気に基礎~実践までレベルアップさせる、ハイスピード型のコースです。本試験問題の出題頻度や重要性を綿密に分析し、重要度に応じたメリハリのある講義を展開することで、合格に必要な知識を習得することができます。
また、直前期に本試験レベルの問題演習を重ねることで、4月までにインプットした知識をすぐに実践力に直結させていくことができます。

【このコースのここがポイント】
●短期間で合格を目指すため、重要度に応じてメリハリのきいた効 ...

受験専念型の方にオススメ!実践力UP重視の効率的カリキュラム

【税理士】基礎マスター+上級コース[通学]

  • 資格の学校 TAC(タック)/通学
  • 費用: 230,000
  • 期間:約11ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[兵庫県]【税理士】基礎マスター+上級コース[通学]の講座イメージ
  • 資格:税理士科目合格
  • エリア:兵庫県(神戸市中央区)

【講義を年内にハイペースで進め、一気に基礎・応用レベルをインプットする集中特訓コース】
12月までに基礎・応用レベルの学習範囲を8割程度学習。1月からは経験者対象の上級コースカリキュラムで、問題演習により実践力を養成する集中特訓コースです。
12月までは復習時間を含め多くの時間を必要とするコースのため、受験専念型の方にオススメのコースです。

【このコースのここがポイント】
●年内で学習範囲の約8割を網羅!年明けからは復習や演習に重心を置いて学習を進め、実践力を養成します!
●講義と演習を交互に ...

  • 2

通信

大学3年次編入学「税務・会計マネジメントコース」

  • 産業能率大学 通信教育課程
  • 費用: 200,000
  • 期間:約24ヶ月
大学3年次編入学「税務・会計マネジメントコース」講座イメージ
  • 資格:学士の学位(大学卒業資格)

本学の税務・会計マネジメントコースでは、、法人税法をはじめとする国税3法と簿記・会計学について総合的に学習し、税務・会計のスペシャリスト(税理士等)として活躍できる人材の育成を目的としています。また、マネジメントの知識・技法や仕事を効果的に進めるために必要なビジネススキルについても習得し、「経営がわかる税務・会計のスペシャリスト」の育成をねらいとしています。

なお、本学大学院では、税法分野の研究(修士論文の作成)によって、税理士試験の合格(試験科目の免除)をめざす「税務マネジメントコース」と、 ...

通信

【税務まで網羅】USCPA米国公認会計士プログラム【通学&通信】

  • 国際資格の専門校アビタス/通信
  • 費用: 563,500
  • 期間:約18ヶ月
  • 分割 就職支援
【税務まで網羅】USCPA米国公認会計士プログラム【通学&通信】講座イメージ
  • 資格:米国公認会計士(USCPA)

日本の税理士は、日本で役立つ資格です。
米国公認会計士は、日本はもちろん「世界で」役立つ資格です。
税法を含め世界標準のビジネス知識を証明できます。


★合格実績ナンバー1!累計3,699名(2019年8月時点)
★単位試験料込だからリーズナブル!
★日本語教材!
★受講期間はたっぷり5年!




┏◆合格実績3,600名超
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
USCPA(米国公認会計士)は、「会計士」資格でありながら、
世界レベルのビジネス知識を証明で ...

通信

【税理士】1.5年3科目トライアル合格コース

  • 資格合格を目指すならクレアール/通信
  • 費用: 172,000
  • 期間:約20ヶ月
  • 分割 web
【税理士】1.5年3科目トライアル合格コース講座イメージ
  • 資格:税理士必須科目『簿記論』『財務諸表論』 税法科目『消費税法』

税理士試験は例年8月に実施されます。通学主体のスクールでは、9月開講時期も多く、この時期に学習を開始することを躊躇する方も少なくありません。折角学習の意欲があるのに、開講時期に合わせて学習を始めることは、お忙しい社会人や卒業まで限られた期間の学生にとって、数ヶ月待つことは勿体ないです。クレアールでは今の時期にも実力を合わせた1.5年間で3科目を目指すプランをご提案いたします。税理士試験では、簿記2級の知識は不可欠である為、簿記が始めての方には今簿記中心に学習プランに進め、税理士開講に合わせて実力 ...

通信

大学1年次入学「税務・会計マネジメントコース」

  • 産業能率大学 通信教育課程
  • 費用: 200,000
  • 期間:約48ヶ月
大学1年次入学「税務・会計マネジメントコース」講座イメージ
  • 資格:学士の学位(大学卒業資格)

本学の税務・会計マネジメントコースでは、、法人税法をはじめとする国税3法と簿記・会計学について総合的に学習し、税務・会計のスペシャリスト(税理士等)として活躍できる人材の育成を目的としています。また、マネジメントの知識・技法や仕事を効果的に進めるために必要なビジネススキルについても習得し、「経営がわかる税務・会計のスペシャリスト」の育成をねらいとしています。

なお、本学大学院では、税法分野の研究(修士論文の作成)によって、税理士試験の合格(試験科目の免除)をめざす「税務マネジメントコース」や、 ...

通信

【税理士】基礎マスター+上級コース[通信]

  • 資格の学校 TAC(タック)/通信講座
  • 費用: 230,000
  • 期間:約12ヶ月
  • 分割 web
【税理士】基礎マスター+上級コース[通信]講座イメージ
  • 資格:税理士科目合格

【無理なく学習継続でき、着実に実践力を養うTAC王道コース】
基礎・応用・直前とレベルを段階的に上げることで、着実に本試験突破力を養成します。
基礎レベルから知識を習得する講義だけでなく、「問題解答法」にも力点を置く「得点力養成講義」を実施することで、スムーズにレベルを上げる「エスカレーター式実力養成法」を採用。これにより、初めて税理士試験を受験される方でも、「無理なく一発合格を狙うこと」ができます!

【このコースのここがポイント】
●毎回のミニテストや定例実施の実力テストで習熟度をしっかり確 ...

税理士関連エリア・ジャンル

市区町村
関西エリア
関連ジャンル

税理士の関連資格 × 兵庫県

兵庫県で税理士の講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 税理士
試験日

【[第69回]令和元年度 税理士試験】
2019年8月6日(火)~8月8日(木)

試験区分 国家資格
主催団体 国税庁国税審議会
受験資格 (1)大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
(2)大学3年次以上の学生で法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者
(3)専修学校の専門課程(①修業年限が2年以上かつ②課程の修了に必要な総授業時数が1,700時間以上に限る。)を修了した者等で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
(4)司法試験に合格した者
(5)旧司法試験法の規定による司法試験の第二次試験又は旧司法試験の第二次試験に合格した者
(6)公認会計士試験短答式試験合格者(平成18年度以降の合格者に限る。)
(7)公認会計士試験短答式試験全科目免除者
(8)日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
(9)公益社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限る。)
(10)会計士補
(11)会計士補となる資格を有する者
(13)以下の事務又は業務に通算2年以上従事した者
 ・弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士の業務
 ・法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
 ・税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
 ・税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務
 ・行政機関における会計検査等に関する事務
 ・銀行等における貸付け等に関する事務
(14)国税審議会より受験資格に関して個別認定を受けた者
合格率 15.3%
(平成30年度・第68回)
出題内容・形式 ・試験科目:
会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目と税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択しなければなりません。)について行われます。
なお、税理士試験は科目合格制をとっており、受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。

・出題範囲:
1 簿記論(複式簿記の原理、その記帳・計算及び帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記を含む。ただし、原価計算を除く)
2 財務諸表論(会計原理、企業会計原則、企業会計の諸基準、会社法中計算等に関する規定、会社計算規則(だたし、特定の事業を行う会社についての特例を除く。)、財務諸表等の用語・様式及び作成方法に関する規則、連結財務諸表の用語・様式及び作成方法に関する規則)
3 消費税法又は酒税法(①当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。)
4 法人税法(①と同じ。)
5 相続税法(①と同じ。)
6 所得税法(①と同じ。)
7 固定資産税(②当該科目に係る地方税法、同施行令、施行規則に関する事項のほか、地方税法総則に定める関係事項及び当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。)
8 国税徴収法(①と同じ。)
9 住民税又は事業税(②と同じ。)
検定料 1科目:4,000円
2科目:5,500円
3科目:7,000円
4科目:8,500円
5科目:10,000円
問い合わせ先 東京の場合:東京国税局 人事第二課
http://www.nta.go.jp/
〒104-8449 東京都中央区築地5丁目3番1号
TEL:03-3542-2111

税理士の資料請求者属性データ

性別 男:31.08%   女:68.92%  

年齢 19歳以下:7.80%   20-24歳:13.10%   25-29歳:15.28%   30-34歳:18.61%   35-39歳:13.83%   40-44歳:5.82%   45-49歳:10.08%   50-54歳:7.07%   55-59歳:4.37%   60-64歳:1.04%   65歳以上:3.01%  

職業 会社員:37.21%   公務員:1.56%   教員・団体職員:0.10%   自営業:0.73%   アルバイト・パート:1.87%   派遣・契約社員:2.70%   専業主婦:12.68%   高校生:0.83%   専門学校生:0.00%   短大生:0.21%   大学生/大学院生:9.25%   無職:3.43%   その他:2.70%   回答なし:26.72%  

地域 北海道・東北:3.95%   関東:58.21%   甲信越:1.87%   北陸:0.31%   東海:11.95%   近畿:11.02%   中国:1.87%   四国:1.14%   九州・沖縄:9.67%