お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ケアマネ資格取得の最短ルートは?

> > ケアマネ資格取得の最短ルートは?

2016.02.05
更新

ケアマネ資格取得の最短ルートは?

受験資格がハードなケアマネジャーの試験ですが、最短だとどれくらいで資格がとれるものなのか知りたい人も多いでしょう。受験資格があれば最短1.5ヶ月の勉強で資格がとれる場合もあります。受験資格がない場合の最適な取得コースとともにご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

ケアマネ資格取得の最短ルートは?

受験資格があれば最短1.5ヶ月で取得!

通学コースの場合1.5ヶ月で合格を目指すコースがあります。通信講座では、最短3ヶ月の勉強期間で合格を目指すコースもあります。ただ、これはケアマネジャーの受験資格がある人の場合です。介護職員初任者研修の資格を持ち5年の実務経験がある人、または資格がなくても10年の実務経験がある人は2017年までは受験できますが、2018年の試験より受験資格は狭まり、これらの場合は受験できなくなります。受験資格があるうちに2017年までに合格を目指す方が得策であるという人もいるということです。
医師・看護師・准看護師・歯科衛生士・社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・作業療法士・理学療法士・栄養士などの資格を持っている人でそれらの分野での5年以上の実務経験がある人などは、2018年以降も引き続き受験資格があります。

講座の選び方としては、通学コースと通信講座のどちらが自分に合っているのか、またどの会社が運営している講座が自分に合っているのかなどを知るために、資料請求をしてみるのもよいでしょう。通学コースの方が短期間で取得できることもありますが、自分のペースで勉強したい人にとっては通信講座の方が合っていることもあるでしょう。

介護福祉士の資格をとってからケアマネジャーを目指すコース

ケアマネジャーの受験資格がない人で、今からケアマネジャーの資格試験に挑戦したいという人にとっては、「介護福祉士」の資格をとり、それから5年以上の実務経験を経てケアマネジャーの資格をとる方法が最適でしょう。介護福祉士の国家試験を受けることができるのは、介護現場での実務経験が3年以上あり、かつ「実務者研修」を受けた人です。また介護福祉士は、養成コースのある大学・短大・専門学校などを卒業すると、国家試験を受けることなく、卒業と同時に取得できる資格です。
しかし、注意点があります。ここにも法改正があり、2022年度以降は養成コースのある学校を卒業するだけでは介護福祉士の資格はとれなくなるのです。国家試験を受けなければ、資格を取得できなくなります。2017年度から2021年度までは経過措置として、養成コースのある学校を卒業した人には5年間の期限付きで資格が与えられます。その場合、5年以内に国家試験に合格するか5年間実務経験を積むことで、正式に介護福祉士の資格が取得できます。

まとめると、まず介護現場での実務経験を3年積み、その次に介護福祉士の国家試験を受け、それから5年実務経験を積んでからケアマネジャーの資格試験に挑戦するという、通算8年の流れを経て資格を取得するという方法がまずひとつあります。介護福祉士の養成校に今から入る場合、普通は資格取得まで最低2年かかります。福祉系大学で指定の科目を履修した人の場合や保育士の養成機関を卒業した人などの場合でも最低で1年です。
実務経験5年を加えると、2021年度までの経過措置中に養成学校を卒業すれば6年でケアマネジャーの試験に挑戦できる場合もあります。

通学講座を探す通信講座を探す

ケアマネジャー(介護支援専門員)関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.