資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

韓国語

韓国語

映画やTVドラマの大ヒットにともない、日本人の韓国への感心は近年ますます高まっています。日本語を母国語とする人を対象とした「ハングル」能力検定は、7段階に分けられ、どの級からでも受験できるのが特長です。

韓国語資格ガイド どんな資格

映画やTVドラマの大ヒットにともない、日本人の韓国への感心は近年ますます高まっています。「ハングル」能力検定は、韓国語の能力をはかる検定です。母国語を問わない一般的な検定試験と異なり、日本語を母国語とする人を対象に考えられているのが特長。7段階に分けられた試験は、どの級からでも受験できるので、自分の能力にあった級から気軽にチャレンジできます。

資格の活かし方

韓国語を学ぶ理由として一番多いのは、「旅行に行った時に使えるようになりたい」というものです。旅行する際に韓国語を知っているのと、いないのとでは、現地での楽しさが格段に違ってきます。また、ビジネス分野でもアジアでの活動を考えている方は、英語以外の第2外国語として韓国語を身につけておけば、就・転職時のアピールとしても強い武器になるでしょう。

こんな人が向いています

韓国への留学や旅行をするために習う人はもちろん、人気ドラマや映画を字幕なしで見たい人など、多くの人が韓国語を学んでいます。2002年からは大学のセンター試験にも韓国語が導入されたので、受験対策としても活用できます。言葉の理解はその民族の考え方や文化を理解することに通じます。日韓の関係が密接になっていくことが予想されるこの時期は、韓国語を学ぶのに最も適した時期と言えるでしょう。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 韓国語能力試験
試験区分 民間資格
主催団体 大韓民国教育科学技術部・国立国際教育院(NIIED)
受験資格 特になし
合格率 67.2%
出題内容・形式 問題は、語彙・文法(4択問題)、書き取り(4択問題+筆記(作文))、聞き取り(4択問題)、読解(4択問題)で構成

【初級試験(1級)】
自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できる。800語程度の基礎的な語彙と基本文法を理解でき、簡単な文章を作れる。
【初級試験(2級)】
電話やお願い程度の日常生活に必要な言語や、郵便局、銀行などの公共機関での会話ができる。1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる。
【中級試験(3級)】
日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能。
【中級試験(4級)】
ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語が使用可能。よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解を基に社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用可能。
【高級試験(4級)】
検定料 4,400円(単願)
6,400円(併願)
問い合わせ先 財団法人 韓国教育財団
http://www.kref.or.jp/top.html
〒108-0073 東京都港区三田4-6-18 エムアンドエム6F
03-5419-9171

韓国語の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 甲信越・北陸 東海 関西

おすすめスクールレポート