お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

社会福祉士vs精神保健福祉士の違いを徹底検証!

> > > 社会福祉士vs精神保健福祉士 資格の違いを徹底検証!

タイトル写真 社会福祉士vs精神保健福祉士 一見似ている資格の『違い』を徹底検証!
compare
まずは基本情報で比較!(※BrushUP学び調べ)
  • をはてなブックマークに追加
社会福祉士 今から目指せる!講座をチェック
特長
  • 高齢者、障害者、子ども、低所得者まで幅広く対応
  • 社会福祉施設から医療機関まで活躍の場は多数!
  • 精神保健福祉士試験で10科目が免除に!
年収200〜800万 男4:女6 平成24年度合格率 26.3%
精神保健福祉士 今から目指せる!講座をチェック
特長
  • 精神障害者を社会復帰へと導くソーシャルワーカー
  • 精神医療・福祉分野以外でも需要は拡大中!
  • 社会福祉士試験で10科目が免除に!
年収200〜500万 男3:女7 平成24年度合格率 62.6%
社会福祉士と精神保健福祉士の類似点、相違点は?

社会福祉士と精神保健福祉士は、ともにソーシャルワーカーの国家資格。保健や福祉の専門知識と技能で、身体や精神上の問題などで日常生活を送るのに支障がある人たちの相談に乗ったり、助言、支援を行うのが仕事です。

社会福祉士と精神保健福祉士の最大の違いは、社会福祉士が高齢者や障害者、子ども、低所得者など幅広い対象を支援しているのに対し、精神保健福祉士は特に精神障害者を対象に支援を行っていることです。

社会福祉士の活躍の場は、社会福祉施設、社会福祉協議会、児童相談所、保健所など多岐にわたっています。精神保健福祉士は、精神障害者のケアのスペシャリストとして、精神病院や総合病院の精神科などの医療現場が活躍するケースが多いようです。

Menu Index
もっと詳しく調べてみよう!
  • をはてなブックマークに追加


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについて

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.