資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

着付師として働くには資格が必要?

着付け

現在でも冠婚葬祭など生活の節目節目で着用されるきもの。そうした場面で装うにふさわしいきものの知識を身に付け、きものの着装をするのが着付師の仕事です。普段着から礼装、花嫁衣装や撮影用、舞台用などさまざまな着付けをこなします。

着付師として働くには資格が必要? 着付けの特長 イメージ

着付師は、仕事のペースを調整しながら年齢に関係なく続けられる仕事です。また、習い事としてもプロを目指す方にも人気な着付けの講座は「身につけたら一生ものの技術」という点も人気の理由の一つです。

資格の種類と特徴

着付け師として働く場合、着付けの資格は必須ではありません。 しかし、着付けの資格は就職の際には持っている技術の証明になり、即戦力を求められる現場では、資格の有無が一つの指標になることもあります。また、着付けの中でも「振り袖」や「花嫁無垢」「浴衣」など様々な種類があるため、それぞれの分野で有利になることは間違いなさそうです。 着付けの資格は、国家資格である「着付け技能検定」の他にも複数の民間資格が存在します。まずは講座内容や取得できる技術を確認した上で、資格取得を目指しましょう。 以下、着付け資格の一例をご紹介します。

資格名 概要・特長
着付け技能検定 平成21年から厚生労働省の認可を受ける国家資格です。1級・2級の二つのレベルあり、受験資格はそれぞれ1級が5年、2級が2年の実務経験が必須となります。国家試験の受験のための対策講座も誕生しています。
きもの免許 ハクビ総合学院で取得できる文部科学省認可団体が推薦・京都きもの芸術文化協会が発行している免許です。5級〜1級まであり、4級は「きもの国際免許」1・3級は看板を取得でき、自宅で教室を開けます。
着付け師 長沼静きもの学院で取得できる日本和装教育協会認定の資格。着付師の資格は3級から1級まであり、すべて1年で着付師養成科を受講・資格取得を目指すことができます。実践的な和装の技術が求められます。
着付講師認定証 花 京都きもの学院などで取得できる認定証です。三級は普段着の着物を美しく着る「中等科」、二級はフォーマルな着物を学ぶ「高等科」、一級は自装と他装の技術が身に付く「研究科」の認定試験を受験・合格すると取得できます。
着物着付け講師 彩華文化学院で取得できる全日本きもの振興会の資格です。5級は全7回の授業で取得できるため、初心者の方や短期で資格取得を目指す方でも安心して学べます。
プロ着付け修了証 美保姿きもの学院で取得できる全日本着装コンサルタント協会の資格です。24回の授業で、美容室や式場で他装の技術が求められる「着せ付け」を学ぶことできます。また、同学校で着装講師や経営修士認定も取得が可能です。
着付け講座・スクール比較 国家資格 着付け技能検定の資格取得の流れ

着付け技能検定とは、働く人々の技能向上を図ることを目的に、平成21年に誕生した国家資格です。 資格には1級・2級があり、1級が国家資格、2級が一般社団法人全国着付け技能センター資格となります。 資格取得のためには、受験資格を満たした者が着付け技能検定(学科・実技)を受験し、合格する必要があります。

イメージ

着付け技能検定を取得すると、個人や流派に関係なく、国の基準により定められた職業としての着付け技術が認められた証明になります。 また、他装(人に着付ける)における、個人の技術・知識が判定され、仕事上任務に就くための必要能力が公に認められることとなるので、スキルアップや他装技術のプロを目指す方にも有効です。

受験前に着付け技能検定対策講座の受講がおすすめ!

受験資格である実務経験をクリアした方はどなたでも受験できますが、学科試験と実技試験が両方あり容易に取得できる資格ではありません。 そのため着付け技能スクール メイクボックスなど着付け技能士の試験対策講座を行っている学校で、事前に講座を受講することがおすすめです。

合格のポイント
@毎年多くの受験生がいる、試験の内容や対策のノウハウがある学校で試験対策を行うと◎。効率よく試験内容に沿った技術を習得できます。
A実技試験の課題は毎年異なり、直前に内容が発表となるため、個人での対策は困難です。着付け技能士の資格を持つ講師にアドバイスをもらい、年に1度しかない試験では、十分対策できている状態で本番に挑みましょう。
B試験では実務上のテクニックより、規定に沿った道具と着せ方で着付けができるかが重視されます。実践的な技術とは違ったアプローチ方法で練習を重ねることが、合格への近道です。

着付け講座・スクール比較 着付け師の仕事内容とは? 活躍の場

現在でも冠婚葬祭など生活の節目節目で着用されるきもの。そうした場面で装うにふさわしいきものの知識を身に付け、きものの着装をするのが着付師の仕事です。普段着から礼装、花嫁衣装や撮影用、舞台用などさまざまな着付けをこなします。国家資格を取得すると「着付け技能士」を名乗ることができます。

@ デパートや専門店で着物の販売
A 結婚式場や美容院など、時代劇や芸能関係の和装スタイリスト
B 写真館のスタッッフやカメラマン
C 資格を取得した団体の講師または独立して教室を開く

着付師の活躍できる場はとても幅広く、職場によって求められる技術が異なります。素早さや臨機応変な対応を求められる場合もあれば、着物に関しての深い知識が必要になる場合もあります。講座を選ぶ際にはどのレベルまで技術が必要か、具体的に考えておくと良いかもしれません。

着付け講座・スクール比較

試験データ

項目 内容
資格・試験名 着付け技能検定
試験区分 国家資格
主催団体 一般社団法人全日本着付け技能センター
受験資格 ・学科試験
■ 2級:
実務経験のみ(他装又は着付け指導の業務に携わった経験)2年
※各種教育機関(着付け職種に関する学科又は訓練科「美容科、着付け科、和裁科、被服科等」)の修業時間により実務経験が無くても受験出来ます。

■1級:
実務経験のみ(他装又は着付け指導の業務に携わった経験)5年
※各種教育機関(着付け職種に関する学科又は訓練科「美容科、着付け科、和裁科、被服科等」)の修業時間により実務経験が2年まで軽減される場合があります。

・実技試験
同級又は上位級の学科試験の合格者
合格率 非公開
出題内容・形式 ■2級学科試験
試験内容:
1着物の知識及び名称(着物の歴史(服飾史)、着物の各部の名称及び寸法、文様) 2男女の着物の違い、3着物のたたみ方、 4着物の織物及び染物(織物の知識、染物の知識)、 5着物の着用時季、6着物の格(着物の用途別種類及び柄づけによる格の違い、家紋)7帯の種類(織帯及び染帯)、8着付小物及び装身小物の種類及び用途、 9着物、帯及び小物の合わせ方、 10着付けの心得、11作法及び技法、12関係法規

■2級実技試験
次に掲げる着物について定められた時間内で着付けができること
浴衣、街着、付下げ、訪問着、付下げ訪問着


■1級学科試験
試験内容:
1着物の知識及び名称(着物の歴史(服飾史)、着物の各部の名称及び寸法、文様) 2男女の着物の違い、3着物のたたみ方、 4着物の織物及び染物(織物の知識、染物の知識)、 5着物の着用時季、6着物の格(着物の用途別種類及び柄づけによる格の違い、家紋)7帯の種類(織帯及び染帯)、8着付小物及び装身小物の種類及び用途、 9着物、帯及び小物の合わせ方、 10着付けの心得、11作法及び技法、12関係法規、13繊維の知識

■1級実技試験
次に掲げる着物について定められた時間内で着付けができること
浴衣、街着、付下げ、訪問着、付下げ訪問着、色留袖、黒留袖・中振袖、紋服(羽織・袴)
検定料 2級:学科試験 8,900円、 実技試験 16,700円
1級:学科試験 8,900円、 実技試験 18,500円
問い合わせ先 一般社団法人全日本着付け技能センター
http://www.kitsuke.or.jp/profile.html
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目56番4号 美容会館1F
TEL:03-3370-1740

着付けの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート