資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

介護職員初任者研修の修了証明書(資格証)とは?再発行や更新などについて紹介します!

介護職員初任者研修において所定の基準をクリアし修了すれば、修了証明書が発行されます。こうした証明書類に付きものなのが紛失です。時間の経過とともに保管場所を忘れてしまったり、他の不要物と間違って廃棄してしまったりすることもあります。
そこで今回は修了証明書を紛失してしまった場合、どのようにして再発行の手続きを行えば良いのか、修了証明書はいつまで有効で、定期的な更新は必要なのかなどについて紹介していきます。

公開:2019-10-18 11:14 (最終更新:2019-10-25 18:47)

介護職員初任者研修の修了証明書(資格証)ってどのようなもの?日本全国どこでも通用するもの?

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)_license

介護職員初任者研修を修了したらもらえるもので、日本全国で通用する証明書!

介護職員初任者研修を修了すると、修了証明書(資格証)が発行されます。修了証明書は、都道府県が指定する研修機関(スクール)から発行され、発行者名が個別のスクールであっても、厚生労働省が定める介護職員初任者研修を終えたことに変わりはありません。そのため、修了証明書は日本全国の介護事業所での就職や転職の際にも有効です。

修了証明書が授与されるには、下記のとおり3つの条件を満たす必要があります。
1.研修10科目においてそれぞれの必要研修時間を満たしていること(全体では130時間)。
2.履修科目の一つである「こころとからだのしくみと生活支援技術」において介護技術が習得できていると講師が評価していること。
3.修了試験の結果が所定の水準を超えるものであること。

もし、急な病気で研修を休んでしまったり、修了試験の結果が振るわなかった場合でも諦める必要はありません。介護職員初任者研修では休んでしまった研修を補講で補い、再試験で修了を目指すことが認められています。スクールによって補習・再試験などの救済措置が有料になる場合もありますが、修了証明書を得るためには最後まで諦めない気持ちが大切です。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較

介護職員初任者研修の修了証明書(資格証)を紛失した場合の再発行・定期的な更新は必要?

受講した事業者(スクール等)で再発行が可能!免許証のような更新は不要!

介護職員初任者研修の修了証明書は、研修修了時に発行されます。しかし、発行から時間が経つと証明書をどこに保管したか忘れたり、引っ越しなどの際に証明書を紛失したりすることもあるでしょう。しかし、紛失した場合でも安心して下さい。修了証明書の再発行は可能です。
修了証明書の発行は、自分が介護職員初任者研修を修了した研修機関(スクール)が実施しています。紛失等により再発行を希望する場合は、研修機関に再発行の手続き等について問い合わせましょう。研修機関によっては再発行までに時間がかかったり、再発行のための費用を徴収する場合があります。介護職への就職活動をしたいが修了証が見当たらない場合は、早めに再発行の手続きを取ることが大切です。

介護職員初任者研修の修了証明書は、一生有効である点も魅力の一つです。資格の中には、教員免許や運転免許など一定期間ごとに更新が必要なものもありますが、本研修の修了証は更新などは必要ありません。また、現状では法律や規制が変わっても本研修の修了証明書の効力は失われませんので安心して下さい。
ただし、将来的に別の介護系資格が生まれる可能性はゼロではありません。その点は覚えておくと良いでしょう。実際に、介護職員初任者研修の創設に伴い、その前身の資格であるホームヘルパー2級は新たに授与されなくなっています。

初任者研修(ヘルパー2級)講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の関連資格
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) 介護福祉士 ガイドヘルパー(移動介護従事者) 実務者研修(介護福祉士養成) 同行援護従業者養成研修 行動援護従業者養成研修 喀痰吸引等研修 認知症ケア 認定介護福祉士

おすすめスクールレポート