資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護の入門資格「初任者研修」を取得するなら、就職まで意識して安心できるスクールを選びたいですよね。BrushUP学びでは、スタッフが現地に足を運び、自信をもって紹介できる学校のみを紹介しています。選ばれたスクールの中から「最短で」「費用の安い」講座を探しましょう!

関連特集

初任者研修の特徴とおすすめポイント イメージ

ポイント1年齢制限がない
介護業界のメリットの一つとして、年齢に関係なく就業できることが挙げられます。実際に幅広い年齢の方が、未経験から介護職員初任者研修を学び、就職しています。難しい試験がないので、大量に単語を暗記したり、過去問を何年分解いたりする必要はありません。勉強から遠ざかっていた方でも心配なく受講できます。

ポイント2最短1ヶ月で学べる
短期講座で集中的に学習すれば、受講スタートして1ヶ月で初任者研修を修了することができます。その他にも2ヶ月コースや4ヶ月コースなどがあり、希望に合わせてスケジュールを立てやすいのも初任者研修講座の特徴です。

ポイント3通学・通信で学べる
通信学習とスクーリング(通学)を併用する形が主流で、全部で130時間あるカリキュラムの一部は、自宅で学ぶことができます。通学部分も振替制度が充実している学校が多いので安心です。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 資格取得の最短ルートは?

介護職員初任者研修は、カリキュラムが130時間と決まっているため、学校による勉強時間の差はあまりありません。そのため、週何回のコースにするかで、修了までの期間が決まります。例えば週4回のコースだと1ヶ月、週2回のコースだと2ヶ月、週1回のコースだと4ヶ月が基準になるでしょう。

では、講座を受講してから修了証明書が発行されるまでの流れをおさえていきましょう。

イメージ
  • 通学介護職員初任者研修のスクーリングでは、介護の業務に必要な技術・知識を講義や演習で学びます。カリキュラムの「こころとからだのしくみと生活支援」では、介助者をベッドや車いすへと移動・移乗、食事介助、身体の清拭など実際に介護現場で行われていることを実践的に学びます。
  • 通信130時間のカリキュラム中の一部は自宅学習で学ぶことが出来ます。通信講座には課題レポート提出が基本的には3回あるようです。提出期限があるため、自分でスケジュールを決めて計画通りに勉強を進められると良いでしょう。

試験について初任者研修では筆記形式の試験で、全日程の最後に1時間程度行われます。試験問題は選択式と記述式で出題され、合格点は100点満点中70点以上です。 カリキュラムを全て受講していれば、問題なく合格点を取ることができるので、比較的容易と言えるでしょう。万が一不合格でも追試制度があり、合格すれば修了証明書が発行されます。

初任者研修は働きながらでも資格取得が可能です

「介護の仕事に就いているため働きながら資格を取りたい!」という方が、実際に働きながら資格を取得するケースも多いです。「土日しか通えない」「平日しか通えない」「休みが不定期」という方でも、土日コースや平日コース、振替制度等を活用し自分に合った方法で学ぶことが可能です。通学日数も15日前後のスクールが多いので、スクーリングと自宅学習の日程を上手く組み合わせて、研修修了を目指しましょう。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 講習カリキュラム
科目 時間数
1.職務の理解 6時間
2.介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
3.介護の基本 6時間
4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9時間
5.介護におけるコミュニケーション技術 6時間
6.老化の理解 6時間
7.認知症の理解 6時間
8.障害の理解 3時間
9.こころとからだのしくみと生活支援 75時間
10.講義の振り返り 4時間
合計 130時間
費用の比較 学校によって受講料は異なります。

初任者研修の受講金額は学校・地域によって変わってきます。カリキュラムは基本同じようなものになりますが、スクールによって振替制度や就職サポートなどのプラスアルファのサービスが異なります。また、必ずスクーリングが必要な分、教室の立地や講師の確保など、講座を運営するために必要なコストが地域によって異なることも影響しており、同じ運営会社でも地域によって金額が異なる場合もあります。

更に各スクールが定期的に割引キャンペーンをやっている場合もあり、もし一番安い講座を探そうとするのであれば、こまめに確認することをお勧めします。費用の比較は資料請求が便利です。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 ホームヘルパー2級とキャリアパス キャリアパスがわかりやすくなりました! イメージ

介護福祉士までのルートはいくつかありますが、その中でも初任者研修→実務者研修介護福祉士とステップアップしていくルートは、これから介護の知識を学びながらキャリアアップを目指す基本ルートとなっています。

ホームヘルパー2級について

これまで「ホームヘルパー2級」として広く知られていた資格が、2013年度より「介護職員初任者研修」へと改められました。同時に、ホームヘルパー1級や介護職員基礎研修も廃止になっています。2012年度までにホームヘルパー2級、1級及び介護職員基礎研修課程を修了した方は、2013年度以降に資格を失効する事はありません。また「ホームヘルパー」は「訪問介護員」とも呼ばれる職種の名称でもあります。ヘルパー2級に関する情報は以下のページも参考にしてみてください。

>> ホームヘルパー2級資格の現状とこれから

難易度 受験資格はとくになし!

まず注目すべきは、初任者研修には受験資格がとくにないということです。介護福祉士や社会福祉士など、学歴、実務経験、取得資格などが必要な資格もありますが、初任者研修は、どなたでも無条件で受講できます。そもそも試験といっても、カリキュラム修了後の確認テストのようなものなので、国家試験などと比較するような試験ではありません。受講までのハードルが低く、試験難易度もそこまで高くない点は、介護職員初任者研修のメリットの一つです。

必ずスクールに行く必要あり

介護職員初任者研修では、スクーリングが必須項目となっています。介護現場で役に立つスキルを身に着けるための研修ですから、実技や実習を通して学ぶことが大事です。民間資格の中には、通信講座などで在宅試験で取得できるものもありますから、そういったものと比較すると取得が難しい資格になるでしょう。ただし全カリキュラム通学するケースは稀で、全体の半分以上は、通信教材での自宅学習になります。

修了すれば取得できる!

介護福祉士や宅建などの国家試験などでは、不合格の場合、また来年受験しなおさなければなりませんが、初任者研修は修了すれば必ず資格取得できます。修了前にテストがありますが、不合格の場合でも再受験が可能です。多少の費用がかかる場合もありますが、最後までやりきれば絶対に取得できるというところは安心ですね。もちろん合格率なども気にする必要はありません!

一度取得すれば全国どこでも通用する

ケアマネジャーや運転免許など、定期的に免許更新をしなければならない資格がありますが、初任者研修は一度取得すればずっと有効です。そして全国どこでも通用します。また、ホームヘルパー2級をすでに取得されている方は、初任者研修修了者とみなされますので、改めて受講しなくても大丈夫です。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較

さらに詳しく

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

おすすめスクールレポート