資格・講座の情報&無料で資料請求。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(24時間365日)掲載のお問い合わせ

通関士の年収・給与についてご紹介します。

輸出入される品物の通関手続きを代行する通関士。貿易に必要な書類作成や輸出入品が法律的に大丈夫なものかのチェック、時には関税の審査なども行います。

さまざまな品物を輸出入している企業にとってはとても重要な業務で、通関士資格の保有者は重宝されます。

本記事ではそんな通関士の年収・給与についてご紹介いたします。

更新日:2021-05-20(公開日:2020-12-28)

通関士の年収・給与は?

通関士の年収・給与についてご紹介します。のイメージ

平均年収は約540万円程度

通関士の平均年収は540万円程度、月々の給料に換算すると約38万円と言われています。

年代別の年収
20代 300~380万円
30代 420~480万円
40代 530~600万円
50代 600~650万円
60代 450~500万円

各種転職サイトでは30代の平均年収は男性が400万円~450万円、女性が300万円~350万円というデータが出ています。
集計をとった業種や地域によって多少前後はするものの、平均値と比較すると通関士の年収は高いと言えます。

男女によって差がありますが、こちらは性別による差ではなく、女性はフルタイムではなく時短勤務をしている割合が男性よりも高いため、低くなっております。

企業によっても年収・給与が変化
国内の貿易・物流関係など、通関士の資格が活かせる企業では年収400~500万円前後。

一方、外資系企業や海外勤務の通関士は、年収600〜800万円前後で国内の通関士よりも200〜300万円ほど年収が高いです。
理由としては、海外赴任手当、家族手当、危険手当などの支給があるからです。日本が好きな方には海外での生活は難しいかもしれませんが、海外が好きな方には年収も上がっておすすめです。

通関士資格を活かすお仕事としては陸運業、空運業、海運業などがありますが、その中でも海運業は比較的待遇が良く年収1000万円も期待できます。
近年新興国との貿易が盛んになっていることもあり、海運業の需要は増加、業績が上がっていることが要因と言われています。

まとめ

本記事では通関士の年収・給与についてご紹介いたしました。
通関士は平均年収540万円とほかの業種と比べても比較的高いという特徴がありあます。

また、外資系企業や海外勤務であれば年収600万円以上も期待でき、陸運業・空運業・海運業の中でも海運業であれば1000万円を超えるケースもあります。

合格率10%前後の試験を通過しないといけないというデメリットもありますが、貿易業に携わりたい方にとっては魅力的かつ好待遇が期待できるお仕事です。

関連特集

通関士の資料請求

複数の学校や講座の資料請求を行い、比較してからの講座受講をおすすめします。
学校によって受講料や学習サポート、カリキュラム、割引制度などが違いますので、資料を取り寄せてご自身にあった学校を選んでみてはいかがでしょうか。

通信講座から探す

さらに詳しく

通関士の関連資格
司法書士 行政書士 ビジネス実務法務検定 通関士 法科大学院 貿易 弁理士 司法試験

おすすめスクールレポート