お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

整体師の開業について

> > 整体師の開業について

2016.05.11
更新

整体師の開業について

整体師として雇われながら修行を積んだ後は独立開業して一国一城の主になりたいと思う人は多いでしょう。雇われている時と開業した後では何が変わるのか、開業のメリット、それに自宅開業や出張整体についても触れながら、整体師の開業についてご説明します。

通学講座を探す通信講座を探す

整体師の開業について

開業すると増える作業

整体師として独立開業する場合と整体院などに雇われて働く場合はどのように違うのでしょうか。
まず言えるのは、独立開業すると、マーケティングや資金繰りのこと、また様々な事務作業などについても考える必要が出てくるということです。整体院などに雇われて働く分にはそれらの作業については経営者が考えますので、整体師の仕事のみに集中できます。つまり、独立開業すると雇用されて働いていた時には気にしなくて済んだこと・煩雑な作業をしなくてはならないのです。また、経営が軌道に乗るまでは利益が出ないかもしれないというリスクもあります。経営についてのセンスも必要です。雇われていた時よりも収入が増えることもあれば減ることもあるということは念頭に置いておいた方がよいかもしれません。

開業のメリット

独立開業すると様々なリスクがありますが、メリットも大きいものです。まず、雇われていた時よりも収入が増える可能性があります。それに、自分の理想とする整体院を工夫しながら創っていけるという楽しさもあります。
独立開業するということは、仕事に関わる全てのことを自分の色にすることができるということなのです。また、整体師という職業は、大規模な施設や大きな仕入れを必要としない業種であり、開業資金や固定費が少なくて済むので、独立開業しやすいと言えます。さらに、自宅で開業することで経費を安くおさえることができます。高齢化社会の昨今、整体師への期待はさら高まってきており、需要は増える見込みです。

自宅開業について

整体師が独立開業する際、店舗を自宅とは別に借りるとなると、多額の開業資金がかかります。また、毎月の家賃も払い続けなくてはなりません。そうしたデメリットを解消してくれるのが「自宅開業」です。自宅の一室を施術の部屋として使うことで、初期費用や毎月出て行くお金をかなり抑えることができます。
最近は女性の整体師への注目も高まっていますが、女性が家事や育児などをしながら整体師として働くことができる点も自宅開業のメリットでしょう。通勤時間もなくすことができますので、時間を節約できます。ただし、集客に工夫が必要だったり家族の理解が必要だったりといったデメリットもあるので、よく検討してみるのがおすすめです。

出張整体について

整体師として開業するにあたって、ひとつ検討したいのが「出張整体」「訪問整体」です。これは、お客様の家や職場、宿泊している旅館やホテルなどに出向いて施術を行うスタイルで、店舗を借りなくてもいいので安い資金で開業できます。身の丈に合った開業方法としても注目度が高いと言えます。身体的な事情で家から出るのが難しいお客様や家・宿泊先で施術を受けたいお客様にとっては、出張整体はありがたいサービスです。出張整体というスタイルそのものが差別化につながっていると言えるでしょう。ホームページやブログを使う・ホテルや旅館と提携する・口コミをうまく利用するなど集客に一工夫がいりますが、独立する整体師にとって出張整体というスタイルは一考の価値があります。

通学講座を探す通信講座を探す

整体師関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.