お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ケアマネジャーになるには?

> > ケアマネジャーになるには?

2016.02.05
更新

ケアマネジャーになるには?

やりがいのあるケアマネジャーの仕事。「介護支援専門員試験」に合格することがケアマネジャーになる第一歩です。法改正で変わる受験資格について、また受験後の実務研修について、また独学と講座利用の勉強はどちらが良いかなどをご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

ケアマネジャーになるには?

ケアマネジャーになるには実務経験が必須

ケアマネジャーになるには、実務経験が必要です。例えば医師・看護師・社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・作業療法士・理学療法士・栄養士などの資格を持っている人なら、5年以上の実務経験が必要です。これらの場合は、介護の現場でなくても構いません。例えば、看護師の資格を持っている人が、介護分野でも活躍しようとケアマネジャーの資格をとる例があります。介護職員初任者研修の資格を持っている人なら、介護現場にて5年以上の実務経験が必要です。

また、これらの資格を持っていなくても、介護施設での実務経験が10年以上あれば、ケアマネジャーになるための試験、「介護支援専門員試験」を受けることができます。しかし法改正により、2018年の試験からは介護職員初任者研修の資格を持っていて現場の実務経験があっても、ケアマネジャーの資格はとれなくなります。

法改正によって変わる受験資格

2018年の試験から、ケアマネジャー試験の受験資格は狭まります。前述したように、2015年の法改正により、2013年以前ヘルパー2級だった試験「介護職員初任者研修」の資格を持っていて実務経験が5年以上あっても、資格をとることができなくなってしまうのです。また、介護職員初任者研修の資格を持っていなくても10年の実務経験があればケアマネジャーの資格はとれましたが、それもなくなります。しかし、経過措置で2017年の試験までは以前の受験資格で受験できます。

介護職員初任者研修の資格保有者でケアマネジャーを目指している人、また10年以上の実務経験を活かしてケアマネジャーになりたい人は、早めに受験するのが得策だと言えます。

資格取得後に研修が必要

ケアマネジャーになるためには、試験に合格した後も「介護支援専門員実務研修」と呼ばれる研修を受ける必要があります。これは、都道府県によって日数や時間が変わりますが、東京都の場合、計44時間の研修カリキュラムと実習があります。ケアマネジャーの仕事をする上で欠かせない視点や専門的な知識、技術を学んだり、実習では実際にケアプランを作成したりといった内容です。

ケアマネジャーとして仕事をしていく上では、この研修だけでなく、「更新研修」などいろいろな研修を受けることが、仕事をしていく上で重要なことになります。仕事をしながらこれらの研修を受けることは努力を必要としますが、やりがいのある仕事のために役に立つことは間違いないでしょう。

独学とスクールどちらが良い?

テキストや問題集を書店で購入し、独学でケアマネジャー試験に合格する人も少なくありません。しかし、通信講座や通学スクールを利用して合格を目指す方法もおすすめです。なぜなら、これらの講座はテキストやカリキュラムに独自の工夫が加えられているところが多いからです。独学に自信がない人は通信講座や通学スクールを検討してみましょう。

通信講座は、自分のペースで勉強をすすめられるという利点があります。分からないところを質問できるシステムがある講座はたくさんあるので、通信でも安心です。3万円台で受けられる安価な通信講座もたくさんあります。短期間で効率良く勉強をすすめられるという点で通学スクールを選ぶ人もいます。もちろん、通信講座や通学スクールを併用して合格した人もいるでしょう。

通学講座を探す通信講座を探す

ケアマネジャー(介護支援専門員)関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.