資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

通信 平成29年8月施行の新基準に対応!主にオンラインの学習で日本語教員の資格条件を満たす!

日本語教員養成課程 [正科生]

大手前大学 通信教育部

ジャンル:日本語教師

  • 費用: 316,000
  • 期間:約24ヶ月
  • 分割支払いOK
  • スクーリング必須
  • web授業
  • 就職支援あり
  • 受講条件あり

※高卒以上の方対象

  • 費用

    入学金30,000円 (税込)

    受講料316,000円(税込)

    支払い制度

    その他: ※受講料は正科生として入学した場合の年額。教材費、単位修得試験受験料、スクーリング受講料を含んだ金額です。
    ※その他、在籍料(年額24,000円)、実習費用(実習地により異なる)が必要。

    送付物
    学生証、テキスト、他
    スクーリング
    日本語教員養成課程の修了には、教育実習1単位、スクーリングまたはライブ授業(メディア利用による同時双方向性授業)5単位の修得が必要。※どちらも平成30年度以降開講予定
  • 対象
    ~入学資格~
    高等学校卒業、もしくは高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる方。学歴に応じて編入学も可能。

    ~こんな方にオススメ~
    ・平成29年8月施行の新基準で日本語教師をめざしたい方
    ・就労ビザを得るため大卒資格を取得したい方
    ・仕事と両立して学びたい方
    目指せる資格
    日本語教員養成課程の修了
    ※本養成課程の修了には、学士の学位を有すること(卒業)が必要です。
    スクール
    大手前大学 通信教育部
  • 講座のポイント
    大手前大学 通信教育部では日本語教員養成課程を開講しています。授業も試験もオンラインで、教育実習以外はスクーリングなしでも修了が可能。仕事と両立しての受講が可能です。
    正科生として学ぶ場合は、日本語教員養成課程のほか、必要な単位を履修することで大学卒業資格をめざすことが可能。特に海外に出て日本語教師の仕事をするには、就労ビザの関係で大卒資格が必要なケースも増えてきており、大卒資格を取得しておけば活躍の幅を広げることができます。他大学や短期大学、専門学校などで既定の単位を取得されている方は、2~4年次からの編入学も可能です。

    ※日本語教員ガイドラインでは下記4つのいずれかを満たしていることが「日本語教員としての能力を有している」として定められており、本学の日本語教員養成課程では[1]の条件を満たすことができます。
    [1]大学・短大にて日本語教育・日本語教員養成課程を修了
    [2]日本語能力検定試験に合格
    [3]日本語教師養成講座(420時間)の修了
    [4]日本語教育における一定以上の指導経験

    ◇学習サポートについて◇
    学習面での疑問点、履修内容の確認、パソコンの使い方など、お困りのことは学習システム「el-Campus」からいつでも簡単に質問が可能です。教員や学習アドバイザーがすばやく丁寧に回答します。

    ◇キャリア・サポートについて◇
    正科生は、オンラインでキャリアカウンセリングを受けることが可能です。また、就職・転職のご相談、履歴書・職務経歴書の書き方など対面でのキャリアカウンセリングも実施。専門のキャリアカウンセラーが、一人ひとりの目標の実現をサポートします。

関連ジャンル

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

ニュートン