資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

介護職員初任者研修の資格取得したらどのようなメリットがあるの?

介護職員初任者研修という資格があります。受験資格がないために国籍・性別・年齢や、介護職・他職種の実務経験などを問われず、誰でも取得を目指すことができる資格です。これから介護業界への就職・転職を目指す人はぜひ取っておきたい介護職の基礎を学べる入門資格とも言われるものです。
では、この資格を取ることでどのようなメリットがあるのでしょうか。
今回は、給料面や就職活動でのメリットを中心に、そのほかのメリットについてもお話ししていきます。

公開:2019-10-24 14:56 (最終更新:2019-10-29 15:36)

介護職員初任者研修の資格取得することでのメリットは?

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)_merit

給料アップ・介護初任者研修資格手当がつく場合もあり!

冒頭でもお話ししたように、介護職員初任者研修は介護の入門資格とも言われる資格です。最近は慢性的な人手不足のため、介護業界では無資格・未経験の人でも歓迎という求人も多く見かけるようになりました。しかし、実際に介護の現場に入ったとき、無資格では最低限必要な知識が身についていないために、仕事の内容や利用者に関することなど分からないことばかりで、不安に思うことが多々あります。しかし、介護の資格を持っていれば基本的な知識があることで気持ちにも余裕ができ、すべてをゼロから覚えるわけではないため、仕事に馴染むのも早くなります。
また、この資格を持っていることで、無資格の人に比べて仕事の幅が広がります。それに伴い、収入も相対的に高くなり、働く場所によっては資格手当がつくこともあります。
この資格手当は働く施設や業種により異なりますが、数千円から一万円程度ということが多いようです。月々にしてみれば少しのアップかもしれませんが、年間を通してみるとまとまった金額になってきます。

受験資格がなく、比較的取得しやすい資格ですので、介護業界への就職・転職を目指すのであれば取得して損はない資格であると言えます。

資格保持者としての信頼・エントリーできる求人の幅が広がる!

もともと介護職員初任者研修は訪問介護に関する資格ですが、介護の基礎を学ぶことができる内容のため、訪問介護事業者以外の介護施設においても十分な活用が見込めます。そして、この資格を取得しておくことによって資格保持者だけができる仕事にも携わることができるため、対応できる業務が増えます。施設によっては無資格の人と資格保持者で業務をあらかじめ分担していることもあるほどです。しっかりとした知識と技能を持ち、自信を持って業務にあたることで周囲からの信頼を得ることができますし、就職・転職を考える場合にもエントリーできる求人の幅が広がることにつながります。

また、介護職員初任者研修を取得しておくことで訪問介護が行えるようになることも大きな特徴です。訪問介護とは、利用者の自宅で介護サービスを提供する仕事です。利用者の自宅に行き、掃除や洗濯、食事の準備、買い物の代行などをする「生活援助」、着替えや食事、排泄など直接体に関わる介助をする「身体介護」のほか、必要に応じて病院などに連れていく「通院介助」などがその主な仕事です。
施設よりもずっと近くで一緒に過ごし、その場その場で利用者であるお客さまの状態や状況を見ながら直接生活にかかわるサービスを提供します。そのため、施設ではなかなか経験できないさまざまな経験を積むこともでき、間近でお客さまの笑顔や感謝の気持ちに接することも多いため仕事に対するやりがいも感じられるでしょう。

介護業界でのキャリアアップ、実務者研修の受講時に一部免除を受けることができる!

日本では高齢化が進み、介護にかかわる人材の需要は年々増加傾向にあるにも関わらず、介護業界は深刻な人手不足です。現在すでに介護職の需要は高いですが、2025年問題という言葉ができるほど今後は超高齢社会になることが見込まれており、それに向けて介護職の人材はさらに需要が高くなると言われています。

ここまでお話ししたように、介護の現場では有資格者は色々な面で有利になる傾向にあります。実はそれだけでなく、介護職員初任者研修の資格を取得しておくことで、後のキャリアアップを目指す人にも有利になるというのをご存じでしょうか。
介護職員初任者研修は冒頭でもお話ししたように介護の入門資格です。一方で、他の介護資格や上位資格の取得を目指す場合に、介護職員初任者研修を取得していれば受講時間数が一部免除されるのです。上位資格である介護福祉士実務者研修を取得する際に130時間が免除されます。このほかの介護資格においても、介護職員初任者研修取得による受講時間数免除がありますので、しっかりと仕事をしながらできるだけ少ない時間でほかの資格を取ってキャリアアップを目指したい、また、転職などに活かしたいという場合にも大変役に立つのです。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の関連資格
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) 介護福祉士 ガイドヘルパー(移動介護従事者) 実務者研修(介護福祉士養成) 同行援護従業者養成研修 行動援護従業者養成研修 喀痰吸引等研修 認知症ケア 認定介護福祉士

おすすめスクールレポート