資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

土地家屋調査士萩市の講座一覧

土地家屋調査士の通学講座を萩市内で探すならBrushUP学びがとても便利です!通いやすい学校や教室がどこにあるのか一目でわかるマップと費用や期間が比較しやすい講座一覧が特徴です。現在萩市内で受講できる2件の土地家屋調査士講座を資料請求できます。

萩市[ 山口県 ]

  • 2

調査士試験におけるすべての基礎から学べる安心・充実のプレミアムコース

土地家屋調査士本科コース
  • 日建学院
  • 費用: 378,000
  • 期間:約9ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
講座イメージ

初学者から上級者まで■必要知識のみを徹底的に身に付ける基本を確実に身につける基礎力養成講義から、実力を蓄える本講義へと進み、5月からは答練講義が始まります。学習範囲をむやみに広げるのではなく、本試験で得点に結びつくテクニックを限られた時間で ...

この講座を資料請求

◆知識・スキルの総仕上げ◆

土地家屋調査士答練コース
  • 日建学院
  • 費用: 162,000
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
講座イメージ

本試験の直前期に行わなければならない全てが詰め込まれた全受験生必須の12回お一人ずつの学習環境を確保した個別ブースで、ご自分のスケジュールで受講ができます。個別ブース無料体験のお申込みはお気軽に日建学院各校まで!当学院の答練は全12回という ...

この講座を資料請求
  • 2

通信

【2018年合格目標】土地家屋調査士答練フルパック
  • 資格の総合スクール LEC(れっく)東京リーガルマインド/通信
  • 費用: 183,600
  • 期間:約4ヶ月
  • 分割
講座イメージ

【本試験での得点確保を視野に入れた実践練習を!】まずは、「年度別過去問攻略講座」で過去の出題論点の習得を図ります。その上で、スパルタ式範囲指定型の「スタンダード答練」で、解答スピードや判断力、時間配分の調整力を身につけます。さらに未出論点に ...

この講座を資料請求

通信

【2018年合格目標】土地家屋調査士ストレート合格Bコース
  • 資格の総合スクール LEC(れっく)東京リーガルマインド/通信
  • 費用: 312,000
  • 期間:約11ヶ月
  • 分割 web 受講条件
講座イメージ

【土地家屋調査士と測量士補(午前の部免除資格)を並行して学習することで、短期合格を実現するコースです!】土地家屋調査士試験対策は、「インプット完成講座」で法律の基礎知識や書式の作図方法などを一から学習。インプット・アウトプットを段階的に行う ...

この講座を資料請求

通信

【2018年合格目標】土地家屋調査士免除資格者Aコース
  • 資格の総合スクール LEC(れっく)東京リーガルマインド/通信
  • 費用: 315,000
  • 期間:約11ヶ月
  • 分割 web 受講条件
講座イメージ

【午前の部の免除資格をお持ちの方向けの土地家屋調査士試験特化コースです!】試験対策の鉄則である「必要十分な量のインプット(知識習得)」と「試験の出題傾向に即したアウトプット(問題演習)」、そして調査士試験に短期合格するためのカギである「早期 ...

この講座を資料請求

通信

【2018年合格目標】土地家屋調査士免除資格者Bコース
  • 資格の総合スクール LEC(れっく)東京リーガルマインド/通信
  • 費用: 277,000
  • 期間:約11ヶ月
  • 分割 web 受講条件
講座イメージ

【免除資格(測量士補・建築士等)をお持ちで司法書士等の法律科目の学習経験をお持ちの方向け】司法書士などの学習経験がある方で免除資格(測量士補・建築士等)をお持ちの方が、2018年「土地家屋調査士」一発合格を狙うためのコースです。土地家屋調査 ...

この講座を資料請求

通信

【2018年合格目標】土地家屋調査士ストレート合格Aコース
  • 資格の総合スクール LEC(れっく)東京リーガルマインド/通信
  • 費用: 373,000
  • 期間:約11ヶ月
  • 分割 web
講座イメージ

【土地家屋調査士と測量士補(午前の部免除資格)を並行して学習することで、短期合格を実現するコースです!】土地家屋調査士試験対策は、「インプット完成講座」で法律の基礎知識や書式の作図方法などを一から学習。インプット・アウトプットを段階的に行う ...

この講座を資料請求

萩市エリア

萩市にあるスクールを地図で見る

萩市の土地家屋調査士の受講料金は、15,000円~。標準学習期間は、1ヶ月~です。
萩市は、山口県の西部に位置し、山口市、長門市、阿武郡阿武町、美祢市、島根県益田市、鹿足郡津和野町などに接しています。人口は52909人で、全国679位(2013年3月時点。政令指定都市・特別区は、区ごとにカウント)。江戸時代に、毛利氏が治める長州藩の本拠地となった都市として有名です。一方を日本海に面し、三方が山に囲まれた都市であり、道路・鉄道・港湾の整備も遅かったため、山陽側の市町村と比べると発展が弱いです。幕末から戦前にかけては政財界の大物を多く出すなど、かつては中央たる東京への指向が強かったですが、最近では、進学・就職なども九州本島への指向が強いです。司馬遼太郎の幕末小説である『世に棲む日日』や『花神』は、この街が舞台になっている。萩市中心部は、日本有数の規模を誇るデルタ地帯に発展しています。旧・川上村から流れる阿武川(あぶがわ)は川島地区で2つに分かれ、橋本川と松本川となって日本海に注いでいます。また、両河川からは新堀川、藍場川といった小河川が分岐し、市街を流れています。 萩市以外の山口県にある土地家屋調査士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

関連ページ

市区町村
中国・四国エリア
関連ジャンル