資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

和裁

和裁

和裁は、個人経営の和裁教室や着付け教室に併設された教室、和服の専門学校などで学ぶことができます。まずは、基礎縫いからはじまり浴衣や肌襦袢、単衣の着物、そして帯や振り袖、留袖などの縫製技術を学びます。

和裁資格ガイド 学べること・学び方

和裁は、個人経営の和裁教室や着付け教室に併設された教室、和服の専門学校などで学ぶことができます。まずは、基礎縫いからはじまり浴衣や肌襦袢、単衣の着物、そして帯や振り袖、留袖などの縫製技術を学びます。また和装ならではのきまりごとや素材、採寸や裁断方法といったことも身につけていきます。和裁を生業とする和裁士を目指すのであれば、東京商工会議所認定の和裁検定試験などにチャレンジしてみるとよいでしょう。

はじめるにあたって

和裁をはじめるにあたっては、縫い針と糸、はさみなどの基本的なものから、和裁独特の道具なども必要になってきます。専用の道具類は、専門店やネットショップなどで手に入れることもできますし、教室によってはレンタル品を用意している場合や、生徒向けに販売を行っているところもあります。まずは、あれこれ自分で買いそろえずに、教室に通いながら必要に応じて買いそろえていくとよいでしょう。

豆知識

和裁は、一生モノの技術です。時代が変わり洋服が主流となった現代でも、日本の民族衣装である和服がなくなることはないでしょう。また先代から受け継ぎ子孫に受け継いでいく着物、その時々で寸法直しや洗い張りなどのメンテナンスが必要です。その技術をしっかりと身につけていれば、和装店の下請けとして、また個人で請負って、在宅で仕事もできます。それと平行して和裁教室の講師や自ら教室を開くことも可能です。

和裁の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 東海

おすすめスクールレポート