資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

キャスター

キャスター

テレビのニュース・報道番組でニュースや情報を視聴者に伝え、番組を進行する人をキャスターあるいはニュースキャスターと呼びます。キャスターとは日本独自の呼び方で、アメリカではアンカーマンまたはアンカーと称されます。

キャスター資格ガイド どんな仕事?

テレビのニュース・報道番組でニュースや情報を視聴者に伝え、番組を進行する人をキャスターあるいはニュースキャスターと呼びます。キャスターとは日本独自の呼び方で、アメリカではアンカーマン(ウーマン)またはアンカーと称されます。最近では同じ報道番組や情報番組で、スポーツに関わるさまざま話題を伝える担当をスポーツキャスター、天気情報の解説者をウェザーキャスターとも呼びます。

活躍の場

キャスターによる報道番組をキャスターニュースやニュースショーと言い、キャスターはそのキャラクターやパーソナリティを発揮して活躍しています。報道内容は多岐にわたるため、アナウンサーやジャーナリストからキャスターに転身する場合が多く、またタレントが起用されることもあります。スポーツキャスターは元スポーツ選手が、ウェザーキャスターには気象予報士の有資格者が多く活躍しています。

必要な知識とスキル

キャスターには政治・経済・国際情勢からスポーツや芸能に至るまで、幅広い知識が求められます。番組の進行役として出演者を束ね、自在なトークで場をまとめる力も必要です。スポーツや天気予報の場合も、単に原稿を読むだけではなく知りえた情報と知識をもとにニュースの意味合いを明らかにし、事象をかみ砕いて視聴者に伝えなければなりません。ただしあくまでも視聴者の理解や評価、判断を手助けする役に徹することが重要です。

キャスターの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 北海道・東北 関東 九州・沖縄

おすすめスクールレポート