資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

施設の種類別!介護職の仕事内容(入所型・通所型・訪問型)

一言で「介護職」と言っても、働く施設によって仕事内容が変わってきます。 どんな施設かを知っておくと、「思っていた仕事内容と違う」「夜勤があるなんて知らなかった。。」と後悔することがなくなります。 ここでは、介護職の仕事内容を施設ごとにご紹介。さらに介護職はどんな人が向いているか、求められる人材についても紹介します。

関連特集

介護職の仕事内容は、施設によって変わる

介護職が働く施設は、大きく分けて3つ。

・入所型
・通所型
・訪問型

入所型は、高齢者が入所して生活する施設。介護職が24時間体制でサービスを提供します。 一方、通所型は利用者が昼間に「お出かけ先」として、訪れる施設。そして訪問型では、介護職が高齢者の自宅を訪問します。 どの施設で働くかによって、働く時間帯や職務内容も変わります。介護職として働くのであれば、自分の希望にあった働き方ができる施設か知っておくことが大切です。 ここからは、どのような施設があるのか、説明していきます。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 入所型

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは通称「特養」と呼ばれる施設。体を自分で動かせない人や、重度の認知症の方など、常に介護を必要とする高齢者が対象です。

特養での主な介護職の仕事は、身体介護。食事やトイレ、入浴の介助から、ベッドから車いすへの移動、就寝のお手伝いをします。 また365日24時間体制で見守りが必要です。そのため介護職は日勤、夜勤、遅番のシフトで仕事をします。1人ひとりに寄り添い、かけがえのない時間をすごすための介護を行います。

有料老人ホーム
体を動かせない人も、比較的元気な人も入所できる施設です。体を動かせない人には、特養と同じように身体介護を提供。元気な人には、体の衰えを抑えるためのレクリエーションをします。 特養と同じく、365日24時間交代制で見守りが必要。 一人ひとりに合わせた介護が必要なので、じっくり人と向き合いたい方にオススメです。

ケアハウス
自立して、生活できる高齢者が対象。 トイレや入浴は自分でできる高齢者がほとんどなので、介護職は施設の掃除やレクリエーションを指導します。 身体介護が少なく、体力に自信がなくても働きやすい施設です。

介護老人保健施設
介護老人保健施設は、通称「老健」と呼ばれる施設。リハビリを必要とする高齢者が対象です。 介護職は、医師や理学療法士と一緒に、自宅に戻るためのリハビリ・介護をします。特養と同じく、365日24時間体制で見守り、交代で勤務。 3ヶ月程度で高齢者が入れ替わるので、短期間で高齢者一人ひとりの性格、特徴を把握する力が求められます。

グループホーム
認知症の高齢者を対象とした施設。少数の高齢者が、家庭的な環境で生活します。 介護職は、主にトイレや入浴の介助、買い物の付き添いをします。体が不自由な方には身体介助、元気な方にはレクリエーションも行うなど、高齢者の状態によって、職務が変わってきます。 認知症の方と長い時間接するため、理解と思いやりのある介護が必要です。

通所型

デイサービス
普段は自宅で過ごす高齢者に、日帰りでサービスを提供する施設。食事や入浴、日常生活に必要な動作の訓練のレクリエーションを行います。 高齢者を自宅まで送迎するため、車の免許が必須。 入所型と違い、多くは日曜日が休みで、朝から夕方まで勤務します。 体力は必要ですが、高齢者が喜んでいる姿を見るとやりがいを感じます。

訪問型

居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業所は、通称「ケアプランセンター」と呼ばれる施設。介護職を経験し、特定の試験に合格した「介護支援専門員(通称:ケアマネジャー)」が働いています。 ケアマネジャーは、高齢者の心身状況を考え、最適なケアを受けられるように、介護のプランを作成するのが仕事。相談業務のため、現場に出て高齢者を介護することはありません。

夜勤はないものの、施設によって勤務体系は変わります。 自分が作成したプランで、高齢者の生活状態を良い方向に変えられる点が魅力です。

訪問介護事業所
訪問介護事業所は、通称「ヘルパーステーション」と呼ばれる施設。自宅にいる高齢者を対象に、訪問して介護します。

ヘルパーの仕事内容は、高齢者の状態によって異なりますが、大きく分けると「身体介護」と「生活援助」の2種類です。 身体介護は食事、トイレの介助など、直接高齢者に触れる介護。生活援助は、部屋の掃除や洗濯、料理など日常的な家事を提供します。

※常勤ヘルパーと登録ヘルパー
ヘルパーには、正社員として固定給で働く「常勤ヘルパー」と、1件の仕事ごとに報酬が支払われるパート型の登録ヘルパーがあります。仕事内容はほとんど変わりません。

・常勤ヘルパー
常勤ヘルパーは、責任のある仕事を任されることがあります。しかし、利用する高齢者の増減に関わらず、お給料は一定なので安心です。

・登録ヘルパー
一方、登録ヘルパーは、自分のスケジュールに合わせて仕事ができます。子どもが小さく、働ける時間が少ないという方にオススメです。 複数の訪問介護事業所に登録して仕事を増やし、高収入を得ることもできます。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 介護職に求められるのは、人柄と知識

このように、介護職の仕事内容は、施設によってさまざま。しかし、「人に直接触れる仕事」という点は共通しています。 人と接することが好きな方、介護に熱い想いを持っている方が、介護職に向いているでしょう。

しかし情熱だけでは、より良いサービスを高齢者に提供することはできません。そのためには、専門的な知識や技術が必要です。今の状態に満足せず、年々進化する介護の技術や知識を積極的に勉強できる人が介護職に向いているでしょう。

未経験、無資格でも採用されることもある職種ですが、人の命を預かる大切な仕事。そのため、介護職を志望する方は資格を取得するとよいでしょう。 介護業界の知識だけでなく、車いすの使い方、移動の仕方など、さまざまなテクニックを学ぶことができます。

インターネット上で学べるタイプなら、場所を選ばず勉強できるのでオススメです。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較 まとめ

介護職の仕事内容について、施設ごとに紹介しました。 介護職として働くためには、自分の性格や、家庭のスタイルに合わせて施設を選ぶことが大切です。

働き出してからのミスマッチを防ぐために、施設の特徴を知っておきましょう。 介護業界は、現在も人手不足と言われています。そのため介護職の需要はとても高いのです。未経験で働くこともできますが、介護業界についての知識、テクニックを持つことで貴重な存在となれます。

自分の力だけで身につけるのが難しいテクニックも学べるので、未経験の方は資格を取得することをオススメします。

ぜひ知識とテクニックを身につけて、介護職として活躍してくださいね。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の関連資格
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) 介護福祉士 ガイドヘルパー(移動介護従事者) 実務者研修(介護福祉士養成) 同行援護従業者養成研修 行動援護従業者養成研修 喀痰吸引等研修 認知症ケア 認定介護福祉士

おすすめスクールレポート