資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

高齢者コミュニケーション

高齢者コミュニケーション

高齢者コミュニケーション(高齢者コミュニケーター)とは、医療、介護の現場で必要とされる高齢者との話し方や「傾聴」などの、双方の気持ちを重視したコミュニケーション技能のことを指します。

高齢者コミュニケーション資格ガイド どんな資格・スキル

高齢者コミュニケーション(高齢者コミュニケーター)とは、医療、介護の現場で必要とされる高齢者との話し方や「傾聴」などの、双方の気持ちを重視したコミュニケーション技能のことを指します。高齢化社会の進行に伴い、介護を必要する人、介護に従事する人が増えている一方で、高齢者との会話が上手く続かない、気持ちが理解できない、などの悩みからストレスを感じる人も増えてきています。会話を通してお年寄りの気持ちを理解し、心のケアへと導くための方法を学ぶことで、信頼関係を築くことができ、介護の現場で一層活躍できるようになるでしょう。

学べること・学び方

医療、福祉・介護の現場で役立つ、利用者との自然なコミュニケーションの取り方を学ぶことができます。相手を理解するために必要とされる傾聴、つまり「聴く力」がコミュニケーションの基本です。それに加えて、信頼関係の構築において大切な、相手の言ったことに対して共感してあげる力も身につけられます。また、人との交流の機会が少ない高齢者が抱えるストレスの緩和を目的とした、カウンセリングの知識が身につく講座も人気が高まっています。

注目ポイント

看護師やヘルパーなど介護の仕事に従事している方で、利用者の気持ちを理解したい、相手も自分もストレスを感じることなくコミュニケーションを取りたい、と思っている方に役立つ資格です。また、相手の気持ちを理解するための話し方、聴き方を一から学べる資格ですので、家族や身近な人との接し方に不安のある方にも最適です。高齢者コミュニケーター、高齢者ケアストレスカウンセラー、介護傾聴師(R)、高齢者傾聴技能士などを目指すことができます。

高齢者コミュニケーションの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 関西

最新情報

おすすめスクールレポート